アメリカ代表 サッカー レジェンド

元々、この規約は、2016年に白人警察官による黒人射殺事件が起こった際、これが人種差別的な事件として抗議活動に発展。NFLのコリン・キャパニックが国歌で起立を拒否したことをきっかけに、アメリカ女子代表MFミーガン・ラピノーも同調し、起立しなかったことで制定されていた。 「スポーツは善のための強力なプラットフォームであり、我々は我々のプラットフォームを、効果的に利用していません。これらの問題について、多くのことがさらにできます」 「ここ最近、アメリカでの自分の将来について多くのことを考えてきたよ。家族はいつも自分が信じることに突き進んでいけばいいと言ってくれている」 しかし、今年5月25日、アメリカのミネアポリスで黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警察官により殺害。これは、フロイドさんの首元を白人警官がヒザでおよそ9分間押さえつけたことによるもので、再び人種差別だとして抗議活動が世界中で起こっていた。 代表チームの10番ともあり、クオリティの高い選手ばかりですが、 やはり中でも 別格の実績 を残している、日本女子サッカー界のレジェンド。 「澤 穂希選手」 は日本女子サッカーの歴史を語る上で外すことが出来ないでしょう! Embed from Getty Images そのため、スポーツ界との対立の溝は深く、過去にはこの件を問題とし、しきたりであったNFL王者のフィラデルフィア・イーグルスやNBA王者ゴールデンステート・ウォリアーズの大統領への表敬訪問が中止されたこともあった。 ラピノーはアメリカ女子代表の中心選手だが、試合時の国歌演奏時には他の選手が胸に手を当てている中、後ろで手を組み歌うことはない姿勢を貫いている。 代表だけではなく、日本サッカーの礎を築いた選手ということは周知の通りだ。 「47歳で現役であり、イタリアのセリエAに初めて移籍した」と紹介されており、日本代表歴代2位の55ゴールを決めていることも評価されている。 「ジョージ・フロイドさんが亡くなった数日後、祖父が僕が今もアメリカに住んでいなくて良かった。なぜなら今アメリカにいれば、若い黒人男性である僕の命を心配しなければならないからだとメールをくれた」 元米代表のレジェンド、3度目の引退撤回。インドアサッカーのプロ選手として現役復帰. With a goal like this, @Dannyfb90 is without a doubt the @Cigna Man of the Match!#CignaMOTM pic.twitter.com/TlnxBx218w

— x-Hartford Athletic (@hfdathletic) October 1, 2020