ツール デ フランドル ツールド フランス 違い

ロードバイク初心者が知っておきたい秋冬ウェアのこと 選び方からオススメ紹介まで, よみもの MTB全日本クロスカントリー 男子は山本幸平が6連覇、女子は今井美穂が3連覇, レース エアロロードの万能化が進展、消えゆくオールラウンドモデルとの境目, 自転車新聞 サイクルコンピューターデビューしよう おすすめの製品を紹介 しまなみ海道の来島海峡大橋を「クラウン・ブリッジ」と命名 サイクルルートの象徴に. 2020/12/07 20:00, イベント ロードレース ロンド・ファン・フラーンデレン(オランダ語: Ronde van Vlaanderen)は、自転車プロロードレースの一つで、ベルギーのフランデレン地域を走るワンデーレースである。1913年から行われており、日本では、フランス語のツール・デ・フランドル(Tour des Flandres)の名前でも知られている。, ロードレース人気の高いベルギーでも特に熱心なファンが多いとされるフランデレン地域における最も格式の高いレースであり、沿道はびっしりと観客によって埋め尽くされ、熱狂的な声援が送られる。, 「モニュメント」の一つに数えられるだけでなく、パリ~ルーベと並んでクラシックレースの頂点として存在しており、「北のクラシック」として3月の下旬か4月の上旬の日曜日に開催される。優勝者には最大級の賛辞が与えられるため、地元ベルギー出身の選手やワンデーレースを得意とする選手からは、もっとも勝ちたいレースの一つに挙げられることが多い。, しかしレース内容は、勝利の栄誉に比例するようにきわめて過酷である。250kmを超える長距離[1]に加え、後半からは石畳の急坂が連続して登場し、厳しい勾配や段差による振動で選手たちを苦しめる。さらにこの季節のフランデレン地域に特有な、めまぐるしく変わる天気によって、しばしば氷雨や強風が選手たちに襲い掛かり、レース展開を予想もつかない方向に狂わせる。, 幼い頃から石畳の上を走る体験をしているベルギー人に有利なレースとされており、事実2011年までの95回大会のうちベルギー人の優勝は67回を数えている。, 本レース最大の特徴は「ミュール(Muur:壁の意)」と呼ばれる、距離にして500m~2km、最大斜度10%以上、時には20%を超える急坂である。, 毎年20前後がコースに組み込まれており、その半数は石畳であるため、ロードバイクで走行するのは大変過酷である。アスファルトやコンクリートの舗装に較べると滑りやすいうえ、20%超の勾配ともなると、レース用の細いタイヤでは空転してしまうこともあり、選手は常に転倒の危険にさらされる。加えてこれらの「ミュール」の幅は自動車ではすれ違えないほど狭く、集団後方からの追い抜きは困難を極める。, そのためミュールを集団で通過している際に転倒やメカトラブルなどのアクシデントが起きたことが原因で、そこを先頭とした渋滞が発生してしまい、選手が自転車から降りて坂を登る羽目に陥っている光景が毎年のように見られる[2]。, 標高差64メートル、長さ600m、平均勾配11.6%、最大勾配22%という石畳の激坂「コッペンベルフ(英語版、オランダ語版)」は特に有名である。 1987年に先頭で逃げていたスプリンターのイェスパー・スキビーが転倒、後続のコミッセールカーに轢かれるという事件[3]が発生してからしばらくコースから除外される事となった。, 前述のようにミュールではアクシデントによる渋滞がしばしば発生する。これに巻き込まれてしまえば、どれほど有力な選手でも渋滞が解消するまでに先頭を走る選手に大きくタイム差をつけられてしまう。そうなれば追撃に余計な体力を使わなくてはならず不利になるうえ、最悪の場合、余力があっても勝機を逃してしまう可能性もあり、ミュールにはなるべく集団の前方で進入していくことが求められる。, そのためミュールの手前では、なるべく前方の有利な位置を確保しようとペースアップやアタックがしばしば発生し、集団が分裂することが繰り返されて人数が絞り込まれていく。, またミュールでのトラブルのほかにも強風や雨などの不確定要素が非常に多いこのレースでは、空気抵抗によって体力を消耗するリスクを冒しても先頭で走るほうが有利と判断した独走力のある選手が、中盤~後半に一人ないし少人数でアタックを仕掛けて逃げ切り勝利を狙うことも多い。, 近年、ステージレースでは1日の走行距離は概ね200km未満であり、200kmを超えるようなステージは上りらしい上りのない平坦ステージとなることが多い, これだけの勾配となると、勢いがある状態なら駆け上がることもできるが、いったん自転車から降りてしまうと、再発進しようとペダルを踏んでも前輪が浮き上がってしまう。, Jesper Skibby falls on the Koppenberg in the 1988 Tour of Flanders, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ロンド・ファン・フラーンデレン&oldid=80045022. 5月2日から5日までの4日間かけて広大な自然の中をを駆け巡る同大会は、ツール・ド・フランス2014年開幕のいわゆる「レガシー」として、2015年に創設された。さらに第5回目を迎えた今年は、来る秋の重要な大会へ向けた、「トライアル」も兼ねる。 「自転車まちづくり全国市区町村の会」が赤羽国交大臣に要望書 ナショナルサイクルルートの指定拡充など, レース 掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。© 2020 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved. 週刊サイクルワールド, 自転車新聞 ... ツール・ド・フランス 2020 第12ステージの感想と第13ステージの展望 ... ジロ・デ・イタリア (2) ツール・ド・フランス (14) ブエルタ・ア・エスパーニャ (1) uci 世界選手権 (2) 2020年のレース (14) 2018年のレース (7) ツール・ド・フランスは、イギリスのゲライント・トーマス(チーム スカイ)の初優勝で幕を閉じた。世界最高の自転車レースと言われるツール・ド・フランスには、世界最軽量の自転車や世界最速の自転車が登場する。そして最高に美しい自転車も。 ラファが恒例の年末チャレンジ「Festive500」を今年も開催 ズイフトでの参加も可能に 例年より20km短縮され、さらに象徴的な石畳登坂ミュール・カペルミュールが消えてもなおロンド・ファン・フラーンデレン(ツール・デ・フランドル)のステータスは変わらない。 ツーリングイベント「BIKE & CAMP」に3500人超のサイクリストが集結 マストアイテムは自転車と焚火台, プロダクト 新城幸也がバーレーン・マクラーレンと契約延長 「期待以上の結果を求めて頑張る」, レース ツール・ド・フランス2020公式プログラム. le coq sportif ツール・ド・フランス2020 サイクルジャージ マイヨ・ジョーヌ グランデパール. ランス・アームストロングのポッドキャスト番組『stages』が「ロンド・ファン・フラーンデレン(ツール・デ・フランドル)」を評していたので、一部抜粋して翻訳しました。 ーーーーー ーーーーー 個人ではなく、チームの勝利 ランス・アームストロ… 2020/12/06 18:00, 自転車新聞 TISSOT T-RACE CYCLING TOUR DE FRANCE 2020 SPECIAL EDITION. ワンランク上のエントリー向けシューズ シマノ「RC3」をインプレッション, レース ロード東京五輪代表候補が発表 新城幸也、増田成幸、與那嶺恵理、金子広美が選出, 自転車新聞 3周年を迎えるB.B.BASE、内房コースで岩井駅停車が開始 12月以降のスケジュールが決定, プロダクト 2020/12/07 18:00, プロダクト 第107回ツール・ド・フランス観戦の必携本!仏版の記事をベースに編集し、出場チームや全21ステージのコースを掲載。 クラシックレースはいよいよクライマックスへ。1月18日のツール・デ・フランドルで盛り上がりは最高潮に達する(写真は2019年大会から) Photo: Yuzuru SUNADA, ツール・デ・フランドル2020年大会は無観客での開催となる。毎年大観衆で埋め尽くされるミュール・カペルミュールもファンの立ち入りが禁止される(写真は2019年大会) Photo: Yuzuru SUNADA, 10月11日に行われたヘント〜ウェヴェルヘムで上位に入った選手たちはツール・デ・フランドルにも参戦を予定している Photo: STIEHL / SUNADA, ジュリアン・アラフィリップがツール・デ・フランドルに初出場を果たす Photo: STIEHL / SUNADA, 10月7日に行われたブラバンツ・ペイルはジュリアン・アラフィリップが優勝。マイヨアルカンシエルで初勝利を挙げた Photo: STIEHL / SUNADA, パリ〜トゥールは2人の優勝争いになり、カスパー・ピーダスン(左)が優勝 ©︎ ASO/G.Demouveaux, パリ〜ルーベ2020年大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決定。次回大会は2021年4月11日を予定している(写真は2019年大会から) Photo: Yuzuru SUNADA, パリ〜トゥールを制したカスパー・ピーダスン。エースのクラッシュでめぐってきた代役の仕事を見事に果たした ©︎ ASO/G.Demouveaux, 若い選手が次々と台頭するチーム サンウェブでまた1人新鋭が現れた。カスパー・ピーダスンはトラック仕込みのスピードでスプリントや北クラシックでの活躍を目指している ©︎ A.S.O / Jonathan Biche, かすみがうら市をスポーツで“いつでも遊べる場所”に アクティビティコミッションが設立, 全日本MTB選手権クロスカントリーショートトラック初開催 山本幸平、小林あか里が初代王者, ラファが恒例の年末チャレンジ「Festive500」を今年も開催 ズイフトでの参加も可能に, 3周年を迎えるB.B.BASE、内房コースで岩井駅停車が開始 12月以降のスケジュールが決定, 「自転車まちづくり全国市区町村の会」が赤羽国交大臣に要望書 ナショナルサイクルルートの指定拡充など, 新サイクルロードレースリーグ「ジャパンサイクルリーグ」が誕生 地域創生を目指した運営を目指す, ツーリングイベント「BIKE & CAMP」に3500人超のサイクリストが集結 マストアイテムは自転車と焚火台. ツール・ド・フランスの歴代上最も距離の短いコースで行われた第17ステージ。 MotoGPにならったグリッドスタートこそスベってしまったが、勝利したキンタナやダン・マーティンによるアタック、AG2Rによる積極的な動きなど、見所の多いレースとなっ… 自転車ロードバイクチーム「エキップアサダ」の代表兼監督である浅田顕さんは、2006年に「日本人チームでツール・ド・フランス出場を目指す」とセンセーショナルな発表をし、いまもその目標に向かってまい進する「熱き心」の持ち主。今回はそんな浅田さんにお話をうかがいました。 ロンド・ファン・フラーンデレン(オランダ語: Ronde van Vlaanderen)は、自転車プロロードレースの一つで、ベルギーのフランデレン地域を走るワンデーレースである。 1913年から行われており、日本では、フランス語のツール・デ・フランドル(Tour des Flandres)の名前でも知られている。 第107回ツール・ド・フランス観戦の必携本!仏版の記事をベースに編集し、出場チームや全21ステージのコースを掲載。 ツール・デ・フランドル 2017. かすみがうら市をスポーツで“いつでも遊べる場所”に アクティビティコミッションが設立 2020/12/06 20:00, プロダクト カペルミュール直営店が主催する「ココチライド」 焼きものの町・益子を巡る小さな旅 ツール・デ・フランドルに世界王者アラフィリップ参戦 ツール・デ・フランドルは1913年に初開催され、今年で104回目を迎える。開催地ベルギー・フランドル地域では最も格式の高いレースとされ、そのステータスはツール・ド・フランスをも上回る。 ロマン・バルデ (AG2R La Mondiale) 概要:2016年と2017のツール・ド・フランスで表彰台に上り、バルデはフランス人にとって大きな希望でした。しかし、彼は去年のツールで惨敗し、今年も調子は上向きではありません。彼の評価はこのように落ち着きました。 ツール・ド・フランス 2020オフィシャル キャップ ニース 2020/12/07 06:00, レース ツール・ド・フランス2020公式プログラム. ツール・ド・フランス 2020オフィシャル フェイスタオル. 熱戦が進むジロ・デ・イタリアと並行して、ワンデーレースも次々と開催されているロードレースシーン。特に今年は変則日程となったこともあって、ジロとワンデー、それぞれにフォーカスする選手がくっきりと二分された印象だ。そうした中で、ワンデーレースはいよいよクライマックスを迎えようとしている。“クラシックの王様”ツール・デ・フランドルが10月18日に開催される。このレースに向け、猛者たちが前哨戦で脚試しを行うなど、その盛り上がりはジロに負けていない。そこで、本コーナーでは前回に続いてワンデーレースにフォーカス。フランドルの展望や前哨戦の結果をまとめていこうと思う。, ツール・デ・フランドルは1913年に初開催され、今年で104回目を迎える。開催地ベルギー・フランドル地域では最も格式の高いレースとされ、そのステータスはツール・ド・フランスをも上回る。同地では「クラシックの王様」との愛称がつけられている。, もちろんロードレース界全体でもこのレースへの位置づけは高く、10月4日に開催されたリエージュ~バストーニュ~リエージュなどとならんで「モニュメント」の1つに数えられる。そして何より、石畳系レースの最高峰「北のクラシック」の1つであり、路面の変化やめまぐるしく変わる天候も作用してレースは過酷を極める。, 18日に行われる2020年大会は、アントウェルペンからアウデナールデまでの243.3kmで争われる。主催者が実質の無観客開催を打ち出し、コース全容の公表は控えられているが、レース展開を左右する重要区間はしっかりとルートに組み込まれているようだ。, ポイントとなるのは、全14セクションに上る「ミュール」と呼ばれる石畳の急坂区間。距離にすると数百メートルから2kmほどだが、なかには10%を超える急勾配も。特に注目したいのは、3回通過するオウデ・クワレモント(登坂距離2.2km、平均勾配4%)と2回通過するパテルベルグ(400m、12.5%)。それぞれ通過3回目と2回目はレース終盤のヤマ場となり、この局面を前方でクリアできるかどうかで勝負に絡んでいけるかが決まってくる。ちなみに、レース全体を通して最後の石畳区間となる2回目のパテルベルグを通過すると、フィニッシュまでは14.5km。トップが独走なのか、小集団なのか、それとも比較的大人数の集団なのかでも最終局面の流れは変わってくる。ちなみに、昨年優勝のアルベルト・ベッティオル(イタリア、EFプロサイクリング)は、3回目のオウデ・クワレモントでアタックに成功。続くパテルベルグもうまくクリアし、そのままフィニッシュへと独走している。, このレースが「北のクラシック」であることは前述したが、純粋な石畳巧者にとどまらず、パンチャーやときには総合系ライダーまでもが参戦するのもフランドルの特徴の1つ。ミュールに限らず急坂区間が多く詰まっていることや、レース距離の長さ、コンディションも含めたタフさもあらゆる脚質の選手が集まる要因だ。, そんな今年の顔ぶれはというと、11日に行われたヘント~ウェヴェルヘムで主役を争った選手たちはこぞって参戦する。このレースを制したマッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード)は2年前に2位となり、飛躍のきっかけをつかんだ。昨年のフランドルを制したベッティオルも優勝争いに加わって最終的に4位。2連覇に向けて視界が良好であることを公言する。, 激しいマークの末に共倒れになってしまったワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ヴィスマ)とマチュー・ファンデルプール(オランダ、アルペシン・フェニックス)は、同じ失敗は繰り返したくない。両者ともに独走、スプリントどちらも対応できるが、タイトルを懸けてどんな展開を好むだろうか。, レース中盤から前線を押さえて最後も3位にまとめたマッテオ・トレンティン(イタリア、CCCチーム)や一時は独走したシュテファン・キュング(スイス、グルパマ・エフデジ)、落車の影響でこのレースでは上位はならなかったオリバー・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼール ラモンディアール)といった選手たちも優勝候補に挙がる。, そして新たな目玉となるのが、世界王者ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)の参戦だ。かねてから「ツール・デ・フランドルの優勝は目標になっている」と公言していたが、満を持してスタートラインにつく。今大会に向けては「さすがに自分が優勝候補だとは思わない」とコメントしているが、すでにコース試走を行うなど準備を着々と進める。7日に行われたブラバンツ・ペイルで優勝(後述)し、その後はフランス北部に拠点を置いて調整中。チームはヘント~ウェヴェルヘム2位のフロリアン・セネシャル(フランス)や同7位のイヴ・ランパールト(ベルギー)、経験豊富なゼネク・スティバル(チェコ)といった面々がメンバー入り予定で、出場チーム随一といえるベストメンバーで臨む公算だ。, なお、前述の通り限りなく無観客に近い形での開催とあって、スタート・フィニッシュ付近やオウデ・クワレモント、コッペンベルグ、ミュール・ファン・ヘーラルツベルゲン(ミュール・カペルミュール)といった箇所への観客の立ち入りを禁じる見込みとなっている。, ここからは、前回紹介したレースの結果をお伝えしていきたい。ツール・デ・フランドル前哨戦の意味合いも強まり、例年以上にハイレベルなレースが展開された。, 10月7日に行われたベルギーの丘陵地帯で行われたブラバンツ・ペイル(UCI 1.Pro)は、3人による優勝争いをアラフィリップが制した。レース終盤、逃げが吸収された直後に石畳の登坂区間でアラフィリップがアタック。これにファンデルプールやブノワ・コヌフロワ(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール)ら6人が合流。さらに周回コースの同じ箇所で再びアラフィリップが仕掛けると、ファンデルプールとコヌフロワとの3人に絞られる。, 最終盤は後続が懸命の追い込みもあったが、脚のそろった3選手には届かない。アラフィリップ、ファンデルプール、コヌフロワによる優勝争いは、スプリントで伸びを見せたアラフィリップに軍配。ファンデルプールがフィニッシュライン手前で追い込んだものの、わずかに届かなかった。例年は4月半ばに開催され、アルデンヌクラシック前哨戦の趣きを持つレースは、今年に限っては北のクラシック前の準備レースに。その主役候補たちが、さっそく輝きを見せた。, また、11日に行われたパリ~トゥール(フランス、UCI 1.Pro)は、カスパー・ピーダスン(デンマーク、チーム サンウェブ)が優勝。フィニッシュ前50kmから本格化する未舗装区間が大きな見どころとなるレースだが、今年もそのポイントが流れを大きく動かした。人数が絞られていく中から、残り30kmでピーダスンとコヌフロワが抜け出すことに成功。この2人が最後まで逃げ続け、マッチスプリントでピーダスンが勝利。優勝候補筆頭に挙げられていたチームメートのセーアン・クラーウアナスン(デンマーク)が未舗装区間でのクラッシュで上位戦線から脱落した中、同国の成長株が大仕事を果たした。, なお、このレースにはロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール)がブラバンツ・ペイルに続いて出場。逃げるコヌフロワのために追走グループの抑え役を務め、自身も7位フィニッシュ。落車による脳震盪でツールを離脱し心配されたが、復調していることをアピールしている。, 北のクラシック関連では、25日に開催予定だったパリ~ルーベの中止が決まっている。主催者A.S.O.(アモリ・スポル・オルガニザシオン)が9日に発表したもので、レース開催地域の新型コロナウイルス感染者増大を受けての措置であるとしている。, フランス北東部の感染増大が危機的な状況にあるとされ、フィニッシュ地ルーベが属するリール大都市圏は同国政府によって最大の警戒態勢に置かれることに。同地自治体の要請もありレースの中止が決定した。また、スタート地点のコンピエーニュ大学では、学生の3分の1ほどが陽性反応を示しているとの情報もある。, 今年は女子レースの初開催など、これまで以上に注目度が増していた大会だったが、来年までのお預けに。なお2021年大会は4月11日に開催予定であることも明らかになっている。, パリ~ルーベの中止も影響して、多くの選手がツール・デ・フランドルへとフォーカスしている状況だ。, 1週間のレースの中から、印象的な走りを見せた選手を「爆走ライダー」として大々的に紹介! 優勝した選手以外にも、アシストや逃げなどでインパクトを残した選手を積極的に選んでいきたい。, 10月11日、ジロ・デ・イタリアではルーベン・ゲレイロ(EFプロサイクリング)がステージ優勝し、マリアローザをジョアン・アルメイダ(ドゥクーニンク・クイックステップ)が守った。2人のポルトガル人が主役となった1日を「ポルトガルデー」と報じた欧米のメディアも多かったよう。, 実は同日、もう1つの“記念日”も生まれていた。ベルギーで開催のヘント~ウェヴェルヘムではマッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード)が制すると、お隣フランスで行われたパリ~トゥールではカスパー・ピーダスンが優勝。そう、「ピーダスンデー」でもあったのだ。, そんな記念日を呼び込んだカスパー・ピーダスン。現チーム入り後初勝利に「プロで結果を残すという夢が1つかなった」と感激の様子。この日は、自国の先輩でもあるクラーウアナスンのアシストを予定していたが、状況は一変。それでも、思いがけずやってきた優勝のチャンスにも動じず、とにかくスプリントに持ち込むことに集中したという。もっとも、この日マッチアップしたコヌフロワは、アンダー23カテゴリー時代はまったく歯が立たなかったのだという。そんな相手にどうやって勝つかを考えたときに、選択肢は1つしかなかった。, 持ち味のスピードは、トラック競技で培った。ジュニア時代にはトラック世界選手権のオムニアムで優勝。その後も代表の常連としてバンクで走りを磨いてきた。徐々にロードに比重を置くようになると、2017年にはアンダー23カテゴリーでヨーロッパ王者にもついた。, プロ入り後はアシストを務めることが多いが、転機となったのが今年のツール・ド・フランス。メンバー入りは大きな自信になったといい、きっと近いうちに自分にも勝利を狙うチャンスがめぐってくると思えるきっかけにもなったという。, トラックがメインだった頃はロードでのプロ入りはあまり考えていなかったというが、レースを重ねてトップライダーを間近に見るにつれワクワク感とともに、高いレベルで走る本気度が増していったという。, いまでは若いチームを率いる1人に成長。とはいえ、チームメートも次々と台頭しているとあって、来るツール・ド・フランドルのメンバー入りは実のところ当落線上だとか。パリ~トゥールの勝利は状況を変える要素となるのか。本人はいたってやる気満々だ。, サイクルジャーナリスト。自転車ロードレース界の“トップスター”を追い続けて十数年、今ではロード、トラック、シクロクロス、MTBをすべてチェックするレースマニアに。現在は国内外のレース取材、データ分析を行う。UCIコンチネンタルチーム「キナンサイクリングチーム」ではメディアオフィサーとして、チーム広報やメディア対応のコントロールなどを担当する。ウェブサイト「The Syunsuke FUKUMITSU」, UCIワールドツアー 2020/08/18 発売. 自転車のロードレースが大好きなのですが,自転車のロードレースにはグランツールと呼ばれる,ジロ・デ・イタリア(6月),ツール・ド・フランス(7月),ヴェルタ・エスパーニャ(9月)があります。(1)ここのジローのイタリア語での「デ de」 新サイクルロードレースリーグ「ジャパンサイクルリーグ」が誕生 地域創生を目指した運営を目指す, イベント 2020/12/07 11:30, イベント こちらの記事では、2019年ツール・ド・フランスのテレビ放送日程や、生中継をお得に、できれば無料で観る方法についてご紹介します。また、リアルタイムで観戦できないという方のために見逃し配信やダイジェスト動画配信についてもまとめているので、参考になれば幸いです 2020/08/18 発売. MTB全日本選手権ダウンヒルは男子が清水一輝、女子は岩崎美智恵がともに2連覇, レース ツール・ド・フランス2020を制したタデイ・ポガチャル。戦後最年少優勝者の誕生など、数多くの歴史が刻まれる大会になった Photo: Yuzuru SUNADA 全日本MTB選手権クロスカントリーショートトラック初開催 山本幸平、小林あか里が初代王者 メリダジャパン主催、新城幸也&増田成幸のオンライントークショーが12月13日開催

アメリカ大陸 地図 首都, ラーメン スープ レシピ 鶏ガラ, ソト テスト なんj, 松本 ホテル 公式, グロスター 大聖堂 入場 料, カイルアコナ 駐 車場,

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

シンプルでカスタマイズしやすいテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。