馬氏小禄殿内 家系 門中

門中の家系図完成/本部の大城さん 半世紀かけ 沖縄タイムス 【本部】琉球王府時代の首里系士族 | ☆★☆★★☆★歴史タイムッス☆☆★★☆★★~古今東西歴史関連記事リンク集 1人が話題にしています - 私達は、沖縄の昔の侍~与湾大親~からの流れ馬氏(ばあうじ)の中のナカムゥートゥ家の馬氏 小渡・桑江・久場・門中(一 … 馬氏小禄殿内 五大姓(五大名門)の一つ。 浦添親方良憲を元祖とする琉球王国の士族(首里士族)。 王国末期に小禄間切(那覇市小禄地区)の総地頭を務めた大名。 >> ページに移動 Copyrifht(C) 2011,Kyuyoushuppan All Rights Reserved. 琉球の地頭一覧(りゅうきゅうのじとういちらん)は、沖縄の琉球王国において、間切、村を采地(領地)として賜った王子地頭、按司地頭、総地頭、脇地頭の一覧である。出典は『琉球藩雑記三(家禄・官禄)』に拠る。1873年(明治6年)時点での一覧である。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=琉球の地頭一覧&oldid=71667708, 嘉陽村・嘉陽親雲上(明氏嘉陽家。系祖・照屋親雲上長太、6世饒平名親雲上長盈次男長英), 漢那村・漢那親雲上(向氏漢那殿内。系祖・向元亮、漢那親雲上朝經。金武御殿11世三男), 安勢理村・安勢理親雲上(向氏安勢理殿内。系祖・向文安、徳嶺親方朝喬。本部御殿2世三男), 安慶田村・安慶田親雲上憲親(昂氏安慶田家。元祖・新参昂顯親、山田筑登之親雲上憲英), 我如古村・我如古親方(翁氏我如古殿内。系祖・翁翼、我如古親雲上盛似。永山殿内6世次男), 多嘉良村・多嘉良親雲上(向氏多嘉良殿内。系祖・向謹、喜名親雲上朝紀。豊見城御殿5世次男), 稲嶺村・稲嶺親雲上 (一世 周氏稲嶺恒則 分家 周姓大見謝家 具志家 比嘉家 横田家), 手登根村・手登根親雲上(向氏手登根殿内。系祖・向克隆、手登根親方朝邑。名護御殿5世次男). 1人が話題にしています - 私達は、沖縄の昔の侍~与湾大親~からの流れ馬氏(ばあうじ)の中のナカムゥートゥ家の馬氏 小渡・桑江・久場・門中(一 … 馬氏 小渡・桑江・久場・門中. 14世紀頃、当時の『明』(現在の中国)国より久米三十六姓とよばれる職能集団が、琉球と明との交流(進貢貿易)をになう人々として琉球へやってきた。中国人は紀元前の昔から『姓(氏)+諱』という姓名と『号』(童名:通称で呼ぶ名)の両方の名があった。 私の祖母が言うには、百十踏揚の子孫だといいます。仏壇の上には亡くなった先祖の方々の写真が飾られていますが、それに並んで、鬼大城におんぶされている百十踏揚の絵が飾られています。戦争で、ほかのものは焼け、1枚しか残らなかった 毛氏池城、毛氏豊見城を合わせて、四大名門とも言う場合もある。 王族だと「御殿(うどぅん)」、士族だと「殿内(殿内)」がついて呼ばれる。 →「四大名門門中」参照。 >> ページに移動 【門中家譜による王族御殿と殿内】 中城按司護佐丸=毛氏:豊見城殿内 豊見城盛隆(#19:首里寒川) 東風平親方=東氏:津波古殿内 津波古政弘(#17:寄宮) a a' aaaa越来王子:尚儲=向朝理: 湧川殿内 湧川朝永(#22:寄宮1) bbbb浦添王子:尚維衛=向朝満: 小禄御殿 翁氏 永山殿内(おううじ ながやまどぅんち)は、唐名・翁寿祥、国頭親方盛順を元祖とする琉球王国の士族(首里士族)。 王国末期に中城間切津覇村(現・中城村津覇地区)の脇地頭を務めた。 五大姓(名門)の一つ、翁氏の大宗家(本家)。 元祖・盛順は三司官並びに石奉行を務めた。 「馬氏小禄殿内」についてGoogle検索でもっと調べてみる。 >> Googleで「馬氏小禄殿内」「家系」「門中」で検索 「馬氏小禄殿内」についてGoogle画像検索でもっと調べてみる。 門中で執り行う伝統行事も盛んで、春の清明の節になると一門揃って先祖の墓参りに行き、墓前祭祀を通して一門の絆を深めます。門中はその出自によって大きく二つに分れ、士族門中と平民門中とがあり … 歴史 - 教えてほしいのですが、お墓に「夏氏」と書かれていて、家紋も入っているのですが、家紋は鬼大城賢雄のものでした。「夏氏」とは何ですか?親族もわからないようです。ちなみに沖縄の門中墓です。 馬氏 小禄殿内(ばうじ おろくどぅんち)は、唐名(カラナー)・馬良詮、(大)浦添親方良憲(中国語版)を元祖とする琉球王国の士族(首里士族)。五大姓(五大名門)の一つ、馬氏の大宗家(本家)。王国末期に小禄間切(現:那覇市(小禄地区))の総地頭を務めた琉球王国の名門氏族。 琉球の地頭一覧(りゅうきゅうのじとういちらん)は、沖縄の琉球王国において、間切、村を采地(領地)として賜った王子地頭、按司地頭、総地頭、脇地頭の一覧である。 出典は『琉球藩雑記三(家禄・官禄)』に拠る。1873年(明治6年)時点での一覧である。 教えてほしいのですが、お墓に「夏氏」と書かれていて、家紋も入っているのですが、家紋は鬼大城賢雄のものでした。「夏氏」とは何ですか?親族もわからないようです。ちなみに沖縄の門中墓です。雑駁に言うと、1.夏姓は夏氏の元祖大城 元祖・義才は、福建福州府長楽県出身。 【本部】琉球王府時代の首里系士族の大浦添親方(馬氏、小禄殿内)が一世で、與那原殿内(一世・平良良安)を先祖に持つ瀬底アガーリ(シークウェーキ)門中の上間、大城両家の家系図がこのほど完成した。上間家系統十世で町谷茶に住む大城正和さん(76)が50年以上かけて作製した。 私達は、沖縄の昔の侍~与湾大親~からの流れ馬氏(ばあうじ)の中のナカムゥートゥ家の馬氏 小渡・桑江・久場・門中(一門)です! また、もともと北山が天孫氏の支配下にあったのではなく、天孫氏は今帰仁から次第に中南部に広がったという見解である。 今帰仁村歴史資料準備室編集の『なきじん研究1993vol3 今帰仁の歴史』では、特に文献に出てくる14世紀以後の今帰仁を次のように時代区分している。 続きを見る ». 鄭氏 湖城殿内(ていうじ こじょう、琉球方言こぐすく、どぅんち)は、鄭義才を元祖とする琉球王国の士族(久米士族)。 久米三十六姓の末裔のひとつで、王国末期に小禄間切(現・那覇市小禄地区)湖城村の脇地頭を務めた。. ・小禄自治会 ・小禄ノ嶽まーい ・真玉嶽まーい ・真玉嶽物語 ・2001字小禄大綱引き ・小禄クンジー(ウルクくんじー) 参考意見(2008年7月) 字誌は「多少正確でない可能性がある」と下記のご指摘があり … すると、当蔵村の小禄家とは、小禄間切の総地頭家・馬氏小禄家であったことが分かります。 最後に「 馬姓家譜(小禄家) 」を見ると、この小禄里之子は、小禄殿内12世・小禄親方良忠(唐名・馬克承、1819 - ?)だったことが分かります。 馬氏小禄殿内. 29 likes. 氏 小禄殿内(ばうじ おろくどぅんち)は、唐名・馬良詮、(大)を元祖とする琉球王国の士族(首里士族)。五大姓(五大名門)の一つ、馬氏の大宗 … 本部朝勇(もとぶちょうゆう)先生は、1857年、琉球王族・本部按司朝真の長男として出生されました。王朝時代の正式名は、伊野波按司朝勇と言いました。伊野波按司(いのはあじ)とは、本部按司の嫡子の称号で、本部御殿が領した本部間切の中心である伊野波村に由来します。 東氏(とううじ) 元祖・東風平親方政真(本家/津波古殿内 45冊) 麻氏(まうじ) 元祖・大城按司真武(本家/田名殿内 52冊) 馬氏(ばうじ) 元祖・浦添親方良憲(本家/小禄殿内 40冊) 傅氏(ふうじ) 元祖・佐辺親方厚旨(本家/池原家) 鄭義才を祖とする鄭氏門中会のコミュニティ 久米村(方言:クニンダ)の歴史、文化、職能集団としての、 働きぶりが、分かります。 曳いては沖縄の歴史も垣間見えます。 カテゴリ順に見ていきましょう。 翁氏伊舎堂殿内 〜翁氏永山殿内の分家にして総地頭の家系。 馬氏小禄殿内 〜浦添親方 良憲 ( りょうけん ) を祖とする士族の家系。 ※「王家の分家」とは、王子たちが「尚」なのに対して、王を継がなかった王子の子孫が分家であり、「尚」より二画を欠いた「向」を名乗る。 沖縄タイムス社のニュースと電子新聞サイト。沖縄県の最新ニュースに加えて、おくやみ、人事、観光、グルメ、イベント、コラム、プレゼントなどの情報も。 弊社で作成している系図は門中系図です。よく親族図と取り違えて質問される方もおりますが、門中は男性の血筋を中心に記入されます。親族図の場合、6親等の血族と3親等までの婚族を記入しますが、門中は血族だけをすべて記入しますが、婚族は自分の配偶者のみを記入し、その親、兄弟、甥姪、叔父、叔母などは一切、記入されることはありません。, 門中で自分のルーツを探る場合、自分のすぐ上の代には親がおり、親には父がおり母がおります。門中で記入するのは男性、即ち父親のルーツを探ることになります。父親はその親の代、即ち祖父の何男になっているのか?長男か二男か、それとも何男になっていたのか?そのルーツを探ります。祖父の代でも同様に、その上の代の何男になっているのか、そのルーツを探ります。, 勿論、母親にも父母(祖父母)がおりますが、そのルーツは記入されることはありません。あくまでも男性の血筋が中心になります。, 何故、門中では男性の血筋を中心に記入されるのか、そこには男尊女卑の考えがあるということではなく、男性の役割と女性の役割をハッキリ分けて考えるからです。そこで門中とは何か、門中の役割、門中のしくみを改めて考えてみたと思います。何故なら系図は、門中を図で表したものであり、門中を正しく理解することなしに、そこに何が書込まれているのか、また何をどう作成すればよいのか分からないからです。, 沖縄では一族、一門のことを「門中」と呼び、共通の始祖をもつ父兄血縁の集まりをいいます。門中で執り行う伝統行事も盛んで、春の清明の節になると一門揃って先祖の墓参りに行き、墓前祭祀を通して一門の絆を深めます。門中はその出自によって大きく二つに分れ、士族門中と平民門中とがあります。, 沖縄タイムス大百科事典によると士族門中とは共通の始祖をもつ、意識の拠り所となる家譜を有する、家譜の創姓に由来する中国的な姓を共有、始祖の墓所前で定期的な子孫祭祀を行う、父兄血縁を貫き他系の婿養子をとらないが養子をとるときは同じ門中から取る、位牌の祭祀権は長男が優先的に継承する、としています。, 平民門中の場合は、家譜がないため中国風の姓も持ちませんが、残りは全て士族も平民も内容は一緒です。, これは共通の始祖を中心として、その子孫血縁の子孫に一代大家族的な世界を実現しようとする考え方です。丁度家族が共通の親を中心として兄弟が全て平等な立場であるように、門中も共通の始祖を中心として、同じ子孫としての誇りと自信を共有するものです。. 馬氏は王家一門である向氏を除くと、五大姓(名門)のうち三司官を最多の21人出し、王家とも姻戚関係で深く結ばれた屈指の名門であった。 ︎ 琉球王国(りゅうきゅうおうこく)は、1429年から1879年の450年間、琉球諸島を中心に存在した王国。 毛氏(もううじ)豊見城家は、琉球の、五大名門家の一つです。 その他は、王家の分家である向氏、何人もの三司官を輩出して 王府で活躍した、翁氏(おううじ)、馬氏(まーうじ)、毛氏池城 (もううじいちぐすく)があります。

パワプロ2020 マイライフ 変化球ラボ, 鈴木 保奈美 髪型 くせ毛, 英語 自己紹介 趣味 音楽, ペンス 韓国 ハングル, 明石家さんま ラジオ 2020, Jリーグ 海外移籍 噂, イギリス ロックバンド 70年代, 京都橘高校 吹奏楽 部 パーカッション, トリック 双子 牛乳, 夜中 ピンポン 警察, Jsports 野球 テーマソング 2020, 北海道 フットサル 募集,

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

シンプルでカスタマイズしやすいテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。