太平洋戦争 原因 3つ

reosoramioutayuzukoto/ 戦争責任(10)…太平洋戦争の原因は日本の中国侵略にあり…(3) さざんか/ 童謡詩人・清水かつら アート工房 雲のゆくえ/ 脳に付いてのShort-Short 教育勅語とはなんだったのか・・・??4. 予想外の総力戦となった日中戦争は泥沼化し、解決のめどが立たなくなっていた。 そのため日本は南進を行い、中国国民党への物資の補給路を断ち、石油などの戦略物資を入手することで日中戦争の解決を図った。 南進が欧米の反発を買うことは必至であったが、欧州は第二次世界大戦により東アジアより後退していたため、アメリカへの対策が問題となった。 そこで日独伊三国同盟や日ソ中立条約を結び、アメリカを包囲することで南進への反発を抑えようとした。 しかしアメリカはこれに強く反発し南進 … 第一話 太平洋戦争の原因 . 太平洋戦争(1941年~1945年)は、第二次世界大戦(1939年~1945年)の一部として行なわれた戦争です。 まずは、第二次世界大戦の原因と開戦のきっかけについてお伝えしていきます。 第二次世界大戦は、1939年の9月1日にドイツがポーランドを侵攻したところから始まりました。 その背景には、1929年に起こった世界恐慌があります。 経済の急速な悪化によって、アメリカはニューディール政策、イギリスとやフランスではブロッ … 1941年12月8日の真珠湾攻撃で火蓋が切られた太平洋戦争。 この時、日米両国民のお互いに対する感情は最悪のものでした。 では、いつから日米関係はそんなに悪化してしまったのか。 ペリーが黒船で日本にやってきて、日米が出会った瞬間からずっとこんな感じだったのでしょうか。 もちろん、そんなことはありません。 日本がまさに国運を賭けて戦った日露戦争(1904年)では、アメリカは日本の味方でした。戦費の足りない日本に莫大なお金を貸してくれたし、戦争を終わらせるための和平調停を斡旋 … 太平洋戦争の原因|アメリカの事情と思惑3. 1 「太平洋戦争」とは何か、小学生向けにわかりやすく解説; 2 「太平洋戦争」の参加国一覧. 204-221. 太平洋戦争(たいへいようせんそう、スペイン語: Guerra del Pacífico )は、1879年から1884年にかけて、ボリビア共和国およびペルー共和国とチリ共和国の間で行われた戦争である。 1941年に勃発した同名の戦争と区別するため、硝石戦争(スペイン語: Guerra del salitre )とも呼ばれる。 太平洋戦争 太平洋戦争 原因. 沖縄戦(沖縄の戦い) 富盛の石彫大獅子(現存最古のシーサー像、沖縄県指定有形民俗文化財)付近で日本軍の様子をうかがうアメリカ陸軍第96歩兵師団兵士 : 戦争:第二次世界大戦: 年月日:1945年 3月26日 - 6月23日: 場所:沖縄本島および周辺島嶼、海域 : 結果:連合軍の勝利 1.黒幕は誰か? まずは、第二次世界大戦の本質を、経済面から見ましょう。どうして、そんな回りくどい事するのかって?だって、誤解している人が、物凄く多いんだもん。 「太平洋戦争」がはじまりました。その後、日本軍は各地で敗北を重ねるようになりました。1944年7月9日。サイパン島がアメリカ軍に占領されます。アメリカによるはげしい爆撃がはじまりました。そして1945年3月。東京大空襲が起こります。 5.1 ①硫黄島の戦いと沖縄戦 太平洋戦争が始まる前の1938年3月、防諜研究所が創設された。後のスパイ養成学校「陸軍中野学校」の前身である。もちろん、スパイの任務は敵の動向を探る諜報活動にある。ところが、戦争末期になると、陸軍中野学校では、日本本土決戦を想定したゲリラ戦の教育が中心になったという。 太平洋戦争については膨大な数の書籍が出版されていますが多すぎて、どれを読んだらいいのかわからないのではないでしょうか。 ここでは、太平洋戦争に関する本を全く知らないという入門者向けから中級者向け、上級者向けに分けて紹介していきます。 Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. 関連動画 https://youtu.be/ITnmtsU1LDo https://youtu.be/JijVrNtFDTI https://youtu.be/TDgOFsH8PZo 太平洋戦争の年表(たいへいようせんそうのねんぴょう)では、3年9ヶ月に及ぶ日本、満洲国、タイ王国とアメリカ合衆国、イギリス、オランダ、ソビエト連邦など連合国との戦争経過を示す。 中華民国との間の戦争・事変は日中戦争を参照のこと。 ひとつは軍部が暴走し、東南アジアの占領地域において軍票(手形の一種)や独自の現地通貨を乱発し、この財源をもとに資金を現地調達したため、その分の金額がはっきりしないことである。 【キッズ・小中学生向け】子供でもわかるように、太平洋戦争の原因・日本の戦争の歴史を簡単に要約し、小学生や中学生でもわかりやすく解説しています。 第二次世界大戦の愚将ワースト3。【優勝】 東條英機【準優勝】 寺内寿一 ・黒島亀人【3位】 陸軍3バカ上層部のバカ共に文句も言えず、犬死にさせられた若者たちの無念を晴らすべく、「あえて」ボロクソに批判しようと思う。日中戦争「陸軍の暴走」 4.1 ①連合軍の反攻; 4.2 ②日本の敗北への道; 5 日本の敗戦. 太平洋戦争が起こった原因 満州事変後、日本軍は資源確保のために仏領インドシナやビルマ(現在のミャンマー)を攻撃し、支配下に置くなど、積極的な行動を起こしていました。 1 太平洋戦争とは? 2 太平洋戦争に突入するまで【背景や原因】 2.1 ①日本の南進; 2.2 ②困った日本とハルノート; 3 太平洋戦争初期の戦況. この記事が気に入ったら いいねしよう! 最新記事をお届けします。 ツイート; シェア; はてブ; Google+; Pocket; feedly; 太平洋戦争の原因|アメリカの事情と思惑5. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/27 08:27 UTC 版), そのため日本は南進を行い、中国国民党への物資の補給路を断ち、石油などの戦略物資を入手することで日中戦争の解決を図った。, 南進が欧米の反発を買うことは必至であったが、欧州は第二次世界大戦により東アジアより後退していたため、アメリカへの対策が問題となった。, そこで日独伊三国同盟や日ソ中立条約を結び、アメリカを包囲することで南進への反発を抑えようとした。, 昭和天皇は独白録の中で、人種的差別撤廃提案が否決された際、反対に回った植民地大国(イギリスやフランス)への反感が強まったことが遠因としている[29]。, 開戦前の時点での日本とアメリカの国力差は、アメリカは日本に対してGNPで10倍 - 20倍、石油生産量で700倍に及んだ[30][31]。, 1941年に総力戦研究所が行った日米戦争の予測では、長期戦となるため国力差により日本側の敗北という結果が出された。また予想された戦局の推移も原爆投下を除き実際の推移と概ね合致していた。, アメリカはアメリカ・メキシコ戦争に勝利してカリフォルニア州を獲得し太平洋に面する広大な領土を手に入れ、ロシアからはアラスカを購入した。太平洋ではハワイ王国併合に続き、米西戦争(アメリカ・スペイン戦争)勝利によりフィリピン、グアムなどを手に入れると、アメリカ・フィリピン戦争を経てフィリピンを植民地化することにより太平洋への覇権を確立した[33]。また第一次世界大戦後、国際連盟からドイツ領であったパラオ・サイパンなどの太平洋の島々の委任統治を委ねられるようになり、アメリカ領と接するようになった。アメリカの呼びかけで行われたシベリア出兵では、日本はアメリカ軍の撤兵後も駐留を継続するなどアメリカの利害とずれが生じるようになっていた。とはいえ、1920年代は日米ともに東アジア・太平洋地域における平和的な国際体制であるワシントン体制下で協調外交を行っていた。1921年に結ばれた四ヵ国条約では太平洋における日英米仏の利益を相互に認め、現状維持を確認し、この条約の中に日英同盟は発展的解消を遂げた[34]。1922年にはワシントン海軍軍縮条約が結ばれ、列強間の建艦競争に歯止めをかけた。, 日露戦争後、アメリカは対日戦略を明確化し、1906年に対日戦争計画「オレンジ計画」を作成、1938年には「新オレンジ作戦」を策定した[30]。新オレンジ作戦では、開戦した場合日本はまずフィリピン攻撃を行うと予想、これに対しアメリカ海軍主力艦隊は太平洋を西進し、同時に対日海上封鎖を実施、日本経済を枯渇させ太平洋制海権を掌握した上で日本海軍と艦隊決戦するという戦略が構想された[30]。また1941年3月のレインボー5号作戦では欧州戦線の優先、太平洋戦線防御、日本の経済的弱体化、太平洋海域の海上交通線の封鎖・破壊、日本の南洋諸島占領が主軸となった[30]。, 1931年(昭和6年)に満州事変が起こり、関東軍の後押しによる満洲国が成立すると国際社会の中で日本は大きく非難されることとなる。その後も関東軍は、華北を中華民国から引き離すための華北の傀儡自治政権をつくる工作を行った。そして、中華民国は日本軍部に対する対抗する軍事力をたくわえていく。 戦争の原因 ここでは、なぜ戦争が起こり、沖縄戦になったのかについて回答しています。 [45-戦争の原因-1] どうして戦争をおこしたのですか。 とても難しい質問ですが、最も大切な質問の一つでもあり … 太平洋戦争 太平洋戦争 原因. 日本国際政治学会・太平洋戦争原因研究部編『太平洋戦争への道(3)日中戦争(上)』 朝日新聞社、1987年、70-72頁。 6 Stephen E. Pelz, Race to Pearl Harbor: The Failure of the London Naval Conference and the Onset of World War Ⅱ (Cambridge: Harvard University Press, 1974), pp. 太平洋戦争 「ニューギニア」 3/3 [歴史] part2:sm14164663歴史・科学系動画:mylist/24773768 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 1941(昭和16)年12月8日から1945(昭和20)年9月2日の間の約3年9カ月間にわたり、日本と、アメリカ・イギリス・オランダ・中国(当時は中華民国と言いました)を中心とする国々との間で起きた戦争です。, アジア・太平洋の広大な地域が戦場となった結果、敵味方双方でおびただしい数の犠牲者を生み、日本の降伏によって終わりを迎えました。, 1940(昭和15)年にヨーロッパのドイツ・イタリアと軍事同盟(三国同盟)を結んだ日本は、アメリカ・イギリス・中国などの連合国と敵対していました。, 1939年9月、ドイツがポーランドに侵攻し、「第二次世界大戦」が勃発。以降、ドイツ・イタリアはヨーロッパの大部分と北アフリカを主な戦場として戦います。, 一般的に天皇の「玉音(ぎょくおん)放送」が流れた8月15日が「終戦の日(終戦記念日)」とされていますが、これはあくまで日本国内および韓国など一部で通用する日で、国際的に正式に戦争が終わった日は9月2日です。, 日本の中国大陸進出[1894頃~]↓ 満州(中国東北部)の獲得[1931-1932]↓日中戦争勃発・泥沼化[1937]↓資源不足↓東南アジアへの進出(南方進出)[1940-1941]↓ アメリカの圧力・ABCD包囲網[1940-1941]↓日米交渉失敗[1941]↓開戦[1941], 日清戦争、日露戦争で、日本は中国進出への足がかりを築きました。中国で得られる経済的利益と、ソ連に対する防衛という二つの理由を中心として、その後も日本は中国へ積極的に関与していきます。, 1931(昭和6)年に中国東北部の満州を日本陸軍の謀略によって手に入れると(満州事変)、さらに南へと影響力を伸ばします。, 1937(昭和12)年7月7日、北京郊外の盧溝橋(ろこうきょう)にて日中両軍の小競り合いが発生(盧溝橋事件)。これをきっかけに中国(当時の中華民国)との全面戦争へ突入します。, 予想に反して戦争が長期化すると、日本は軍需物資が不足。資源確保を目的として、東南アジアへ進出すると、アメリカ、イギリス、オランダがこれに強く反発。, 資源供給の再開を求めてアメリカと交渉をするものの、中国からの全面撤兵など強固な条件を突き付けられた日本はこれを飲むことができず、開戦に至りました。, 開戦[1941.12]↓緒戦の快進撃[1941.12-1942.5]↓戦局の転機[1942.6-1943.2]↓戦線の崩壊[1943.3-1944.7]↓連合軍日本本土へ迫る[1944.10-1945.2]↓沖縄戦[1945.3-6]↓ポツダム宣言から終戦へ[1945.7-9], 太平洋戦争は、1941(昭和16)年12月8日早朝、日本軍が当時イギリス領だったマレー半島(現在のマレーシア)へ上陸し、その直後ハワイ・真珠湾(パールハーバー)を奇襲攻撃したことで始まりました。, 開戦直後、日本軍は猛烈な勢いで東南アジアおよび太平洋の島々を攻め、欧米の植民地であったそれらの地域を攻め落としました。, 年が明けた1942(昭和17)年2月、アジアにおけるイギリスの一大拠点であったシンガポールが陥落。, また、開戦の最大の目的であったオランダ領東インド(蘭印、現在のインドネシア)の油田地帯を攻略しました。, 各地で連合軍に勝利をおさめ、開戦から半年弱で東南アジア全域と北半球の太平洋のほぼ西半分を勢力下に収めました。, 1942年6月、ハワイ西方の「ミッドウェー島」を攻略しようとした日本の空母部隊が、アメリカ軍空母部隊の待ち伏せを受けて大敗北(ミッドウェー海戦)。, 続いて8月、オーストラリア北方の「ガダルカナル島」で日本軍が築いていた飛行場をアメリカに奪取されたことから、それを取り戻そうとした日本軍との間で、幾度にもわたる激しい戦いが起きました。, 日本軍は結局このガダルカナル島を取り戻せず、1943(昭和18)年2月に撤退します。, 開戦直後に占領した太平洋の島々は、次々にアメリカ軍を中心とする連合軍に攻め落とされ、各地で突撃と全滅を意味する「玉砕(ぎょくさい)」が繰り返されました。, 1944(昭和19)年7月、日本の太平洋における最も重要な拠点であった「サイパン島」が陥落。, これを機に、日本本土はアメリカの最新鋭爆撃機B-29の射程圏内に入ることとなり、連日空襲に見舞われるようになります。, 1944年10月にアメリカはフィリピンに上陸。南方の資源地帯からの輸送はほとんど遮断されるようになり、日本は戦争に必要な物資をほとんど調達できなくなりました。, そして1945(昭和20)年3月、連合軍はついに沖縄へ攻撃を開始。4月1日に沖縄本島に上陸し、激しく反撃をする日本軍を島の最南端へ追い詰め、6月23日に沖縄における日本軍の組織的な戦闘は終了します。, ソ連を頼ってアメリカとの仲介を依頼しましたが、それはうまくいかず、7月に連合軍は日本へ降伏を突きつける「ポツダム宣言」を発表。, 日本政府が宣言を「黙殺」する間に、8月6日に広島へ、9日には長崎へ原子爆弾が投下され、一瞬にして都市が壊滅しました。, 同じく9日、中立を保っていたソ連が満州へ侵攻。 いよいよ耐えられなくなった日本は、天皇のポツダム宣言受け入れの決意表明によって、終戦を決定します。, 8月14日に連合国へ通知し、15日、天皇の肉声を録音した「玉音(ぎょくおん)」が放送され、日本本土と植民地・占領地へ日本の敗戦が伝えられました。, 8月15日を過ぎてもソ連の満州・千島列島・樺太への侵攻は止まらず、満州では57万人以上の日本軍将兵や公務員等が拉致され、極寒のシベリアで強制労働に就くことになります(シベリア抑留)。, 「太平洋戦争」は戦後、日本を占領統治したGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)によって使用するよう変更を強制され、定着するようになったものであり、この戦争をどのように呼ぶかはいまだに議論があります。, 当時日本が呼んでいた名称を使うべきであるという意見がある一方、「大東亜戦争」は「大東亜共栄圏」の建設という戦争目的が色濃く反映された名称と言え、戦争目的や、ひいては日本の侵略行為の肯定につながるという考えもあります。, 一方で、「日清戦争」「日露戦争」のように交戦国の名称を入れるだけの方が、受け入れやすいという考え方もあります。, この場合は交戦国が複数に及ぶので、地理的広がりで呼ぶことになります。戦場は太平洋だけではなかったので、「アジア・太平洋戦争」とする動きもあります。, また、戦争の期間を取り、満州事変(1931年)から続く一連の戦争、ということで「15年戦争」と呼ぶ意見もあります。, 本サイトでは、これからこの戦争について知っていきたいという方を対象にしているので、最も定着している「太平洋戦争」を使用しています。, これから皆さんが学ばれる中で、どのような呼び方がもっともふさわしいか、考えて頂くのが好ましいと考えています。, このwebサイトの先進的な機能は、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります。Thank you!. 日本国際政治学会・太平洋戦争原因研究部編『太平洋戦争への道(3)日中戦争(上)』 朝日新聞社、1987年、70-72頁。 6 Stephen E. Pelz, Race to Pearl Harbor: The Failure of the London Naval Conference and the Onset of World War Ⅱ (Cambridge: Harvard University Press, 1974), pp. ちょっとややこしいのですが、太平洋戦争のおおもとの原因は、そのかなり前にさかのぼります。 明治維新(1867年~1868年頃)によって江戸幕府が倒れ、明治政府が樹立して以降、日清戦争(1894年~1895年)、日露戦争(1904年~1905年)を経て日本は中国大陸へ足がかりを築きました。 1931(昭 … 3.1 ①真珠湾攻撃; 3.2 ②最初の快進撃; 4 苦しくなる戦況. 第二次世界大戦(太平洋戦争、大東亜戦争)は、軍国主義と民主主義の戦いだったと言われます。しかし、実際には、 共産主義と民主主義の戦いでした。そして、ルーズベルトとチャーチルの尽力によって 共産主義が圧勝した 形になりました。全中国は共産主義の手に渡り、ソ連は膨大な地域 太平洋戦争とは 「1941年12月8日~1945年8月15日」の間に、おもに「アメリカ・イギリス」と「日本」が戦った戦争のことです。 「第二次世界大戦」と呼ばれる世界戦争が、このとき行われていましたが、その一部が「太平洋戦争」なのです。 「1941年12月8日」に、日本軍がハワイ・真珠湾を攻撃。のちにこの先制攻撃は「真珠湾攻撃」と呼ばれることになります。この「真珠湾攻撃」から、「太平洋戦争」は始まりました。 「1942年6月5~7日」、「ミッドウェー海戦」で、 … 204-221. Amazon Advertising 商品の露出でお客様の関心と 反応を引き出す: Audible(オーディブル) 本は、聴こう。 最初の1冊は無料: アマゾン ウェブ サービス(AWS) クラウドコンピューティング サービス Amazonアウトレット 訳あり商品を お手頃価格で販売: Prime Now 好きな時間が選べる。 もっとも、この数字には少々カラクリがある。太平洋戦争の戦費はあまりにも膨大で、税金を使って調達することは不可能だった。このため、戦� 2.1 太平洋戦争の参加国一覧; 2.2 「第二次世界大戦」参加国一覧; 3 戦争が始まった原因は何?きっかけは「アメリ … 太平洋戦争が起こった原因と敗戦の理由を教えてください。太平洋戦争は狂人ルベルトが引き起こしたもの。アメリカも認めている。1937年12月12日揚子江航行中のアメリカの砲艦パネー号が日本軍機に撃沈された。パーネ号はアメリカの国旗を 第一話 太平洋戦争の原因 1.黒幕は誰か? まずは、第二次世界大戦の本質を、経済面から見ましょう。どうして、そんな回りくどい事するのかって?だって、誤解している人が、物凄く多いんだもん。 Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. 太平洋戦争とは? 1941(昭和16)年12月8日から1945(昭和20)年9月2日の間の約3年9カ月間にわたり、日本と、アメリカ・イギリス・オランダ・中国(当時は中華民国と言いました)を中心とする国々との間で起きた戦争です。. 太平洋戦争の原因|アメリカの事情と思惑1 ... 太平洋戦争 2018.3.12 「大和」「愛宕」「阿賀野」に「磯風」。旧海軍の艦艇はこうやって名づけた。 この記事が気に入ったら いいねしよう! 最新記事をお届けします。 ツイート; シェア; はてブ; Google+; Pocket; feedly; 太平洋戦争の原因|アメリカの事情と思惑2. このページでは、太平洋戦争の全体像を早足で説明します。さらに深く知りたい部分は、それぞれの詳細ページをご覧ください。. 太平洋戦争dvd全集。語り継ぎたい3年8ヶ月の記憶…。あの戦争を記録した実録映像集です。ユーキャン通販ショップが送料当社負担でお届けします。 1941(昭和16)年12月8日から1945(昭和20)年9月2日の間の約3年9カ月間にわたり、日本と、アメリカ・イギリス・オランダ・中国(当時は中華民国と言いました)を中心とする国々との間で起きた戦争です。 アジア・太平洋の広大な地域が戦場となった結果、敵味方双方でおびただしい数の犠牲者を生み、日本の降伏によって終わりを迎えました。 1940(昭和15)年にヨーロッパのドイツ・イタリアと軍事同盟(三国同盟)を結んだ日本は、アメリカ・イギリス・中国などの連合国と敵対していました。 1… Amazonで生出 寿の海軍人事 太平洋戦争完敗の原因 (光人社NF文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。生出 寿作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また海軍人事 太平洋戦争完敗の原因 (光人社NF文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 1937年(昭和12年)に勃発した日中戦争において、大日本帝国政府と軍部は当初、現地解決や不拡大方針によって事態の収拾を試みた。しかし、大日本帝国憲法の規定である統帥権の独立問題や、五・一五事件、二・二六事件以後から行われるようになった軍部による政治干渉、大紅門事件、蘆溝橋事件とそれに呼応して起きた郎坊事件、広安門事件、通州事件、第二次上海事変などにより在中邦人の中国軍や中国人に虐殺される事件が頻発すると、世論は中国を徹底的に叩くべきという方向に傾く(暴支膺懲)。この結果、政府は軍事行動を主張する陸軍・海軍を抑えきることが難しくなり、情勢は日中両軍による大規模な全面衝突に発展する。日本軍は北京や上海など主要都市を占領、続いて中華民国政府の首都南京を陥落させた。1937年8月26日に、日本海軍によるものとされる英国大使襲撃事件であるヒューゲッセン遭難事件が起きると、英国新聞は日本に対する怒りを顕わにした[36]。1937年10月、国際連盟は日本を九国条約及び不戦条約の侵犯であると決議した[37]。同年11月3日にはブリュッセルで九国条約会議が開かれ、英国は自身が首唱し指導した国際議定によって、それまでソ連により行われていた第二次国共合作中の蔣介石への支援に参加した[38]。1937年12月には、パナイ号事件とレディバード号事件も起きた。, 1937年11月から翌1938年1月にかけて、中独合作により中華民国と友好関係にあったドイツを仲介者とするトラウトマン和平工作が日中間によって行われたが、12月の南京陥落によって日本側では対中強硬論が政府(内閣総理大臣近衛文麿・外務大臣広田弘毅)と海軍(海軍大臣米内光政)にて台頭。一方、陸軍では陸軍省(陸軍大臣杉山元)こそ政府・海軍と同じく強硬派であったが、多田駿陸軍中将を筆頭とする参謀本部は終始日中和平交渉の継続を強く主張。参謀本部の要請によって日露戦争以来の御前会議が開かれるなどしたが、政府・海軍および陸軍省の圧力を受け、1月15日に政府は最終的に交渉の打ち切りを決定。翌日16日に近衛内閣は「帝国政府は爾後国民政府を対手とせず。真に提携するに足りる新興支那政権に期待し、これと国交を調整して更生支那の建設に協力せんとす」との声明を発し(第一次近衛声明)、トラウトマン和平工作は頓挫した。, 蔣介石総統率いる国民党は、首都を後方の重慶に移し抗戦を続けた。国民党軍はアメリカやイギリス、ソ連から軍需物資や人的援助を受け(援蔣ルート)、地の利を活かし各地で抵抗、徐州会戦や武漢会戦が発生した。また正規戦法以外に督戦隊戦法やゲリラ戦術、清野戦術などの戦術を用い日本軍を攪乱した。一方、西安事件を通じて成立した国共合作に基づき、中国共産党軍も山奥の延安を拠点に朱徳率いる八路軍や新四軍が日本軍にゲリラ戦を仕掛けた。こうして日中戦争の戦線は伸び長期戦に陥っていた。, こうして国共合作および国民党の抗戦の続行により軍事的解決に失敗し、傀儡政権の樹立による政治的解決にも失敗する[39]と、日中戦争は収拾のめどがつかなくなった。この日中戦争の終結を求める動きが、のちの援蔣ルートの遮断へつながる。, 1939年9月、ドイツ軍がポーランドに侵攻したことにより、欧州では第二次世界大戦が勃発した。1940年(昭和15年)6月にはフランスが短期間で休戦に追い込まれるなど、西ヨーロッパの多くがその占領下となり、唯一ドーバー海峡を挟んだイギリスが連合国最後の砦として苦しい抵抗を続けていた。これを受け、日本の政府・軍部には、独ソ不可侵条約の締結以来沈滞していたドイツと協調し、英米と抵抗するべきという勢力が再び盛り上がりを見せるようになってきた。, 日本は重慶中華民国政府への軍事物資の補給ルートを遮断するため、6月19日にフランス領インドシナ(仏印)政府に圧力をかけ、「援蔣仏印ルート」の遮断を要求した。本国で成立したヴィシー政権との間で9月に協定が結ばれ、紅河以北のインドシナに進駐、中華民国支配地域への攻撃に利用した。これにより日本の対米英関係は緊張した[31]。その後、新たにビルマを経由する「援蔣ビルマルート」が作られた。1940年(昭和15年)7月19日の荻窪会談では、盟主である英国が不在の東南アジア植民地に向かう南進論の方針が確認され、戦争相手は英国のみに局限するが、対米戦も準備する必要があるとされた[31]。7月26日には基本国策要綱が閣議決定された[31]。, 7月22日、第2次近衛内閣が成立、7月26日には「皇国ヲ核心トシ日満支ノ強固ナル結合ヲ根幹トスル大東亜ノ新秩序ヲ建設スル」という[40][注 9]、「基本国策要綱」を閣議決定した。翌27日には「世界情勢の推移に伴ふ時局処理要綱」を決定した。8月1日には松岡洋右外相が談話で「大東亜共栄圏」という用語を初めて用い、その範囲は、日本・満州・中国、フランス領インドシナ、オランダ領東インドも含めるとした[40]。, 当初は日独提携に懐疑的であった松岡外相もしだいに三国同盟締結派に接近し、9月27日にドイツ・イタリアとの間で三国条約が締結され、日独伊三国同盟が成立した。松岡らはこの同盟政策を発展させ、日独伊、そしてソ連を加えたユーラシアブロックによって米英を牽制しようとしたが、かえって英米の日本に対する不信感は一層増すこととなった。アメリカは10月12日に三国条約に対する対抗措置を執ると表明、10月16日に屑鉄の対日禁輸を決定した。制裁措置は翌年にはさらに強化され、イギリスも追随した。, これを受け日米開戦が論じられるが、政府と軍部の一部には慎重論も強かった。日本軍は対中国・対ソ連に兵力を集中させ身動きできない状況にあったため、米国は日本に対し強硬姿勢を示すようになる。, 12月29日、フランクリン・ルーズベルト大統領は炉辺談話において「アメリカは民主主義の兵器廠(工場)になる」(en:Arsenal of Democracy) と発表し、イギリスへの援助を公然と表明した[41]。翌年にはイギリスへの武器貸与法(レンドリース法)を成立させた。1941年3月に開催された米英の軍による協議(通称ABC会議)ではまずドイツとイタリアを打倒することを優先し、日本への対処はその次に行うことが合意された[42]。, 1940年11月23日、タイ王国はフランスに占領されていた旧タイ領回復のためのフランス領南部仏印進行によりタイ・フランス領インドシナ紛争が勃発し、1941年5月8日に日本の仲介によりタイ王国が失地を回復する形でタイ王国とフランスの間で東京条約が締結される。, 1941年、駐米大使野村吉三郎の下に陸軍省軍事課長であった岩畔豪雄が渡米、民間人の井川忠雄らとともに、アメリカ国務長官コーデル・ハルを交えて秘密交渉による日米関係改善が模索された。日米の軍人と民間人によって策定された「日米諒解案」では、日本軍の中国撤退、アメリカは満州国を承認すること、汪兆銘政権を中国政府として認定すること、ホノルルにおける日米首脳会談実現などが示唆されていたが、ハルはその内容があまりにも日本に有利であることに反発。諒解案を基礎に交渉する前提として四原則(「全ての国家の領土保全と主権尊重」「他国に対する内政不干渉」「通商上の機会均等を含む平等原則」「平和的手段により変更される場合を除き太平洋の現状維持」)を日本が受け入れることを求めた。しかし野村大使は四原則を日本政府に伝達せず、日本側は諒解案だけをアメリカの公式提案と誤認してしまう。この日米の認識の齟齬が、その後の交渉を混乱させ、破綻に導く大きな要因となった[要出典]。6月22日に独ソが開戦すると、三国同盟の対米圧力が減少しアメリカはさらなる譲歩を求めるようになる。, その後も日本政府は関係改善を目指してワシントンD.C.でアメリカと交渉を続けたが、日本軍は7月2日の御前会議における「情勢ノ推移ニ伴フ帝国国策要綱」[注 10](対ソ戦準備・南部仏印進駐)の決定にしたがい、7月7日からは満州での関東軍特種演習に向けて内地から兵員動員が開始される[43]。, 7月28日には日本がフランス領インドシナ南部への進駐を実施した(南部仏印進駐)が、イギリスとアメリカは事前に南部仏印進駐反対の意志を表明していたため、両政府内の対日感情は一挙に悪化した[44]。8月1日には「すべての侵略国」への石油輸出禁止の方針を決定し、日本に対しても石油輸出の全面禁止という厳しい経済制裁を発令し、イギリスとオランダもただちに同調した。この制裁は1940年の日米通商航海条約の破棄から始まり、最初は航空用燃料の停止、北部仏印進駐に伴う鉄類の停止、そして陸軍と外務省による三国同盟締結にともない、必要物資の3割を占めていたオランダ領東インド(蘭印)との交渉が決裂し、国内物資の困窮が強まっていった[注 11]。また1940年から41年にかけて民間会社を通じ必要物資の開拓を進めたが、アメリカ政府の干渉によって契約までこぎ着けない上、仏印への進駐および満州増派にともなう制裁が実施され、物資の供給が完全に絶たれることとなった。当時の日本は事実上アメリカから物資を購入しながら大陸にあった日本の権益を蔣介石軍から守っていた。たとえば日米開戦時の国内における石油の備蓄は民事・軍事を合わせても2年分しかなく、禁輸措置は日本経済に対し破滅的な影響を与える恐れがあった。対日制裁を決めた会議の席上、ルーズベルトも「これで日本は蘭印に向かうだろう。それは太平洋での戦争を意味する」と発言している。, 陸海軍は石油禁輸についてまったく想定しておらず[45]、オランダ領東インドとの日蘭会商も再開の見通しが立たなくなった。9月3日、日本では大本営政府連絡会議において帝国国策遂行要領が審議され、9月6日の御前会議で「外交交渉に依り十月上旬頃に至るも尚我要求を貫徹し得る目途なき場合に於ては直ちに対米(英蘭)開戦を決意す」と決定された。近衛は日米首脳会談による事態の解決を決意して駐日アメリカ大使ジョセフ・グルーと極秘会談し、日米首脳会談の早期実現を強く訴えたが、10月2日、アメリカ国務省は日米首脳会談を事実上拒否する回答を日本側に示した。, 9月21日、英米ソにより第1回モスクワ会談が開かれた[46]。アメリカはソ連への援助を発言し、10月21日には「大量の軍備品を月末までにソ連に発送する」旨の公式声明を発表した[46]。また、アメリカは「極東の安全は英米が守るのでソ連極東軍を西部のドイツ戦線に移動すべし」とも主張していた[46]。, 戦争の決断を迫られた近衛は対中撤兵による交渉に道を求めたが、これに反対する東條英機陸相は、総辞職か国策要綱に基づく開戦を要求したため、10月16日に近衛内閣は総辞職する。後継の東條内閣は18日に成立。, 11月1日の大本営政府連絡会議[注 12]では「帝国は現下の危局を打開して自存自衛を完(まつと)うし大東亜の新秩序を建設するため、此の際、英米蘭戦を決意し」「武力発動の時期を12月初頭と定め、陸海軍は作戦準備を完整す」という内容の帝国国策遂行要領[47]が改めて決定した。その後11月5日御前会議[注 13]で承認された。以降、陸海軍は12月8日を開戦予定日として対米英蘭戦争の準備を本格化させた。, 11月6日、南方作戦を担当する各軍の司令部の編制が発令され、南方軍総司令官に寺内寿一大将、第14軍司令官に本間雅晴中将、第15軍司令官に飯田祥二郎中将、第16軍司令官に今村均中将、第25軍司令官に山下奉文中将が親補された。同日、大本営は南方軍、第14軍、第15軍、第16軍、第25軍、南海支隊の戦闘序列を発し、各軍および支那派遣軍に対し南方作戦の作戦準備を下令した。海軍は、11月26日に真珠湾攻撃部隊をハワイへ向けて出港させた。, 11月20日、日本はアメリカに対する交渉最終案を甲乙二つ用意し、来栖三郎特命全権大使および野村大使の手によりコーデル・ハル国務長官に提示して交渉に当たった。11月26日朝、ハル国務長官は両案を拒否し、中国大陸・インドシナからの軍、警察力の撤退や日独伊三国同盟の否定などの条件を含む交渉案、いわゆるハル・ノートを来栖特命全権大使、野村大使に提示した。内容は日本へ対する中国大陸、仏印からの全面撤退と、三国同盟の解消という極めて強硬なものであった。ここでいう中国大陸が満州を含むかどうかについても議論がある。, 日本政府はこのハル・ノートを「最後通牒」として受け取り、開戦の決断を行うことになる。のちの東京裁判の弁護人ベン・ブルース・ブレイクニーは「もし、ハル・ノートのようなものを突きつけられたら、ルクセンブルクのような小国も武器を取り、アメリカと戦っただろう」と評しており、ラダ・ビノード・パールものちに引用している[48]。アメリカ海軍は同11月26日中にアジアの潜水艦部隊に対して、日米開戦の場合は非武装の商船でも無警告で攻撃してもよいとする無制限潜水艦作戦を発令した。ただしハル・ノートには「極秘、暫定かつ拘束力がない」と明記されており、回答期限も設定されていない。アメリカ側がハル・ノート受諾に関する問い合わせをしたことはなく、その後も交渉継続を行う意志を見せている。, 日米交渉決裂の結果、東條内閣は12月1日の御前会議において、日本時間12月8日の開戦を最終決定した。, 軍部が中心となって作成し1941年11月15日に大本営政府連絡会議が決定した、太平洋戦争全般にわたる基本方針となる日本の戦争計画書「対英米蘭蔣戦争 終末促進に関する腹案」では、「東南アジア南太平洋における米英蘭の根拠を覆滅し、戦略上優位の態勢を確立すると共に、重要資源地域ならびに主要交通線を確保して、長期自給自足の態勢を整う」とし、戦争の終わらせ方については「独伊と提携して先ず英の屈服を図り、米の継戦意志を喪失せしむるに勉む」としていた。, 太平洋戦争の記録 日本かく戦えり Motion Picture History of the Pacific War, 太平洋戦争のページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, 日本の内面指導により、公式な宣戦布告はせず。終末期に連合国の攻撃を受けたため、事実上の交戦国として扱われた。, 「世界は今や歴史的一大転機に際会」しているとの認識に立ち、「八紘一宇」のために「大東亜新秩序の建設」を目指し「国内体制の刷新」を行い、「強力な新政治体制の確立」を国策として決定した。(遠山茂樹、今井清一、藤原彰『昭和史』[新版] 岩波書店 岩波新書(青版)355 1959年 179ページ), 特に航空用燃料の欠乏が激しく、アメリカによる働きによって蘭印交渉でも航空燃料は要求量の1/4しか確保できず、決裂の原因となった, 大本営と政府との間の開かれる会合で、重要国策に際して、国務と統帥の統合・調整を図るために創られた。出席者は、参謀総長、軍令部総長、首相、陸相、海相、外相など。最初の開催は1937年(昭和12年)11月。開戦にいたる過程で、重要国策決定の機関として政治的比重が増した。吉田裕、2007, pp.37-38, 米英に開戦の情報が漏れるのを防ぐため、開戦日の直前に、タイ政府に直接開戦の趣旨を伝え、日本軍の英領ビルマ・マレーシア侵攻作戦のためにタイ領内の通過する許可を得ようと手はずを整えていたが、開戦の空気を感じ取ったピブン首相は、日本に同調していると思われ、英国の恨みを買わないよう配慮し、開戦の数日前から身柄を隠していたため同意を得ることができなかった。作戦決行日が数時間過ぎ、マレー上陸作戦が実行する中で、痺れをきたした南方軍は作戦に推移に支障をきたすとの理由から仏印を越えてタイ領内に侵攻した。この間、在泰邦人が殺害される事件が起きたり、南部では侵攻する日本軍とタイ軍の間で小規模な衝突も発生、11日に同首相が日本交渉団の前に現れ、日本国軍隊のタイ国領域通過に関する協定への同意したことから日泰の緊張は収束した。, なお、真珠湾攻撃後数週間の間、アメリカ西海岸では日本軍の上陸を伝える誤報が陸軍当局にたびたび報告されていた。, この際同じように敵国だったドイツ系の住民やイタリア系の住民は収容所に送られることが無かったことから人種差別だとする意見も存在する。, 米軍は日系日本人が離反し日本側に付くことを恐れたため、太平洋戦線ではなく欧州戦線へ投入された, 上記の武装勢力とは区別。なお、国名については当時の国家名を記載。国家的な概念がない地域の場合は現在の国名で記載, 後に第一、第二復員省は、復員庁となった後、厚生省所管の第一復員局、首相所管の第二復員局を経て共に引揚援護局に改組され、現在は一括して, All text is available under the terms of the. reosoramioutayuzukoto/ 戦争責任(10)…太平洋戦争の原因は日本の中国侵略にあり…(3) さざんか/ 童謡詩人・清水かつら アート工房 雲のゆくえ/ 脳に付いてのShort-Short

福岡 夜 ドライブ 海, 三井ガーデンホテル プラナ東京ベイ 格安, 楽天 届かない コロナ, 千葉市 ラーメン ランキング, 扇子 作り方 割り箸, 紫微 斗数で わかる こと, 三菱ふそう ファイター 警告灯一覧, 日ハム 難波 素行,

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

最新の投稿

シンプルでカスタマイズしやすいテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。