仮面ライダーマッハ 死亡 回数

初登場時はアメリカ帰りという事もあり、英語混じりの口調だったが、物語が進んで行く事にその要素は薄れ、内に秘めた熱い面がクローズアップされるようになった。, 前述の様にチャラい印象が強いが、不意に真剣な表情を見せることもあり、進ノ介には「何か深いものを抱えている」と推測されていた。親友を殺害された影響でロイミュード達を一切信用しておらず(チェイスも例外ではない)、一刻も早く全滅させるべきというある意味過激な思想を持っている。この為、劇中でも「ドライブは人を守るライダー、マッハは敵をぶっ潰すライダー」と発言した(それでも第22話でチェイスの処遇を進ノ介に任せる等、状況に合わせた柔軟な行動を取る事もあり進ノ介と決定的に対立した事は無い)。 バンダイ|s.h.figuarts 仮面ライダーマッハチェイサーの商品詳細ページ。ネットモールは、全国で中古品を扱うハードオフコーポレーションの公式総合中古通販サイトです。 Hulu(フールー)では仮面ライダードライブの動画が見放題!第21話,不揃いの死者たちはなにを語るのか 都内の別々の場所で5件の殺人事件が発生した。被害者は、それぞれ死因がバラバラなのに死亡推定時刻が同じという不可解な事件。 後者に関しては内輪揉めを煽った人物、やたらと敵に騙され続けた挙句、主人公を裏切った事もある人、ライダーのみならずスーパー戦隊を引っ掻き回した面倒くさい性格のコソ泥、風都史上最悪の犯罪者、ショッカーライダーとして蘇らせられたライダー、変身者がすり替わっていたライダーなど曰く付きの面子が揃っており、剛の対応が辛辣なのも仕方がないと言える。 薄れゆく意識の中で、剛はチェイスとのこれまでの出来事を思い出し、意地を張り続けて今まで気づかなかった自分の本当の思いを自覚する。 また、もう1人の仮面ライダーである進ノ介の事は、前述の様にやや見下していたり姉との事でからかったりしていたが、彼が「自分のブレーキになる」と決意を自身に伝えてからは、事件の情報を提供する形で事件解決に貢献したり戦闘で共闘し見事なコンビネーションを見せる様子も増えてきている。その他にも、第27話終盤にて自分がずっと1人で心に抱えてきた事を彼にのみ伝える等なんだかんだで信頼関係は強い。 続く第30話において彼もまた、001によってロイミュードへの憎しみをライダーに向けるよう記憶を改ざんされていた事が発覚したが、その事実は進ノ介から「家族というものが人間にとっていかに大切なものであるか」を聴いていたチェイスの意向により、姉の霧子はその事実を知らされていなかった。, ところが第33話で剛を救出に来たチェイスが001に追い込まれた瞬間に、何とブレンを人質にとってロイミュード側から離反し、ブレンのタブレットPCを強奪してみせた。 第14話の前半では進ノ介のフォローに入ってロイミュードを追ったが、仕切り直したせいでポーズを決めたときには逃げられていた(後半ではさすがに反省したのか、冒頭を言い終えると「以下省略!」と縮めている)。この件については関連イラストも参照されたし。 ドライブサーガ 小説仮面ライダードライブマッハサーガ マッハ夢想伝 また、チェイスとの関係も前述の仁良との決戦や第37・39話でのロイミュード006の襲撃等で共闘を重ねるにつれて徐々に良好な方向に向かって行っている様で、なんやかんやで彼の相談に乗ったり彼に笑顔を向けたりと、これまでの彼なら考えられない行動も増えてきている。 逆に言えば剛の死亡や映画のラストシーンは『仮面ライダー4号』ありきのもので、『4号』を見ない人間へのフォローはありません。 『 仮面ライダー 4号』は、dビデオに加入するしか視聴手段がない(後々ソフト化する可能性はありますが)ですし、「えっ? 実姉の霧子の事は「たった一人の家族」として非常に大切に思っており、前述の件の様に姉の事を思いやる描写も多い。 当初はアメリカに住んでおり、そこでハーレー・ヘンドリクソン博士の指導の下、仮面ライダーの訓練を受けていたらしいのだが、017と018が渡日したことと蛮野が父親であることを知ったことで突然帰国した(MOVIE大戦の時系列を考慮すると、本編第9話と第10話の間に帰国した事になる)。 特状課も活動休止し、それぞれが自分の未来へと進んでいく中で、剛はシグナルチェイサーを手に旅に出る。いつか、ダチの魂を取り戻せる時が来るように。 タイプ! スピード! ワイルド! テクニック!」。, 頭部がタイプテクニック、胸部と腕がタイプスピード、脚部がタイプワイルドと、かつて現八郎が目撃したドライブの一部を合わせたイラストと同じ姿になっている[23]。しかし無理にブレンの戦闘データを基に繋ぎ合わせた結果、元のドライブよりも素体が脆弱となっており、両肩の装甲とタイヤを剥ぎ取られてしまった。, なお、タイプフォーミュラの姿も思いついたが、ブレンが以前にこの姿のドライブに敗北したことがあったため、没となっている。, 詩島剛がマッハドライバー炎にシフトライドクロッサーを装填して変身する仮面ライダー[24]。, その姿はかつて剛がシグナルチェイサーを装填して変身した仮面ライダーチェイサーマッハに酷似しているが、基本的なカラーリングがホワイトからブルーに変化している[24]。さらに、複眼はチェイサーと同じくオレンジ色に変化したり、胴体にある2本のラインは紫と赤になっている[24]。, マッハのスピードとチェイサーのパワーを、高いレベルで併せ持っており、強大な戦闘能力を備えている[30]。通常時のマッハ同様、ゼンリンシューターを主な武器として戦う[30]。, マッハ役の渡辺は同時期に『仮面ライダーゴースト』で仮面ライダースペクター役として出演していたが、マッハの主演作品であるためスケジュールを調整して本作品へも出演した[32]。, 著:大森敬仁、監修:長谷川圭一。講談社キャラクター文庫(講談社)より2016年4月20日発売[33]。, テレビシリーズから2年後を舞台に詩島剛のその後と、仮面ライダーマッハへの初変身のエピソードが描かれている。, 『仮面ライダーチェイサー』の後日談であり、『仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート』の前日譚に当たる。, 詩島剛がプロトタイプのマッハドライバーにシフトバイラルコアを装填したマッハの特殊形態。変身音声は「超デッドヒーート! その後はチェイスの魂を探して世界を放浪。行く先々で発表した自然や動物の写真が話題となり、幻のカメラマンとして世界的に有名になっている。, 2016年4月20日にチェイスを主役にしたVシネマ作品『ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー』と共に、講談社キャラクター文庫より剛を主役にした公式小説作品『小説仮面ライダードライブ マッハサーガ』が発売された。 テレビ朝日「仮面ライダーセイバー」番組公式サイト。《聖なる刃》で世界を救うその名も…『セイバー』!!閉塞感をぶち破り、失われた世界を取り戻せ!時代が求める新ヒーロー誕生! ハーレー・ヘンドリクソン 詩島霧子 泊進ノ介 チェイス 蛮野天十郎 ヒュプノス もうちょいチェイサーやマッハや仲間のみんなで1話分がんばってる姿見せて また、姉の霧子がチェイスのことを気にかけていた時には、彼との関係を「機械人形とのラブロマンス」と呼び皮肉ったりもした。 お調子者のように振舞っている理由も、過去にロイミュードに襲われた姉に自身のロイミュードへの復讐心、そして父である蛮野が元凶であることを悟られない為に無理矢理に笑顔を作り道化を演じているため。 第35話ではシーフ・ロイミュードとの戦闘に加勢する形で進ノ介やチェイスと再会したものの合流はしなかった。ちなみに第33話の事があった後もチェイスに対してはどこか突き放した態度を取っており、「俺はお前のダチじゃない」と告げている。また、同話終盤ではタブレットを取り戻しに来たハートと対峙した。 そして、仮面ライダーチェイサーの幻影と共に放ったライダーキックで、遂にゴルドドライブを撃破した。 5月31日の放送の『仮面ライダードライブ』で、主人公のドライブ役の泊進之介が、殉職するという特撮ヒーローシリーズにとっては予想外の展開に驚きの声が上がっているが、意外に『仮面ライダー』シリーズではライダーの死亡は日常茶飯事なのである。 あなたが心身共に疲れはてた時、それを優しく癒してくれる東方キャラは誰でしょう? 〜石野卓球とピエール瀧〜(初回生産限定盤), WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT(初回限定盤), 尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48 スペシャル・エディション, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ドライブサーガ&oldid=80611403, チェイス / 仮面ライダーチェイサー(声) / 魔進チェイサー(声) / 超魔進チェイサー(声)、狩野洸一 -, 三輪利雄、ロイミュード051(人間態 / 声)、ロイミュード077(人間態 / 声) / ビースト・ドーパント(声) -, VFXアーティスト - 越智裕司、武隈樹成、小松祐規、磯田功介、徳永拓馬、勝又拓海、武隈善子、高橋泰孝、南剛, 造型 - 浅野桂、大脇涼、川手直美、小林広一、坂本孝一郎、佐藤敏夫、鈴木信一、高木浩治、辰巳茉莉子、田中孝弘、貫井響、畑部績宇、原田堅司、平山節、福岡寛、藤渡和代、松川翼、三上喜康、山口純一, ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー ブレイクガンナースペシャル版(1枚組 / 初回限定生産), デザインは、三条がタイプトライドロンにハートの腰の鎧を合成したコラージュ画像を基に、テレビシリーズでロイミュードのデザインを担当した, ハート / ハートロイミュード(声) / 仮面ライダーハート(声) / 仮面ライダードライブ タイプスピードワイルドテクニック(声) -, 羽鳥美鈴、メディック(声) / 仮面ライダーハート(声) / 仮面ライダードライブ タイプスピードワイルドテクニック(声) -, ブレン / 仮面ライダーハート / 仮面ライダードライブ タイプスピードワイルドテクニック -, VFXアーティスト - 越智裕司、武隈樹成、小松祐規、磯田功介、徳永拓馬、勝又拓海、大谷喜朋、, 造型 - 浅野桂、飯塚陽子、伊藤成昭、井上文人、大畠麻衣、大脇涼、沖雄貴、川手直美、小林広一、齋藤孝造、坂本孝一郎、佐藤敏夫、島貫翔、鈴木信一、鈴木淳一、高木浩治、辰巳茉莉子、田中孝弘、寺門剛、貫井響、畑部績宇、原田堅司、平山節、福岡寛、藤渡和代、前田澄江、松川翼、三上喜康、山口純一、山口遥、山本誠一、吉田哲弥, ドライブサーガ 仮面シフトライドクロッサー/シフトハートロン版(1枚組 / 初回限定生産), 『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer / 騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ! そして同話終盤にて追い詰められた仁良とブレンが正体を表した際に、遂に進ノ介・チェイスと同時に変身。  この私の偉大な頭脳を、この世から消してはならない!」 平成仮面ライダー第16作「仮面ライダードライブ」の単独劇場版。機械生命体ロイミュードが人類を支配する衝撃の未来を知らされた仮面ライダードライブの戦いを描く。 ネクストシステム シグナルバイク マッハドライバー炎  先輩ライダーにして、ある事件において共闘した同志。 「……ま、待て! 待つのだ剛! 仮面ライダーマッハチェイサー 剛がシフトライドクロッサーをマッハドライバー炎に挿入して変身したマッハの新形態。 外見はチェイサーマッハのマッハ側の色を青色にして、チェイサー側のボディにチェイサーの紫のラインとマッハの赤のラインが追加されたような外見になっている。 このタブレットには「ロイミュードのすべて」を記録したデータベース(=蛮野博士を模した人工知能)が存在し、それをネタにブレンが裏切りの交渉を持ちかけてきたという。剛はこれを狙って裏切ったふりをし、ブレンが隙をさらしてタブレットを奪えるチャンスを虎視眈々と狙っていた。それさえあれば、ロイミュードを一網打尽に出来ると確信して。 第12話より登場する、仮面ライダーマッハに変身する青年。職業はフリーカメラマン。年齢19歳。 詩島霧子の実弟である。MOVIE大戦フルスロットルにて先行登場した。 ※劇中では変身後の姿だけだったが、パンフレットには変身前の姿と霧子の弟である事が記されている。 当初はアメリカに住んでおり、そこでハーレー・ヘンドリクソン博士の指導の下、仮面ライダーの訓練を受けていたらしいのだが、017と018が渡日したことと蛮野が父親であることを知ったことで突然帰国した(MOVIE大戦の時系列を考慮 … ?「コピックアワード2020」受賞者ymにコツを聞いた. 操るボディを失い己の本体であるバンノドライバーは損傷し、もはや先刻までの剛やチェイスを蹂躙していた力など残されていなかった蛮野は、剛に情けなく命乞いをするも、彼にはそれを聞く気など少しも無かった。 ボロボロの身体でありながら、自分や霧子、クリムを利用し、「ダチ」であるチェイスの命を奪った蛮野への更なる怒りの炎を燃え上がらせ、剛は再び立ち上がる。 仮面ライダーマッハチェイサー 剛がシフトライドクロッサーをマッハドライバー炎に挿入して変身したマッハの新形態。 外見はチェイサーマッハのマッハ側の色を青色にして、チェイサー側のボディにチェイサーの紫のラインとマッハの赤のラインが追加されたような外見になっている。 続く第24話では、りんなにマッハドライバーを無事修理してもらうも自身の実力不足を憂い、マッハのパワーアップを嘆願する。しかしベルトさんには「焦りすぎている」ことを指摘され、自分をもっと信じるよう助言を受ける。 しかし、案の定ダメージのせいで実力を発揮出来ずに変身解除にまで追い詰められ、危うく蛮野の手によって始末されかける。しかし、身代わりとなって彼を救ったのはチェイスであった。 仮面ライダー 主人公が死んだパターン【7選】 引用元: Twitter 仮面ライダー主人公の死亡例の中には、絶望的な死シーンから割と軽い死亡シーンまで様々ありました。個人的に一番絶望を感じたのは、 6つ目に紹介する「前作の主人公と父親に殺される」 という例。 また敵の前で口上を決めたがり、横槍を入れられるとわざわざ仕切り直す。 彼は自分もまた「剛の家族」と言い、剛も「本当に自分のことを思ってくれる奴が家族」と、戦いを経て父の呪縛を振り切った。 進ノ介(ロイミュードより手強いぞコイツ…) ■チェイスを主役としたエピソード『仮面ライダーチェイサー』の事件捜査において捜査権の縄張り争いとなり、進ノ介と一緒に出会うことになった風都警察署の照井竜については、当初、照井の鉄面皮や「俺に質問をするな」などの取り付く島もない照井節(照井としても、ガイアメモリ犯罪だと他部署の警察ではまともに捜査できないと踏んでいたので仕方ないところではあるが)により、 姉同様に身体能力はとても高く、劇中でもバク転や側転を連発している。 ※劇中では変身後の姿だけだったが、パンフレットには変身前の姿と霧子の弟である事が記されている。 一方で、ファングジョーカーやZXと組ませると家族に関係した掛け合いを見る事が出来る。, 仮面ライダードライブ その後、ブレンの毒に侵された唐沢ゆかりを救うために、彼女の治療を蛮野に依頼したチェイスと共にその治療を見守り、治療が成功した後は元気なゆかりとチェイスと一緒にゆかりを救出!イッテイーヨというコメント付きの動画を撮影して特状課に送信、ゆかりの安否を心配していた進ノ介を安心させた。 ・仮面ライダーマッハ. 乾巧、桜井侑斗 ――ヒッサツ! マッテローヨ! しかしゴルドドライブは撃破したものの、シグマサーキュラーは「シグマ」として覚醒、全世界規模の重加速を発生させてしまった。そして蛮野はドライバーの状態でしぶとく生き残っており、その混乱に乗じてデータを再構築、復活しようとしていた。 その後、霧子の自宅に向かい、彼女の前で土下座しながら経緯を説明して懺悔。その誠意が伝わり、何一つ叱らずに自分を許して信じ続けてくれた姉に「これで姉ちゃんはまた笑顔になれる」とタブレットから得た情報を書いたメモ帳を見せて情報を提供。そして、そこにあった計算式はある奇跡への足がかりとなったのだった。, 上記の出来事以降しばらくの間は、自責の念から「今更仲間面できない」として特状課やドライブピットに姿を見せずに単独行動を取り、前述のタブレット内の人工知能の研究及び活用法を見つけようとしていた(ちなみに、人工知能の事を第33話では「蛮野博士」、第34話以降は「父さん」と呼んている)。 仮面ライダーになった経緯は親友のイーサンを017と018に殺害されたため。訓練を完了せずに飛び出した為に、マッハには装着者への負担が大きい・活動限界時間があるといった弱点が残ったままになっている(仮面ライダーとしては完成している為、ロイミュードと戦う事は可能)。, 良くも悪くも自信家かつお調子者。登場した当初はエンジンの掛かりが遅い進ノ介をやや見下している節があった。しかも本気なのか冗談なのかは不明だが、第13話冒頭にて彼と姉のやりとりを見て2人の仲を男女の仲と考え、同話以降は進ノ介のことを「進兄さん」と呼んでいる。 仮面ライダードライブ 泊進ノ介が変身する。 仮面ライダーマッハ 詩島剛が変身する。 魔進チェイサー→仮面ライダーチェイサー チェイスが変身するロイミュードの戦士だったが、後に仮面ライダーとして新生する。 ゴルドドライブ 仮面ライダーマッハとして、人の幸せを奪うロイミュードと戦う青年。 詩島霧子の弟であり、アメリカのハーレー・ヘンドリクソン博士の研究所でネクストシステム「仮面ライダーマッハ」の適合訓練を受けていた。 戦闘終了後に、駆け付けて来た霧子に自らの思いを吐露。チェイスとの友情を認めようとしなかったことを、強く悔いていた。 と二人してビビっていたが、「チェイスが苦境にある」と連絡を受け、その場を辞そうとする進ノ介に「仮面ライダーの仕事なら行って来い。捜査情報は特状課にも回す」と理解ある対応をしてくれたことや、その直後のビースト・ドーパント出現、そして照井も仮面ライダーとして共闘してくれたことにより急に隔絶間がなくなって気に入ったのか、「アンタやるじゃ~ん!」と、進ノ介よりもずっと階級の高い照井に超馴れ馴れしいタメ口をきいてしまい、進ノ介とベルトさんに怒られたりしていた(もっとも剛自身は全然懲りておらず、進ノ介に連れて行かれながら「警視庁特状課の、詩島霧子を、よろしくお願いしま~す!」と姉のPRまでやらかしていた)。 これに関して、ロイミュード001は剛を仮面ライダーを倒す最強の戦士にする為に何らかの謀略を張り巡らせている事を示唆している。 去年10月に始まった『仮面ライダードライブ』。 仮面ライダーなのにバイクに乗らない、主人公は刑事などこれまでにない要素をたくさん詰め込んだ作品。 そんなドライブも終わりが近づき、放送回数が後2回になってしまいました…。 仮面ライダーマッハのバイクの要素詰め込んだデザインいいよね 『仮面ライダードライブ 特写写真集 ignition』 タイプスピード全面が表紙! ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス DVD発売日 … 『ドライブサーガ』は特撮テレビドラマ『仮面ライダードライブ』のオリジナルビデオ作品。, 『仮面ライダードライブ』のサブキャラクターを主人公に据えたスピンオフ作品。『仮面ライダー鎧武/ガイム』のスピンオフオリジナルビデオ『鎧武外伝』の好評を受け、制作された[1][2]。, 物語は、『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』とテレビシリーズ第41話の間を舞台とし[3][2][5][6]、チェイスがプロトゼロであったころについても回想で描かれる[6]。また、チェイスが裏切った後のチェイス、ハート、ブレンの関係性や、プロトドライブとしてのパートナーであったチェイスとベルトさんとの絆など、テレビシリーズでは描かれなかったキャラクターの掘り下げも行われている[2]。脚本を担当した三条陸は、同じ石ノ森章太郎原作の『人造人間キカイダー』に通ずるロボットヒーローの悲哀をテーマとしている[2]。当初は50分程度の予定であったが、監督の石田秀範が俳優陣の意向を盛り込んでいった結果、85分の長尺作品となった[7]。, 本作オリジナルキャラクターとして魔進チェイサーのパワーアップ形態・超魔進チェイサーが登場するほか、『仮面ライダーW』の照井竜 / 仮面ライダーアクセルがゲスト登場する[3][4][5]。なお、後者については妻・亜樹子との結婚生活について、シナリオよりも突っ込んだ描写が追加されている[8]。, ソフトは通常版の他、『鎧武外伝』と同様にパワーアップアイテムが付属した初回限定生産版が発売される[3]。『鎧武/ガイム』のロックシードと異なり、『ドライブ』の連動アイテムであるシフトカーやバイラルコアには音声ギミックがないため、変身アイテムのDXブレイクガンナーが付属する形となった[1]。, プロデューサーの大森敬仁によれば、最初の案ではチェイスを好きになる女の子を出す予定だったが、逆に彼がテレビシリーズで見せなかった姿を見せようということになり、「人間化するチェイス」というコンセプトが定まったという[8]。また、三条から最初にもらったメモの終わりに「アクセル出せますか?」と書いてあったなど、照井の登場は初期構想の段階から盛り込まれていた[8]。このことは、警官仮面ライダーの共演企画が本作まで実現していなかったことや、照井役の木ノ本嶺浩がアクセルと共通項の多い『ドライブ』への出演を望んでいたという噂を、『W』のメインライターでもあった三条が耳にしたことから取り入れられた[3][注釈 1]。なお、プロデューサーの望月卓によれば、木ノ本に本作への出演を依頼した際にはマネージャーから「ようやく来ましたか! 遅いです。」と言われたそうで、木ノ本は当時の衣裳を着られるよう体重を落とし、万全の態勢で撮影に臨んだという[8]。, プロデューサー補の小髙史織によれば、チェイスと心を通わせる少年・田宮洋役の吉田晴登は『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』のオーディションをきっかけに出演することとなったそうで、石田にも絶賛されたという[8]。, 「テレビシリーズでいうと、ちょうど事件の谷間の時期」に相当する本作を、「最終回を見終わった後のファンに『あのころのチェイスはかわいかったな〜』なんて懐かしく思ってもらえれば」と評した三条は、木ノ本と泊進ノ介 / 仮面ライダードライブ役の竹内涼真が並んでいる姿を見るため、彼らの共演シーンの撮影を見学に行ったという[8]。また、その現場にて照井と亜樹子の電話シーンは木ノ本と石田で盛り上がり、シナリオにない台詞が加えられたが、それについて三条のところには「"ある人物"の名前を急いで考えてほしい」と連絡が来たという[8]。その"ある人物"とは照井竜の娘の名前である[10]。, 撮影は2015年12月までに完了しており、同年12月2日の夜に池袋のとある会場で40 - 50人のキャストやスタッフが集まっての打ち上げパーティーが開催された際には、チェイサー / 狩野洸一役の上遠野太洸や竹内の素顔が、週刊女性によって報じられている[11]。, 2016年2月には、東京都・大阪府・愛知県・宮城県でキャスト舞台挨拶付き完成披露上映会が開催された[12]。, 2016年4月15日には、シリーズ第2弾『ドライブサーガ 仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート』の制作が発表された[13]。また、同日にはT・ジョイPRINCE品川にて本作の発売記念上映会が開催され、その壇上で先述の発表も行われた[8]。, パラドックスロイミュードとの戦いから数日後、ロイミュード051が起こした強盗事件の現場に居合わせた田宮日奈子は、051とチェイスの交戦中に051の卑劣な凶弾により怪我を負う。さらに謎の女性の出現により051を取り逃がしてしまい、間近にいた人間を守れなかったことに、チェイスは責任を感じていた。, 日奈子には弟の田宮洋がおり、二人には既に両親がいないことを知る。姉以外に心を開こうとしない弟を叱責しつつ心配する姉の姿に霧子を重ねたチェイスは、せめて日奈子が元気になるまで洋を守ることで責任を果たそうと自ら洋の世話を申し出る。しかし姉以外に心を開かず、尚且つチェイスがロイミュードであることを知る由もない洋からは、「人形のようだ」と感情の欠落を不気味がられ、チェイスは人間らしい感情の獲得を渇望していく。クリムやりんなへの直談判も、「正義のプログラムを内に秘めた君に人間の感情を与えれば、間違いなく歪みが生じる。君は今のままで良いのだ」と、取り合ってもらえず(丁度、金環日食の真っ最中だった)思い悩むチェイスの前に、051交戦中に現れた謎の女性=ロイミュード099が。, 099は心理カウンセラーであった羽佐間翔子の死に際をコピーしており、彼女の研究であった「人間の精神を癒やす」最終地点を究極の平和と定め、「全てのロイミュードに感情をもたらすことで達成される」と豪語。人間の感情を渇望するチェイスは099の研究成果であるフェザーサーキットをなすがままに取り付けられ、ついに人間の感情を獲得。非常に人当たりの良いただの好青年と化すが、進ノ介たちは180度変わったチェイスの言動に激しく動揺。クリムは先日の直談判もあり不審に思い、単身調査へ。, 一方、洋とは徐々に関係を築いていき1on1でのバスケットボールが出来るまでに。ここまで「どうすれば人間の感情が分かるのか」常に思慮してきたチェイスは、感情を得ることで他者の考えが手に取るように理解出来るようになる。反面、今までとのギャップに激しい羞恥を感じつつもこの上ない幸福感に満たされていた。が、チェイスとの遺恨を晴らすべく現れた051との交戦中、仮面ライダーに変身できないことが発覚。, クリムの調査により、フェザーサーキットが原因で仮面ライダーチェイサーへ変身出来なくなっていること、フェザーサーキットの力に満足した者はいずれ、活動停止してしまうことがチェイスへ告げられる。そこへ現れた099は、「もう仮面ライダーに変身する必要はない」とライノスーパーバイラルコアをチェイスへ渡す。クリムの制止も虚しく、099に促されるままチェイスは仮面ライダーではなく超魔進チェイサーへと変貌。仮面ライダー以上の力を手に入れたチェイスは099を完全に信用してしまう。, 099の正体は超進化態ロイミュード、エンジェルであり、ハートとは違う方法でロイミュードのみならず全世界をも統べるべく賛同するロイミュードを募り、新たな派閥を結成していた。さらに物語の中で真の目的がフェザーサーキットを用いた、幸福感に包まれたままの全世界停止であることが告げられ、賛同したロイミュードのコアを抜いて停止させるなど、次第に卑劣な本性が現れ始める。ハートはエンジェルを敵とみなし、ブレンと共に超進化態で交戦するも苦戦。困惑しつつも交戦へ身を投じたチェイスが敵うはずもなく全滅の危機に陥ったが、ブレンの機転により回避。, ハート、ブレンは旧友としてチェイスを諭すが、チェイスは感情を与えてくれたエンジェルを未だ疑いきれない想いを吐露。ハートは、「そんなヤワな漢だったか?」と、かつての友としての心配を垣間見せるが次の瞬間、ハートはエンジェルにコアを抜かれ取り込まれてしまう。ハートの身体をブレンに託しハートのコアを取り戻すべく戦うことを決意するが、フェザーサーキットがチェイスのコアと融合し始めたことで魔進チェイサーへの変貌すらできなくなってしまう。さらには守るべき洋にもエンジェルの魔の手が及んでいたことを知り、遂にフェザーサーキット=人間らしい感情との決別、生きとし生けるもの全ての自由のために闘うことを決意。融合しつつあるフェザーサーキットを無理矢理引き剥がし、仮面ライダーとして復活。エンジェルを撃破しハートのコアを救出した。同時に、洋に癒着していたフェザーサーキットも剥がれ落ちた。, エピローグでチェイスは洋と再会するが、チェイスはフェザーサーキットを無理やり引き剥がしたことで一連の記憶は全て失ってしまった。しかし、チェイスの一言により、洋の顔には新たな決意とも取れる笑顔が溢れていた。, チェイスは、「俺が人間に好かれる必要はない。俺が人間を好きでいればそれでいい」と呟き、ライドチェイサーで一人走り去っていくのだった。, チェイスがブレイクガンナーにライノスーパーバイラルコアを装填して変身した魔進チェイサーの最強形態。読みは「ちょうましんチェイサー」。ボディの紫の部分が金色になっている他、頭部に羽根、肩に角のような追加パーツが加わっている。, チェイスの超進化態に相当し[14]、チェイスが「仮面ライダーを超えている」と語るほどの高い戦闘力を得た。ブレイクガンナー自体にはブレードが追加されており、通常形態同様ブレイクガンナーによる銃撃戦の他、先端のブレードを活かした接近戦を得意とする。, 監督はテレビシリーズを担当した石田秀範、脚本はテレビシリーズメインライターの三条陸がそれぞれ担当した[3]。石田がVシネマを担当するのは本作品が初めてである[3][6]。石垣広文は本作が最後のアクション監督作品となった。, ブレイクガンナースペシャル版は、発売初週でDVDが4千枚、BDが8千枚を売り上げ、2016年5月2日付のオリコン週間ランキングの各映画部門でそれぞれ1位を獲得した[20]。, 物語は、『小説 仮面ライダードライブ マッハサーガ』のその後を描いている[24][22][23]。『仮面ライダーマッハ』の舞台は、テレビ本編最終回から3年後の世界を描いており、『マッハサーガ』の一部も映像化されている[25][21]。, 『仮面ライダーハート』は、プロデューサーの大森敬仁が『マッハ』だけでは予定調和感が出てしまうと危惧したことから発案され、脚本の三条陸が話を受けた段階では実質的にタイトルしか決まっていなかったという[26]。三条は、テレビシリーズの結末に満足しているファンへの配慮やドラマチックになるであろう『マッハ』との差別化から、ハートが劇的に復活するのではなく、笑えて泣ける作品を目指したとしている[26]。, 本作品オリジナルキャラクターとして、『マッハ編』では仮面ライダーマッハチェイサーが、『ハート編』では仮面ライダーハートがそれぞれ登場する[21]。テレビシリーズの主人公である泊進ノ介は、両作品共主人公を見守る立場として登場し、仮面ライダードライブに変身しない[27]。物語は『ハート編』を前編とし、その次に『マッハ編』に続く構成となっている。, チェイスがゴルドドライブとの戦いで散ってから3年後。剛は久しぶりに日本に帰国してりんなと究の研究室を訪れ、彼女たちが作り上げたロイミュードのプロトボディにチェイスの魂を宿らせ、彼を復活させるための実験を行った。しかし、復活したのはなぜかハートで、その体にブレンとメディックの魂まで一緒に入っていた。ハートは、自分たちが復活したことには何か意味があると考え、その謎を追求するために、自分のお目付け役としてやってきた現八郎とコンビを組み、刑事として活動を開始した。, 同じころ、かつてロイミュードのコピー元となった人間が相次いで襲撃され、意識を失う怪事件が発生していた。事件を追っていたハートはロイミュード5886と遭遇し、その正体が、仮面ライダーによって倒されたロイミュードの思念の集合体であることを突き止める。かつてロイミュードの代表として、仮面ライダーと正々堂々と勝負して敗れたハートは、未練がましく人間を襲う5886を許せずに戦うが、重加速も起こせずパワーも劣るボディで蘇ってしまったために取り押さえることが出来ず、現八郎も怪我を負ってしまう。, ただの人間である現八郎と同レベルにまで成り下がった自分の無力さに苛立つハートだったが、そこに進ノ介が現れ「それでも現さんは強い」と語る。一方で、婚約していたりんなとケンカをしてしまい、おまけに捜査でもハートにいいところを取られっぱなしだったことで拗ねてしまった現八郎だったが、刑事としての意地で再び立ち上がり、自分の恩人である橘真伍を救うため、敵わないことを承知で5886に抵抗する。ハート、ブレン、メディックは現八郎の強さが「心の強さ」であると気づき、彼の意気に応え、自分たちのコアのパワーを全開にして仮面ライダーハートへと変身し、5886を破壊した。だが、仮面ライダーへの変身はコアへの負担が大きく、彼らの二度目の消滅を意味していた。, 戦いの後、現八郎は「本物の仮面ライダーだった」とハートを称え、ハートも現八郎に「最後に人間の心の強さを知ることが出来た。ありがとう、現さん」と感謝の言葉を述べ、進ノ介に次ぐ二人目の人間の友達が出来たことを喜びながら静かに消えていった。そして、再びブランク体になったボディは研究室に戻される。だが、5886を破壊した際にロイミュード005のコアが抜け出して逃げおおせていたことを、その時は誰も知らなかった。, 剛が帰国したもう一つの目的は、犯罪者・西堀光也の娘、西堀令子が釈放されるのを祝うことだった。彼女もまたロイミュードに利用されて犯罪を犯してしまい逮捕されたが、同じような境遇の剛との面会、文通を重ねて次第に親密な仲になっていき、釈放の日を迎えたのだった。剛は令子を派手なサーカスのパフォーマンスで出迎えるが、突然のことに面食らった令子は、以前に剛からプレゼントされた手袋を落としてその場を走り去ってしまう。そのころ、女性の髪の毛で男性が絞殺されるという奇怪な連続殺人事件が発生していた。, 翌日、剛は昨夜のことを詫びようとメールや電話をするが通じず、令子の家を直接訪れる。すると、何故か令子が連続絞殺事件の容疑者として追われており、彼女も自分が犯人だと言い張って聞かない。令子の無実を信じる剛は進ノ介や現八郎の制止を振り切り、令子を無理やり連れ出して逃走してしまう。, 逃走先で令子は、かつてロイミュードとして倒された父・光也が未だに生存しており、今回の連続絞殺事件を引き起こしていること、そして令子はそれを止めるために奔走した結果、容疑者として追われていることを剛に明かした。そして、自分は父の「呪い」から逃れられないと言い、剛を催涙スプレーで昏倒させて光也の元に走る。後を追おうとした剛の元に、進ノ介の直属の部下として事件の真相を追っていた狩野洸一が現れ、ゼンリンシューターとシグナルバイクを手渡す。だが、もう一つ持ってきていたシフトライドクロッサーを手渡す前に、剛は彼を振り切って令子を追って行ってしまった。, 令子を追って廃工場にたどり着いた剛は、そこで待ち構えていた西堀光也ことロイミュード005に追い詰められて死の危機に瀕するが、父の呪縛を逃れる決心をした令子により救われ、仮面ライダーマッハに変身する。しかし、005はリベンジャーロイミュードへと進化を遂げてパワーアップし、剛は再びピンチに陥ってしまう。だが、そこにチェイスの意志が宿った狩野がシフトライドクロッサーを届けに現れ、剛はそれを使い仮面ライダーマッハチェイサーに変身。リベンジャーロイミュードを撃破して令子を父の呪縛から完全に開放した。, 戦いの後、剛は令子の落としていった手袋を渡して「これからは俺がずっと守る」と告白する。令子も剛にキスをして、その思いに応えるのだった。, ハートがAIドライバーを使用し、シフトブレスにシフトハートロンを装填して変身する仮面ライダー[28]。変身音声は「ドライブ タイプミラクル ハート・ザ・仮面ライダー」[28]。, 外見は仮面ライダードライブ タイプトライドロンに酷似している[24]が、頭部は強大な角や口に、緑の複眼というハートロイミュードを思わせる形状に、肩や腰なども進化態を思わせるパーツが存在する[24]。, ブレン曰く「シフトハートロンに込められている自身とメディックのコアをハートに合わせて(エネルギーを)全開にする」ということで、進ノ介とクリムのように心の力を最高に高め合うことで発現した姿だが、たった一度の変身によるエネルギー消耗で、ハートたち3人のコアが消滅する危険性がある。, 理論上はドライブ以上に格闘能力に秀でており、パンチやキックを繰り出して戦うほか、ドライバー内のブレンとメディックの能力を引き出すことが可能[28]。, ハートが最初にAIドライバーを使用し、ブレンとメディックの考えで思いつき、シフトブレスにシフトハートロンを装填して変身するドライブの特殊形態[注釈 2]。変身音声は「ドライブ!!

トッケビ ソンジェ 役, イギリス 夕食 時間, ロッテリア コーヒー まずい, 楽天 外国人 ロメロ, 渋谷 ネカフェ ダーツ, ハマスタ 猫 2017,

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

シンプルでカスタマイズしやすいテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。