日ハム 寮 規則

2020å¹´12月4日 お知らせ 令和3年「中標津町成人式」の開催延期について 2020å¹´12月3日 更新情報 第7期計画策定に向けた取組状況 2020å¹´12月1日 お知らせ 令和2å¹´12月29日(火)、30日(水)のマイナンバーカード交付等について 「食を支え,くらしを守る」人材の育成を通じて, 地域及び国際社会へ貢献する帯広畜産大学の公式ウェブサイトです。 鋪自身も1966年度卒の野球部obであり、研志寮で3 … 2006年夏の甲子園の、駒大苫小牧高校対早稲田実業高校の決勝引き分け再試合では、甲子園の歴史に残るほどの名勝負になり、死闘の末、早稲田実業が甲子園優勝校となりました。あの時の試合は、tvの前の私の記憶にも焼きついており、私の観 ャルならではの公式情報をファンのみなさまに提供しま … ェルジュサービス、栄養バランスの良い食事など、お客様のビジネスライフを快適にサ … プロ野球の実例を紹介! バット、ヘルメット、グラブ……ボールじゃないものを投げたらどうなる!? ョンなど便利なサービスを展開しています。 性が今年9月、店を経営する会社…(2020å¹´11月6日 … 駅東口駐輪場 東京都 (ひとこと) 勇翔寮で洗濯の仕し、若い選手たちと 触れ合い元気を貰っています また日本一になれる よう応援しています (ひとこと) 毎日、一万歩、歩くように心がけていま す JAPANドームでのソフトバンク対日本ハム戦の始球式投手として、余興ながら森本と1打席の真剣勝負を行った(「新庄劇場#始球式」を参照)[195]。11月23日、札幌ドームでの日本ハムのファンフェスティバルにて特設スペース「SHINJOコーナー with ひちょ」が設置され、自身プロデュースの自社商品および森本のプロデュース商品などが販売された[196]。28日、ホテルオークラ東京にて「2009年 新庄剛志 全計画」と題し、翌年の自身の活動予定(自社商品の開発・俳優・歌手・地方競馬の馬主〈後述〉・画家)を発表した[197][198]。, この頃、絵画制作モデルとして購入する馬が地方競馬の競走馬となる予定であることから[199]、地方競馬全国協会 (NAR) の馬主資格を取得していた。同馬はタノシンジョイ号と命名され、2009年9月の初出走で勝利を挙げた(翌年には中央競馬へも一度出走)。また翌年公開予定の映画『僕たちのプレイボール』の製作総指揮(エグゼクティブ・プロデューサー)を務めた[200]。同作品主演・小原裕貴が11月1日の日本シリーズ・日本ハム対巨人第2戦(札幌ドーム)にて始球式投手を務めた際に、付き添ってグラウンドへ登場し[201]、その後の同試合テレビ中継にて自身初の野球解説を担当した(後述)。, 2010年前半を最後にメディア出演がなくなり、この頃よりインドネシア・バリ島へ移住した。当地への移住を決めるきっかけはCM撮影での訪島であった[202]。モトクロス競技の練習は当地を拠点として行っていた。また当地では日本で始めた絵画制作に加え、当地の子供達への簡単な野球指導も行っている[203]。, 2011年8月初旬、自身の父親の通夜・告別式にてメディアに映った[204]。9月8日放送のTBS『世界の強運実話!もってる人グランプリ』にて2年ぶりにテレビ番組へ出演し、以降も仕事などの度に日本へ帰国している。10月、球団買収される予定の横浜ベイスターズ(現:横浜DeNAベイスターズ)の買収企業がDeNAとなる場合の、次期監督の最有力候補に挙がっていると『サンケイスポーツ』が23日より複数回に渡り報じるも実現しなかった[205]。12月9日、野球殿堂入り候補者名簿・プレーヤー部門に掲載された(後述も参照)。, 2012年11月18日の阪神対巨人OB戦(甲子園)では試合には参加しなかったが、試合のダイジェスト番組の企画で松村邦洋らがバリ島の自宅およびモトクロス場を訪れた時に収録した、新庄からのビデオメッセージが試合のイニング間に大型ビジョンで放映された[206]。, 2019年11月13日、自身のInstagramに動画を投稿し、翌年のトライアウトを受験し現役復帰を目指すためトレーニングを始めると発表した。清原和博が「WorldTryout2019」の監督に就任したことで刺激を受けたとしており、動画では「みんな、夢はあるかい? 1%の可能性があれば、必ずできる。きょうからトレーニングを始めて、もう一回、プロ野球選手になろうと思います。みんなも何か挑戦しようぜ」と語りかけた[207]。同月18日には日本に帰国したことを自身のInstagramで報告した[208]。, その後、2019年11月27日付で任意引退選手公示が抹消され、自由契約選手公示された[20][209][注 20]。, 2020年12月7日に行われた12球団合同トライアウトに日本ハム時代のユニフォームで参加。第4打席に日隈ジュリアスから適時打を放った。, 2006年4月18日、恩師である中村勝広監督が率いるオリックス戦(東京ドーム)2回裏にダン・セラフィニからソロ本塁打を打ちホームインすると、普段とは異なり外野応援席方向へ向かい、脱帽して深々と一礼した。攻撃が終わり守備位置に就くと再びファンに一礼(阪神時代途中からファンの新庄コールに対しては、一礼からガッツポーズに変えていた)。しばらくすると、恒例の本塁打の打法名が「28年間思う存分野球を楽しんだぜ。今年でユニホームを脱ぎます打法」と発表され、当シーズン限りでの現役引退表明がなされた。7回裏に金子千尋から満塁本塁打を打つと三たびファンに一礼し、今度は打法命名がなされなかった。チームが勝利して受けたヒーローインタビューでは、冒頭からしばし沈黙した後に自らマイクを握り「ええ……今日、ヒーローインタビューという最高の舞台で報告したいことがあります。タイガースで11年、アメリカで3年、日本ハムで3年……。今シーズン限りでユニフォームを脱ぐことを決めました」と観衆に改めて宣言した。引退を決意した決め手は開幕戦で観客満員を達成したことであり、早ければその翌日にでも表明するつもりでいたという。なおその決意はあらかじめ専属広報の荒井修光へのみ明かしており、試合中の発表直前に荒井の判断でGMの高田繁など一部の関係者へのみ伝えられていた。またこの日の表明に踏みきった理由には、東京ドームが球団の前本拠地であり、自身のプロ初出場時の球場でもあるということもあった。[176][211], 翌19日の試合前には監督をはじめとした現場の人間へ、早い時期に引退表明を行い驚かせた件、決意を一部の人間へしか伝えていなかった件を謝罪。早期表明の理由を「1人でも多くのファンに球場へ足を運んでもらいたいから」と説明し、理解を得た。[212][143], 足の故障に関しては、MLB時代に筋肉を2本切っていた[216]。動体視力の低下に関しては、2006年の開幕後1週間ほど経った試合から急に投球が霞んで見えだし、特に右投手のカーブと左サイドスロー投手の投球が見えなかったという。この動体視力低下の件は現役中は球団関係者へも明かしておらず[215]、またMLB時代の2002年頃に原因不明の目の痛みを抱えていたことも、引退後に判明した[217]。, 当時CM出演契約中であるダイドードリンコ・D-1 COFFEEの「SHINJO引退記念缶」が2006年10月2日より同年12月まで限定発売され、同時に「SHINJO引退記念キャンペーン」も展開された。またゼイヴェルと新庄の所属事務所(当時:剛ゴーエンタープライズ)が業務提携して開いた引退記念グッズショップが同年10月3日より全国数か所を行脚して設置された[218][219]。, 現役引退後よりエアブラシアート(エアブラシを使用する絵画制作およびメイクアップ)に取り組み、特に絵画制作には没頭した。2018年の取材時点では絵画制作を行っていない[220]。, 作品数は2008年12月時点で30作を超え、数作品を公式ブログにて公開中で、個展の開催経験もある(#個展を参照)。作品の売却収入もあり、代々の自宅にはアトリエを設置している。絵画制作を始めたきっかけは、2008年11月23日放送の日本テレビ『行列のできる法律相談所 ~有名人100枚の絵でつなぐ カンボジア学校建設プロジェクト~』のチャリティーオークションへの出品作品を描いたことである[199]。同プロジェクトへ参加した理由は、前年に出演した日本テレビ『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』の企画にてカンボジアへ行き、現地住民の厳しい生活状況を目の当たりにしていたためである。その作品は「青空・夕空・夜空」を描いたもので、タイトル「Shinjo is Shinjo」と命名。日本ハムファンの人物により300万円で落札された[221]。また#関連CDアルバムの節も参照。, エアブラシをメイクアップに応用した新技法(エアブラシメイク、「エアブラシ#利用例」を参照)にも取り組んでおり、アメリカ・ハリウッドで生まれた同技法の日本での普及を目指す活動のプロデュースを手掛けた。エアブラシメイクの複合ビル「HOLLYWOOD AIR TOKYO」(東京都渋谷区)の2009年のオープニングセレモニーでは、エアブラシによるテープカットを行った。[222][223], 現役引退後の2011年より移住先のバリ島でモトクロス競技の練習を開始してプロレーサーを目指し[224]、2016年ごろまで練習を行っていた。郊外の自宅近所に練習場(日本円にして2000万円規模)を開設して、地元住民へも無料開放している[19]。2012年には日本のスポーツランドSUGOで成田亮と共に走行練習を実施した[225][226]。, 守備において、NPB・リーグ外野手のレンジファクター (RF/G) 年間1位を3回(1993年、1998年、2004年)、2位を4回(1994年、1996年、2000年、2006年)記録[227]。MLBでは2002年にリーグ外野手および中堅手の同指標 (RF/9) 1位を、リーグ中堅手のTotal Zone Runs (TZR) 2位を記録[132]。外野守備機会でNPB/MLB通算100補殺以上を記録している。受賞歴としては、NPBのゴールデングラブ賞を受賞資格(チーム試合数の1/2以上を同じ守備位置で出場)を得た年は、1995年以外全て受賞している(外野手部門を10回)。, 外野守備に対して一切の手抜きがなかったと評されたことがあるが[228]、飛球に対し故意にスタートを遅らせて刺殺しなかった経験があり、その動機は該当試合で打ちこまれていた投手からそれ以前に、打撃陣の不振のせいで勝てないと批判されたことを思い出したからという[229]。なお、この故意に刺殺しなかった行為を初めて告白した際には、動機を「延長戦に入っていた試合後にコンパへの参加を予定していたので、早く試合を終わらせたかったから」という趣旨で説明していた[229]。, 打撃において、年間での打率3割や30本塁打に到達した経験はない。生涯成績ではNPB/MLB通算1500本安打・NPB通算200本塁打といった節目の記録に到達している。タイトル争いの経験としては、阪神時代2000年の最多勝利打点(特別賞)を1点差で逃している[99][100]。, 走塁において、年間盗塁数は一桁台の年がほとんどであるが、阪神時代に年間のチーム最多盗塁を3回(1993年、1997年、2000年)記録[101]。年間三塁打数は阪神時代にリーグ最多を2回(1994年、1999年)記録している。, プロ入り前より外野手であったが、1年目の1990年に中堅手から内野の遊撃手へ転向した[37]。一軍公式戦での主な守備位置の遍歴は、1991年9・10月:遊撃手→1992年主に5・6月:三塁手→主に6・7月:遊撃手→7月以降:中堅手へ定着である。[注 1], プロ1年目の1990年シーズン中に中日・立浪和義遊撃手の守備から刺激を受け、自らコンバートを志願して遊撃へ転向した[37]。1992年5月下旬の一軍昇格時の三塁守備はトーマス・オマリーが離脱中の措置であり、その後久慈照嘉が離脱中の遊撃を経て中堅へ戻り定着するも、翌1993年1月のコーチ会議で遊撃への再コンバートが決まった。同年春季キャンプにて久慈と守備位置を競うも守備力評価で劣り、腰痛の影響や首脳陣による「遊撃を守ることによりパワーのある打撃の長所を消してはいけない」との判断もあり、同キャンプ中に再び中堅へ戻り、そのまま外野手としてキャリアを終えた。[230], 主に三塁に就いた1992年6月(下旬は遊撃)にJA全農Go・Go賞・好捕賞を受賞した。中堅への定着後も阪神在籍時最後の2年間に一塁以外全ての内野守備経験がある。また三塁へは1994年・1999年のオールスターゲームでも就いた[59][90]。, NPB公式戦での外野守備は全て中堅手としてであり、中堅守備について自身は、投手の動きがよく見えて投手へ助言できるからと好む。左翼・右翼守備の経験は、阪神時代のオールスターゲーム・日米野球であるほか、MLB公式戦では両翼ともに毎年あり、1年目の2001年は両翼へも万遍なく就いた。, 守備理論に独自の合理性のもと拘りをもち[231]、日本ハム時代の外野守備走塁コーチ・平野謙や左中間コンビを組んだ森本稀哲は、その理論には驚く点があるという[232]。, ボールカウントなどの状況や、投手と打者の特性の組み合わせにより、独断で頻繁に時には大幅に立ち位置を変える[233]。また中堅から両翼の選手へ指示を送るリーダー的存在である期間が長く[234]、自身が二塁守備へまわった際にも、その場から先輩外野手へ合図を数度送っていた[85]。, 自身は少年野球の子供達にも向けた提言として「投手の投球モーション時に上半身を屈める構えは、外野への打球の大部分である飛球の場合に上体を起こすことで一瞬目線が浮き上がり、それだけでスタートが遅れてしまう。自分の場合は常に上体を起こして体の力を抜いた状態でいて、小刻みなステップを踏みながらスタートのタイミングを計る」と解説する。[235], 元外野手の高田繁や本西厚博(元同僚)は新庄の守備の優れている点として「打球を予測する勘、嗅覚」を挙げた[228][236]。走者が次々塁を狙った場合に余裕で補殺できると判断すると、狙わせるためにあえて捕球を遅らす[227]。, 平凡な飛球でも落下点へ入った後に軽くジャンプしながら捕球するというスタイルであり、これは高校時代に先輩が2階から落とす生卵を割らないようにキャッチするというトレーニングを行って身に付けたものである。阪神時代に少年野球の指導者より、野球少年に悪影響を及ぼすと指摘されたことを機に大熊忠義コーチと結んだ、もし落球した場合はやめるという約束により一時封印して以降は[237]、引退までこのスタイルを貫いた。自身はその利点について「走り込んできて、フライ性打球は上方向、ライナー性は横方向へ早めにジャンプして、その頂点で打球を見ることで目線が一瞬止まり(ぶれを防ぎ)、打球の急な変化に対応できる。そして着地しながら捕球することで、打球の勢いを吸収できる[235]。さらに着地後には、その勢いですぐにスローイング(送球)できる」と解説し、これらを知人から「新庄式野球力学」と からかわれるという[231]。このスタイルはアメリカで「Shinjo hop」[238] 「Shinjo's crow hop」[注 21]と称されている。[75], ダイビングキャッチを行う外野手であり[240]、人工芝上で、袖の無いアンダーシャツを着用して腕を晒した状態であっても敢行した[241]。, 捕球してから送球に移るまでの動作時間が速い[242][236]。内野手の中継に送球する前の飛球捕球や、跳ねたクッションボールを素手の右手で捕る際などには、スローイング体勢に入りながら捕球する[243]。送球の球筋が変化してしまう場合には、ブルペンで投げ込み修正していた[141]。また強度の投げ込みを行い、肩と肘の張りをつくるという独特の調整法もとった[244]。, 若手時より球界の人間からも強肩と評され[245][246]、その肩力をMLB時代のテレビ実況が「ロケットアーム」と称した[13]。日本ハム時代の遠投は130メートルほどであり[247]、阪神時代の1997年オールスターゲーム試合前の投球スピードコンテストでは147km/hを記録した[248]。阪神で同僚時の定詰雅彦捕手は新庄からの本塁送球について「きれいなストレートの球質。ワンバウンド送球時、手元までグゥーと伸びてくるので、どこでバウンドするか判らない。彼の強肩なら、送球が内野手の頭上を通過するノーバウンドのバックホームをしたとしても、打者走者は送球間の二塁進塁を狙わないと思う。」と語った[248]。, 他の野手の守備へのバックアップを怠らない[249]。MLB時代の2002年には中堅手としてランダウンプレイに加わり刺殺を記録した[250]。, 2000年5月25日の中日戦(甲子園)6回表同点無死一三塁の場面で、打者・レオ・ゴメスが打ち上げた左翼手の定位置付近への飛球の落下点に坪井智哉が入ろうとしたところへ、中堅・新庄が声で自身の到達を知らせながら走り込み(坪井から譲られて)捕球して本塁へ送球し、タッグアップした走者・李鍾範を補殺した[251][252]。2002年には中堅から走り込んで右翼守備をカバーして補殺したこともある(前述)。, 日本ハム時代、左翼・森本稀哲、右翼・稲葉篤紀との外野陣を2005年に10数試合、現役最終の2006年には1年を通して形成し、3人揃って2006年度ゴールデングラブ賞を受賞した(同一チーム選手での同賞の外野手部門独占は1978年の阪急ブレーブス〈福本豊・簑田浩二・バーニー・ウイリアムス〉以来、史上2回目)。この両翼の2人と「左(右)中間への深い打球を捕球→体勢が悪い時は相手にトス→トスを受けた方が補殺を狙う」という連携を時折行った。, 日本ハムでは投手交代時に外野3選手が中堅の位置に集まり、立て膝をついて膝を突き合わせ、グラブを帽子の上に被ってミーティングするシーンが恒例となった(新庄の発案)。2006年の日本シリーズ第4戦では、外野に加え内野でも4選手が集まり同じポーズをとって話す姿が見られた[253]。新庄の引退後も日本ハム外野陣はこのポーズでのミーティングを続けている[254]。, 日本ハム時代には「走者がいる場面で後方への飛球を追い、刺殺は無理でフェンスに直撃すると判断すると、咄嗟に振り返って打球に正対する体勢を一度とり、塁間で打球を見極める走者に一瞬「捕られる」と思わせてタッグアップに備えリタッチさせるなど惑わせて、その走者の進塁を一つ少なく抑える」というトリックプレーを稀に行った。, 1998年秋季キャンプから外野手との兼務(二刀流)を目指して投手としての練習を開始した。この挑戦について自身は「センターの守備位置からリリーフ登板してみたい」と発言するなど乗り気であった。挑戦の発案者である監督の野村克也が発案した理由は、投手をやることで、打撃時に活かせるよう投手心理を理解してほしいため、また、上半身主体ではなく下半身を使う打撃に活かしてほしいためであるが[255]、当時に野村は「あれだけの強肩の持ち主。どんな球を放るか元捕手として純粋に興味がある。」「下半身の使い方を覚えたら150km/hは出る」などとも話していた。[256][257][258], 翌年のオープン戦では、3月5日の巨人戦においての初登板でリリーフの1回を三者凡退に抑え、球速143km/hを記録した(藤崎台県営野球場)。次の登板(リリーフ)となる21日、福岡ドームでのダイエー戦では自己最高の145km/hを記録し、フォークボール(佐々木主浩から教わった)で本間満から三振を奪い、合計2試合で2回を投げて奪三振1・被安打および被本塁打1(打者:松中信彦)での失点および自責点1を記録した[259]。しかし傾斜のあるマウンドからの慣れない投球動作により、また当時の肘痛をかばって投げていたことも影響して、左膝を痛めたために挑戦は断念した。[256][257][258], 高校時代は外野手であったが、1年秋・新人戦の準決勝・決勝ダブルヘッダーにおいて、エース投手の故障による代役として連続完投勝利を記録した。自身は「投手は好きではなかったし、コントロールもなくカーブなどの変化球が投げられなかった」という。当時の監督で新日本製鐵堺硬式野球部監督時代に野茂英雄を発掘した浜崎満重は、新庄を投手として育てなかった理由を「外野守備に天性のものがあった。加えて性格的に常に一生懸命投げるから肘を壊しかねず、素直なので打者に球種を読まれる恐れがある。」と説明した。[260], 投球初球からでも積極的にスイングする[261]。新庄の打撃の特徴について、ヤクルト監督時代の野村からは「状況によらず、強引に長打狙いのフルスイングをする」と評され[262]、同じくヤクルトの捕手として長年に渡り対戦した古田敦也からは「狙い球を変えずにヤマを張ってフルスイングし、腹をくくって打ってくる。例えば1・2球目にカーブが連投されたのに対し、直球を待っていたと予想される空振りを連続でした後の、(一般的に打者は空振りした球種を次も待つ傾向にあるので)今度はカーブを狙ってくるであろうと投げられた3球目の直球に対し、またも直球を待っていたと予想されるスイングで本塁打を打つ(そのようにして打たれた経験がある)。一般的な打者に対してのマニュアルから外れるという意味で嫌な打者。」との趣旨で評された[263][264]。, プルヒッターであり、阪神時代の145本塁打中で右翼方向への当たりは4本であった[99]。左投手に対しての成績は右投手に対してより良い場合が多く、大差がつく場合もあった。MLB時代における2年目中盤以降は左投手時限定での起用が多かった[140]。比較的に直球を得意とし、フォークボールなどの落ちる球種をはじめとした変化球を苦手とする[99]。変則投法に対し苦手意識があり、日本ハム時代に対戦した右アンダースローの渡辺俊介(ロッテ)からは安打できず、次第に渡辺との対戦では起用されなくなっていった(通算対戦17試合で6打数3三振。2006年は対戦6試合で打席なし。)[265]。, 阪神時代2000年にキャリア最多28本塁打を打ち、そのうち「先制・同点・勝ち越し・逆転」の殊勲本塁打は20本あり、勝利打点13はリーグ2位(1位とは1回の差)[99][100]。MLB通算での満塁時の成績は打率.400(25打数10安打)・本塁打2・打点30であり、特に初年度2001年は打率.583・打点17を記録し[125]、同じく2001年にチーム最多タイとなる勝利打点11を挙げるなど[126]、クラッチヒッターであるとの声が挙がった[122][123][121]。NPB/MLB通算での満塁本塁打は9本、サヨナラ安打は10本(そのうち本塁打4本)である。, 打撃において最も影響を受けたコーチは、プロ入り時の二軍担当で後に一軍でも指導を受けた柏原純一であり、すり足打法(後述)や敬遠球を打つ練習などの試行錯誤を共にした(前述も参照)。自身の打撃に対する考えや談話の中には「思いきり振っただけ」などのように単純明快な表現があるが、阪神打撃コーチ在任時の長崎慶一は若手時の新庄について「あの年齢であそこまで(打撃について)考えている選手はいない」と評している[266]。打撃復調へのヒントを求めて、グラウンド整備担当者に対して自身の状態を尋ねたりもした[267]。, 両手を伸ばしてバットを高く掲げ、呼吸をするように幾度か全身の背伸びを繰り返す。この待機の仕方は「ジャック打法」と呼ばれた(由来は童話『ジャックと豆の木』より[268])。この動作は形を変え、時には行わず、MLB2年目ごろまで続けた。MLB1年目には相手チームから「両手を上げた脇の下から捕手が出すサインを覗いているのではないか」という疑惑をかけられたこともあるが、以後も自己流を貫くと疑惑は消えていった[268]。この動作の全身が伸びきった状態を描いたイラストレーションを自身の個人マークとして、グッズなどに使用している[16]。また新庄をモノマネするタレントの神奈月は、演じる際に新庄の特徴としてこの動作を強調する[269]。, 一本足打法の時期が殆どである。阪神時代後期にはマーク・マグワイアなどを参考にした、すり足打法の時期もある[270]。特に阪神時代は成績不振と打撃コーチが頻繁に交代することも影響して、フォームの試行錯誤を繰り返した[63]。, 柏原コーチ指導のもとで年間本塁打・打点のキャリア最多を記録した2000年シーズン序盤、自身はそれまでバットスイングにおける最大の弱点とされたドアスイング(トップからインパクトにかけてバットヘッドが遠回りをして出てきてしまうスイング)について「昨年まではバットを棒のように使ってしまっていた」と表現し、好調の要因については「バットを鞭のように使って打てた」「バットヘッドの重みと投球のスピードを利用して打てた」などと表現した[49]。, 日本ハム時代、自身は右腕の筋力が左に比べ強くなりすぎたことを気にしていたが、白井一幸ヘッドコーチのアドバイスでアッパースイングでバットを振ることで成績が向上した。2005年6月12日の阪神戦で、阪神甲子園球場の左翼席中段まで本塁打を運んだこともある[165]。, 本塁打となると自身が確信する打球を放った直後にバットを高々と放り投げる[271]。これは後述の行為と共にMLB1年目に相手チームより挑発的と解釈された行為であるが、放り投げる理由にはグリップに滑り止めの松脂を多量に塗っていて手が離れにくい事情もある[272][273]。, ストライドが広く[274]、一つ塁を回って以降のトップスピードが速い[275]。右打席でスイングが大きいため一塁までのタイムは4.4秒と平均を下回る[276]。高校時代の直線100メートル走タイムは11.7秒[29]。, 阪神時代にヘッドスライディングを行い左肩を二度故障して以降はこれを封印するが、2004年のオールスターゲーム第2戦では球宴を盛り上げるためにと試みた本盗時に敢行している。[277][162], 打者走者として一塁へ駆け込む際では珍しい、守備側選手との接触を回避するための足からのフットファーストスライディングをMLB時代以降に稀に敢行し、2001年の「カミカゼ・スプリント」と称される併殺を阻止した走塁の際にも足から滑り込んでいる。, 本塁打を打ったホームイン時に手で触塁することがある。これは前述の行為と共にMLB1年目に相手チームより挑発的と解釈された行為であり、この行為は以降MLBでは封印した。手を使う理由はベースを土で汚さないためであり、球審から礼を言われたこともあるという。[114][278], 2011年12月9日、野球体育博物館「平成24年・第52回競技者表彰委員会・野球殿堂入り候補者名簿」のプレーヤー部門に掲載された。得票は5で翌年の名簿から外れた。[279], 日本プロ野球選手会が2000年より毎シーズンオフに行っている「選手が選ぶ!ベストナイン・中堅手部門」アンケートで、2004年・2006年に選出された。[280], 2010年のオールスターゲームに出場の「選手が選ぶ思い出のオールスター・ランキング」アンケートを中継局・テレビ朝日が行った結果、2004年の本盗が7票を集め第1位に選出された。投票者は、井口資仁、青木宣親、前田健太、他4名。他にプロ入り前にオールスターを観て印象的だったとして、現役時の取材でこのプレーを挙げた選手には、坂本勇人、柳田悠岐、宮﨑敏郎、小川泰弘などがいる[281][282][283][284]。, 北海道日本ハムファイターズは札幌ドーム内の球団事務所を2012年に大幅改修した際、1階会議室の3部屋それぞれの部屋名に「北海道に移転してからの球団の功労者」として、トレイ・ヒルマン、新庄、ダルビッシュ有(入団順)の3人の姓のアルファベット表記を使用した。[285], 時にはドラフトで注目された選手など、プロ入り前後の選手がもつ高い身体能力や野球センスが「新庄級」「新庄みたい」などと評されたり[286][287]、そのような評判を得た新庄と同じ九州出身の外野手が「新庄2世」と称されることがある(甲斐雄平、武田健吾など)[288][289]。, Deadspin(英語版)が2011年発表の " The 100 Worst Baseball Players Of All Time: A Celebration " に「But They Had Good Points(しかし、彼らは良い点を持っていた)」というグループで選出された。[290], 現役最終の2006年は特定の企業と契約せず、プーマ社から衣装類の、ルイ・ヴィトン社から野球バッグ類の提供を受けるなどした。[294][295], 初任給を使い7,500円で購入し、MLB時代の同僚に誤ってスパイクシューズで踏まれて大破損したりと4回の大補修を重ね、現役引退まで使用した[189][297]。ひとつのものを長年使い続けるプロの外野手は稀であるが、これには父親からの「商売道具を大事にしろ」という教えが影響を及ぼしていた[204]。保管の際の湿気などにも気を配り、自身の「もうひとつの手」と称する拘りの代物で、現役の間は他人がはめることを許さなかった[189][298][299]。冗談交じりにながら「もし盗まれたら引退する」と語ったこともある[235]。引退会見では、前日の最後の試合でタイロン・ウッズのライナーを捕球した際に破けたりと、消耗度合いが限界まで達していると語った[189]。2011年に父親が死去した際に、このグラブも棺に納めた[204]。, 打球の手元での急変化に対応するため、ポケットが「土手・中央・ウェブ・ウェブ先端」の4か所にあり、ウェブ先端部分から外側にボールが半個分ほど飛び出した状態でも捕球できるという。使用時は手との固定のため、守備用手袋に松脂を塗布する。グラブ外側の親指部分に「 (TH) 63」(阪神球団マークと入団当初の背番号)と黒色で刺繍を入れている[300]。現役最終年には、手首(甲側)の商標位置にオリジナルタグを縫い付けていた(デザインは自身の個人マークと「Shinjo」の筆記体表記)[301]。, 高校時代は久保田スラッガー社製・外野手用を使用。特注品であり、各パーツなどについての注文事項を記した手紙を同社へ送付していた。受注した「日本屈指のグラブ作り・型付け名人」として知られる江頭重利は、あんなにも事細かな注文を受けた経験はないと語っている[注 22]。, 他選手よりの譲受品や借用品も試合で時折使用し、プロ初本塁打はトーマス・オマリーのもので[303]、2001年には全10本塁打中9本をジョー・マクユーイングとプレストン・ウィルソンのもので打っている[304]。, ダイレクトプロテクト[305]を使用し、同品の普及以前の若手時は右手親指にスポンジを巻いていた[306]。, 打撃時の投手側に向ける肘を死球から守る防具。1993年当時に同品は未普及であり、7月に死球を左肘に受け負傷したのを機に球団トレーナーに作成を依頼した、既存の爪先ガードを切り刻み改良し、即席で肘にフィットさせるものを着用し始めた[307]。またエルボーガードを外野守備時のダイビングに備え着用したこともある。, 長年の足の故障を考慮しての改良を度々行い、主にミドルカットタイプを着用した。2006年は奈良県のジャガーズ創工社製も着用した。[308], NPB時代はユニフォームを製作しているデサント社(個人契約もあり)およびミズノ社(日本ハム時代のビジター用のみ)へ特注して、上着は既製品と比べて胸元部分が深くV字型に開き、袖部分が短くタイトなものを着用した[309]。日本ハム時代のズボンも特注の、裾がラッパ型に広がってスパイクの底の近くまで被さるものを着用した[310]。また日本ハム時代はズボンの臀部付近や帽子のつばなどにも見た目を良くする加工を施した[144][300]。, アンダーシャツは主に、汗が首筋をたれ落ちるのを防ぐためのタートルネックで、夏場はノースリーブのものを着用した。ノースリーブのタートルネック製品普及以前の若手時には長袖の製品の袖部分を切断していて、この型のものを着用した選手はNPBでは自身が最初であろうという[96]。なお日本ハム時代にはNPBで初めて首部分に自身の個人マークをプリントする[311]など、様々なデザインのものを着用した[144][300]。, 若手時にズボンの裾を足首付近まで下ろす穿きこなしが一般化して、そうし始めた当時のアンダーストッキングは、通常2枚穿く靴下類の代わりにサッカー用のものを1枚のみ着用していた。これは規則では禁止であるがこちらの方が都合が良く、皆も真似しだしたという[96]。, 主に長いものを両手に着用し、日本ハム時代には短いものを2枚(隙間をあけて)ずつ着用することもあった。色はNPB時代は主に自身のトレードカラーである赤。MLBではチームカラー以外の用品の着用は認められないため、所属した2球団のカラーの中のオレンジ色を主に着用した[312][313]。他の色では主に阪神時代に、ツートンカラー(赤色×黒色)・紫色・黒色など。日本ハム時代にはチェッカーフラッグ柄や水玉柄などの柄物も着用した。[300], 阪神で同僚時のマーク・ジョンソンは新庄について「No.5にはカリスマがある。彼が打つと甲子園は世界一熱狂的なボールパークになる」と評した(No.5は当時の背番号)[85]。MLB時代ごろから「野球を楽しむ」といった発言が目立ち始め、日本ハム移籍以降は同僚へも「楽しもう」と声をかけ、試合中でさえ笑顔をみせることがあった[314]。MLB移籍以降には、その楽しそうにプレーする姿を指した愛称「SHINJOY(シンジョイ)」が浸透した。マスコミに対しては、自身から取材陣の方へ出向いて朗らかに話すとストレスはたまらないということをアメリカで学び[315]、その独特の喋り口は「新庄節」[注 23]と称され、2004年のユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされた[316]。また現役引退宣言で沸いた2006年の同賞には「SHINJO」「新庄劇場」がそれぞれノミネートされた[317]。開幕早々に引退宣言して日本一を経験できたラストシーズンについて自身は「(強運を)もってるわ、俺。本当にこの漫画みたいなストーリー、出来すぎてません、これ? 今後俺、体に気をつけたいと思います」と総括した[318]。, ジャイアンツに所属した2002年の契約には400打席達成で数十万ドルのインセンティブがあったが、達成まで残り6打席となっていたシーズン最終戦試合前の打順6番での先発出場が決定後の時間帯に、ダスティ・ベイカー監督より詰め寄られ「なぜインセンティブの件を黙っていたのか。申告していれば達成のための配慮をし、今日だって打順1番に入れたのに」との旨を問われたことがある。これに対し新庄は「チームがプレーオフ進出を争っていたので、個人的なことで迷惑をかけたくはなかった」との旨で返答した[注 24]。日本ハム時代の新庄について当時のヘッドコーチ・白井一幸は「チームの勝利最優先の精神を徹底して貫き、自分が三振してもチームが勝てば素直に喜べる選手だった。当初は単なる目立ちたがり屋なのではないかと思っていたが実際は全く違い、常にチームの勝利、ファンに喜んでもらえることを最優先にしていた」と評している[320]。, 「新庄のファンサービスなくして、日本ハムの北海道での成功はなかった(かもしれない)」といった声があり[321][322]、日本ハム時代に女性野球ファンの増加へも貢献したと評されている[323]。ヒーローインタビューなどでの質問に対して「そうですね」などと前置きしてから返答すると話が間延びしてしまうという持論から、自身は即答を心掛け、日本ハムでは一部の同僚へも即答を奨めた[324]。また「観客」という言葉は球場以外で観ている人間のことは指さないため「ファン」という言葉を使うこと、日本ハム時代には本拠地を札幌ではなく「北海道」と言うことに拘り、記者等に対してもそう言うよう指導していた[325][326]。日本ハム時代には試合で活躍してお立ち台の依頼を受けても、他に活躍をした後輩へ譲ることが幾度かあった[172]。また自身が赤色をトレードカラー(後述)とするように、後輩達へも各自の色を持つよう奨めたり[182]、かぶりものパフォーマンスに同僚も誘って実行した。同僚も巻き込んでファンサービスに力を注ぐ狙いは、自身以外へも興味を持ってもらい新たなファン層を開拓するきっかけづくりにあり、後輩の森本稀哲は新庄の引退後もその役割を引き継いだ[187][327]。同じく後輩の稲葉篤紀も新庄の姿勢に学び、プレーとファンサービスの切り替えができるようになったという[328]。, 選手生活晩年には選手としてのファッションに関する話題が多く報じられたが、それ以前からファッション的なことに限らず、球界に前例のない行動が目立った。引退を前にした現役最終年には「ファンのために選手個々がいろいろなことを最初にやる勇気を持ってほしい」と球界全体に訴え、これからは選手のファッション性も向上しないと集客できなくなってしまうと危惧した(「新庄劇場#襟付きアンダーシャツ問題」を参照)。こういった派手で破天荒な言動が日本ハム移籍後には「新庄劇場」と称されて目立ったが[329][330]、試合前パフォーマンスなどの事前に各方面へ了解を取りつけるなど、周囲に対する配慮もあった[320]。漫画家の水島新司は「新庄ほど常にファンのことを考え、楽しんでもらおうと思っている選手はいない。日本プロ野球界において、たった一人で球場を満員にできる唯一の選手だ」と評している[200]。, 幼少時から努力している姿を人には見せない性格で[331]、プロ入り後も同僚からの「個人練習している姿が見つかるとやめてしまう」といった証言がある[224]。阪神時代途中までは下半身の強化をしておらず、その理由は「ジーンズがはけなくなるから」また「走る時の足の回転スピードが遅くなるのではないかと考えていたから」と説明した[216]。しかし怪我防止のために考えを改め鍛えてみると、下半身は太らない体質であると判ったという[332]。MLB時代に足の筋肉を2本切って[216]以降は、故障箇所をカバーする筋肉をつけるため、ジーンズの着用も止めてハードな筋力トレーニングを続けており、日本ハム時代の同僚の岩本勉は、新庄が鬼気迫る表情でバーベルを担いで片足屈伸を続ける姿を目撃した時には、圧倒されて声をかけられなかったという。, 幼少時から相撲大会で負けて泣いた翌日には再挑戦し優勝するなど負けん気の強さを持っており、阪神時代晩年以降は敗戦後のコメントを例え自身が活躍していても控えていた[333]。反面、幼少時の得意のかけっこでは足の遅い友達を待ってゴールし、先生に「この子はタイムが計れない」と言わしめたというなどのエピソードがあり、現役時代には幾度か自身の代わりに若手選手の抜擢を監督へ進言したことがある(2003年オープン戦にメッツ同僚を、2006年リーグ戦に森本稀哲を[334]〈「q:新庄剛志#日本ハム時代」を参照〉、2006年日本シリーズに紺田敏正を[188]など)。, 裕福ではない家庭に育ち、高校時代に冬場の練習での寒さにたまりかねて革手袋が欲しいと言い、初めて親に物をねだると、父親は自分の手が荒れるのも構わず仕事用の軍手を買うための予算を使い購入してくれたと感謝している[335]。幼少時から父親より「不言実行」の教えを受けてきたが、自身は目標ごとについては「有言実行」を目指す考えである。阪神時代から時々の目標を積極的に公言し、MLB初打席安打や2004年オールスターゲームのMVP獲得も事前のインタビューで予告していた[112][336]。その動機は、目標を公言することで実現できなければ恥ずかしいという感情をモチベーションにすると頑張れる性格であると自己分析するからであり[337]、現役引退後も目標を掲げる発言をすることがある[198]。, 好きな色は「赤」。一軍定着と共にトレードカラーとして定着し、NPB在籍時はリストバンドなどで主に赤色のものを着用した。「赤=新庄剛志」で覚えてもらおうとプロ入り時から決めていて、一軍デビュー時には周囲からの「赤は派手すぎる」という声もあったが、活躍出来ないことには恥ずかしい派手な色を着用して自身を追い込みたかったという。[338], 好きな数字は「1」。シンプルで格好いいからという。1992年オフに球団より背番号63からの変更を打診された際には「1」、もしくは憧れを抱くダリル・ストロベリーと目標とするランディ・バースが着用した「44」を希望したが、両方とも空き番ではなかった[339][340][341]。変更となった新背番号5に愛着を持ち、以降三度の移籍の際にも同番を背負い、その後 日本ハム移籍時に念願の「1」へ変更した[注 25]。, また同時に登録名はNPB初となるイニシャル以外でのアルファベット表記「SHINJO」とした[注 5]。スコアボードの選手名表記が縦書きの球場ではアルファベットが縦に綴られて表記された。しかし既に従来の漢字表記での知名度が高かったため、新聞などで漢字表記をする例が多く、「SHINJO効果」や「新庄劇場」などのフレーズではアルファベット・漢字の表記が混在した[43][342]。引退した翌2007年に、親交がある西岡剛が登録名を「TSUYOSHI」へ変更する際には相談を受けた[343]。, MLB在籍時には自身の時間や精神的余裕を確保するためにも専属通訳を通して取材を受け、チームメイト等とは大きなジェスチャーを交えコミュニケーションをとっていた[344]。また「q:新庄剛志#MLB時代」の黒人選手とのエピソードも参照。, 特に2003年オフの日本ハム入団以降に、新庄が地元・北海道[345]や一軍春季キャンプ地・沖縄県名護市[346]をはじめとする各地へもたらした経済効果についてが頻繁に報じられ、「SHINJO効果」[347][43](「SHINJOフィーバー」とも[348])と称された。, 2006年のシーズン限りでの現役引退を表明後に、引退後の2007年夏の参院選への出馬要請を自民党と民主党より受けるも、出馬はしなかった。[349][350], 1995年に所属する阪神の地元で起きた阪神・淡路大震災の際に、球団選手会副会長として同僚と共にの支援募金活動などを行った。2001年に所属するメッツの地元をはじめとする地域で起きたアメリカ同時多発テロ事件の際には、同僚と共にの支援物資運搬などを行った[351][352]。2004年に起きた新潟県中越地震の際には、出演したラジオ番組イベントや自身の写真展での支援募金活動で集まった寄付金とポケットマネーを合わせた義援金と、クリスマスイヴ前には小型ケーキ約2000個を被災地へ贈るなどした。同じく2004年に起きたインドネシア・スマトラ島沖地震の被災地へは、翌年の自身の本塁打数に応じた義援金を贈るなどした。, 日本ハムに入団した2004年より引退した2006年まで自費で、本拠地・札幌ドームでの主催試合の外野左翼席に野球少年達などを無料招待する「SHINJOシート」を毎試合126席ずつ用意し[353]、バックスクリーン上方の看板スペースの右翼側2枚分に個人広告看板を連ねて掲示していた。この看板はSHINJOシートから見えやすい位置にあり、2枚共に同じデザイン(向かって右側は拡大されたもの)で、自身の個人マークなどが描かれていた[156]。なお現役最終の2006年のみ向かって右側の1枚のデザインを、自身のイラストが喋る余白のふきだしが描かれたものに新調し、観客満員達成時には余白部分へメッセージを入れると宣言。そして満員となった開幕戦の翌日以降は「札幌ドーム43,000ファン ヤバい 感動だぜっ! 者代表による話し合い)では、今年度も卒業記念品の贈呈(徴収額1人1,000円)を実施したいとの意見でまとまりました。 いものを両手に着用し、日本ハム時代には短いものを2枚(隙間をあけて)ずつ着用することもあった。色はnpb時代は主に自身のトレードカラーである赤。

2011 セリーグ 順位変動, 菅田 将 暉 ラジオ 真面目, カンパニー 馬 死亡, ラーメン ランキング 食べログ, 剥離骨折 全治 何 ヶ月 指, 小栗旬 自宅 成城, Dj松永 自宅 場所, 戦争 始まり きっかけ,

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

最新の投稿

シンプルでカスタマイズしやすいテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。