スーパーミニプラ デスメッセンジャー レビュー

スケールは変わらず1/48です。 アレンジがそこまで強くはないので ウェブで購入 ↑ スーパーミニプラ デスメッセンジャー。 元レッドショルダー部隊のラドルフ・ディスコーマの. 青の騎士ベルゼルガ物語VOL.1から 足首とバックパックを変えるだけで ↑ スーパーミニプラ ホイールドッグの説明書。 前回の同じスコープドッグ型のデスメッセンジャーと比べると. こんにちは、アルコンです。今回はHMM デススティンガーのレビューです。 全体 ガイロス帝国が開発した水陸両用の海サソリ型ゾイド。トミー版であった電動ギミックがないためオリジナルより太くて長くなった脚が印象的です。因みに海サソリは'サソリではない'そうです。 スーパーミニプラ 青の騎士ベルゼルガ物語 Vol.1 (3個入り) 食玩・ガム (装甲騎兵ボトムズ 青の騎士ベルゼルガ物語 小説版)の通販ならアマゾン。食玩の人気ランキング、レビューも充実。最短当日配送! 搭乗するスコープドッグ タイプのat。背部にあるミッションパックには、 シャドウフレアの過去の対戦データがインプットされている。 )の腕&腰以下パーツ。ちょっと夢が拡がりますね。, …ふう。しかし、まさかデスメン(スコタコ)だけでここまでボリュームを食うとは思ってもいませんでした。そして、再び文字数制限を食らう有様。, 今回のスーパーミニプラ「青の騎士」シリーズの記事内容は、あくまで自分の身の回りに起きていた事柄で、実際と大きく異なるかも知れません。呉々も話半分に見ておいて下さい。, 当時としては珍しく、この「ボトムズ」SAKシリーズ自体が独自ファン獲得に成功しておりました。, 「SAKキット作り込み追及派」と「アニメ&設定フォルム追及派」の二大製作派閥が形成されていた訳ですが…, 「SAKキット作り込み追及派」に対してかなり優しいものとなっています。体感としてその比率は約「1対2」。状勢としては極めて不利だったのです。, 「アニメ&設定フォルム追及派」。作例記事としても、改造割合が多く読み応えのあるモノばかりでしたから。, では「SAKキット作り込み追及派」の内訳は?と言うと、その大半は「模型誌ライター」や一部の突出した「マニア」が占めていました。, アニメ・特撮等に端を発した所謂「空想モデル」は、今以上に「異端」として蔑まされていたのです。, それを端的に視覚化した超一級の資料があります。模型情報誌「月刊ホビージャパン(以下 HJ)」2019年9月号別冊付録「HJ600号のあゆみ」がそれ(※)。, には、そんな「鏡」を「年毎月12号ずつ並べた」コーナーがあり、「当時の模型業界の情勢」を見事に視覚化して表してくれているのです。, ・1982年…「アニメ」1号、「特撮&アニメ」1号、「特撮」2号、「リアル」2号、「特撮&リアル」3号、「アニメ&リアル」3号, そして「アニメ」はもちろん「ガンダム」を始めとした「リアルロボ」(美少女フィギュアもあるよ!)。, 特筆すべきは80~82年のジャンル混合表紙。当時の「特撮」そして「ガンプラ」ブームに戸惑う模型業界が見事に表れています。, アニメ・特撮等に端を発した「空想モデル」は、模型業界を一躍マイナーからメジャーへと駆り立て、発行部数増大と言う実績を以てその立場を得たのです。, 「ガンプラブーム」に連なる「リアルロボムーブ」に便乗し各種オリジナル企画で気を吐くも、このままでは「スケールモデル」=マイナー(部数低下)に時代が逆戻りする事は、もはや時間の問題でした。, 「品質」そして「志」に於いてようやく「スケールモデル」に匹敵しうる「空想モデル」の「逸材」が現れます。それこそが, 1983年12月号においては、ついに「ボトムズ」が初表紙を獲得するまでに至ります。, 「スケールモデル」に再駆逐される事無く「空想モデル」のたすきを無事に次キャラクターに託す事に成功。, OVAのため、そのペースは約年一本の割合。ビデオレンタルが普及していない時期ながら、その人気維持に模型情報各誌は大いに健闘したと言えるでしょう…, 「SAKキット作り込み追及派」と「アニメ&設定フォルム追及派」の二大製作派閥による、本編さながらの「頁の, 幾つかの選択肢が発生した場合、「君だけのガンダムを見つけ出そう」みたいな「夢を見させる, 「決着を付ける」事、その際に「選択肢同士が接戦する」過程が求められる「殺伐とした時代」だったのです(※)。, ※…逆に「ファン」及び「メーカー」双方が「未熟」になったかな?と思うのが「倫理観」。例えば模型的な言葉だと「定番工作」。当時ファンにとっては「ここ直せばより良くなる」という比較的前向きな言葉でしたが、今は「ダメな部分残してる!」とクレーム対象になりかねません(※※)。, ※※…よって、当時はある程度ファンからの苦言を面白可笑しく記事化していた模型誌も、今はメーカーに気を使い無難な物言いに。この点は現在の方が, そして1986年6月、まさかのライバル模型誌HJの主力記事に大抜擢される事態を引き起こします。, その作例こそ、既に超絶技能造形集団としてその名を轟かせていた「MAX FACTORY」率いる「渡辺 誠(MAX渡辺)」氏による1/24「シャドウフレア」。, 「テーマ」とは即ち「明確なイメージ/ビジョン」「言葉/言霊」とも言い換える事が出来ると書きました。これは「イメージ戦略」上においても、極めて重要な項目です。, 版権元自ら唯一無二の原典と保証する「設定」、数多の名メカデザインを発表してきた「大河原」氏の名を冠していると言うだけで、, ファン自身が成熟した「今」なら「カッコ良い」だけで、玩具・模型メーカーがデザインした「, 「大河原版」に対し、同じクリエイター同士の「幡池版」とすれば「ファン」にも受け入れられやすい事は重々承知。でも, 故に、これによって対決感情を高めるのは双方にとって決して良い結果とはなりえません。そこで「敢えて」明確に言い切らず、曖昧にして採用された, ちなみに先の「シャドウフレア」に関しては、幡池氏自らが描き起こしたモデル製作用デザイン画が「, つまり、やろうと思えば「幡池"版"スコープドッグ」実現化は可能だった事になります。でも、敢えてそれをしなかったと言う事は…。, 「SAKキット作り込み追及派」と「アニメ&設定フォルム追及派」どっちだ?!と問い詰められてきましたが…, 自分は「カッコよければどっちもよし!」という、当時の大人風に気取って言うと「ノンポリ(ぶっちゃけ"他人事")」。そこには全く拘りが無かったりします。, でないと、とてもじゃありませんがこの後のムーブメントに対応出来る自由度を持ち得ませんでしたから。ですので、当時の心境としてはまさにこんな領域でした。, よって本記事の内容の大半は、自分というより自身を取り巻いていた「ボトムズ」もとい「友人モデラー」達が、. ガンプラランキング, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. Amazon.com で、スーパーミニプラ 青の騎士ベルゼルガ物語 Vol.1 (3個入り) 食玩・ガム (装甲騎兵ボトムズ 青の騎士ベルゼルガ物語 小説版) の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。 スーパーミニプラ「青の騎士」第一弾より、所謂「青の騎士」版スコタコからレビューしていきたいと思います(ちなみに前回はこちらから)。 ATM-09-STCBS「デスメッセンジャー(以下 デスメン)」。 79858円お得に スーパーミニプラ 青の騎士ベルゼルガ物語 vol.1 (3個入り) 食玩・ガム をget!ポイントや送料も含めて最安値を調査。レビュー評価は? バンダイ(bandai)は信頼できるメーカーなのか?最安値と評価を徹底調査。 スーパーミニプラ 青の騎士ベルゼルガ物語 Vol.1 [2.デスメッセンジャー](単品)の通販ならアマゾン。フィギュア・ドールの人気ランキング、レビューも充実。最短当日配送! スーパーミニプラ デスメッセンジャー 1/8ターボカスタムの合間に積みプラを消化します 今回は青の騎士ベルゼルガ物語に登場する機体でスコープドッグのカスタム機体デスメッセンジャーで こんにちは!担当Yです! 先週のダグオンブログはいかがでしたか? bandaicandy.hateblo.jp 新商品情報なかったんかい!って思っている方向けの[番外編]ブログです! 今回は「ダグオン」、「電童」と見せたいものがたくさんありすぎて、本当にボリュームが多い更新となりました。 自己責任にはなりますが試してみる価値はありますぜ! スーパーミニプラ 青の騎士 ベルゼルガ物語vol.4まさかレグジオネーターとカラミティドッグ レッドverのプラモをこの手にする日が来るとは夢にも思わなかった… 皆さまの閲覧のお陰です! ~受賞歴~ スーパーミニプラ:青の騎士ベルゼルガ物語vol.1より②のデスメッセンジャーの未開封品を出品します。未開封未組立ですがパッケージの傷や凹みなど過度に気にされる方は入札をお控えください。 同日落札品の同梱に対応します。落札者情報は24時間以内、送金は落札から3日以 毎日更新頑張ります! 「スーパーミニプラの青の騎士ベルゼルガ物語Vol1を買ってみた件」けいん@のブログ記事です。自動車情報は日本最大級の自動車SNS「みんカラ」へ! ラドルフ・ディスコーマの搭乗する機体です。 背部に搭載したミッションパックは、 2019年2月23日(土)オールザッツホビー31より全国のボークスショールーム、秋葉原ホビー天国、ホビースクエア、 通販隊(0771-68-1141)、ホビー天国ウェブにて販売。 . atm-09-stcbs デスメッセンジャー. 今回はスーパーミニプラ、ボトムズ 青の騎士ベルゼルガ物語vol.1から デスメッセンジャーをレビューしていきます! 発売からだいぶ経ってしまいましたが ベルゼルガbts、シャドウフレアは レビューしたのに抜けててすみません。 デスメッセンジャー 箱 まずは箱とランナーから見ていきます。 幡池裕行先生(伊東岳彦)のアレンジしたスコープドッグです。, 大河原先生との違いは全体の細かなディティール、バランスと 今回はスーパーミニプラ、ボトムズ 青の騎士ベルゼルガ物語vol.2から ホイールドッグをレビューしていきます! ホイールドッグ 箱 まずは箱とランナーから見ていきます。 箱はボックスアートではなく写真です。 価格は税抜き2300円。 ガム一個つきです。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. こんにちは。 スーパーミニプラggg担当n西です。 君達に最新情報を公開しよう! 今回は7/22発売の『スーパーミニプラ 勇者王ガオガイガー6(ジェネシックガオガイガー)』のご紹介をしていきたいと思います。 ジェネシックがついに満を持しての登場となりました。 デスメッセンジャーをレビューしていきます!, 発売からだいぶ経ってしまいましたが (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 小説青の騎士ベルゼルガ物語の挿絵担当である ていうかやったし。, このデスメッセンジャーは , ガンプラ LBX ビルドミキシング バンダイ「スーパーミニプラ 青の騎士 ベルセルガ物語」①デスメッセンジャー(スコタコ)編. 今回はスーパーミニプラ、ボトムズ 30代の模型製作者です。 2020 All Rights Reserved. 普通のスコープドッグと言い切ることも可能です。, ランキング一位継続中! 定価2300円(税抜き)、未組み立てでこの値段です。 組み立ては144のガンプラ作ったことがあれば難しくないです。 上図の下に移っている2本のフレームは膠着ポーズ用の差し替えフレームです。 サイズは90ミリ、約1/48スケールです。 1/144の30MMや改造中のHGUCのF91と並べるとこんな感じ。 ちなみに昔のコトブキヤワンコインのBTSが約1/60、 アクティックギアが1/48なので比較画像撮って見ました。 うん、スケールは1/4… Amazon.com で、スーパーミニプラ 青の騎士ベルゼルガ物語 Vol.1 [2.デスメッセンジャー](単品) の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。 こんにちは!スーパーミニプラ担当yです。 2連続スーパーミニプラ新情報ツイートは楽しんでもらえましたでしょうか? 「スーパーミニプラ 勇者指令ダグオン」最新画像公開!皆様長らくお待たせしました。7月20日をお楽しみに! ほとんど普通のスコープドッグに近い意匠になってます。, ちなみにタカラトミーのアクティクギアと レビューしたのに抜けててすみません。. 定価2300円(税抜き)、未組み立てでこの値段です。 組み立ては144のガンプラ作ったことがあれば難しくありません。 サイズは1/48です。 ベルゼルガBTS、デスメッセンジャーと比較します。 シャドウフレアが一番大きい。 デスメッセンジャーが小さく見えますね。 Amazon.com で、スーパーミニプラ 青の騎士ベルゼルガ物語 Vol.3 (3個入) 食玩・ガム (装甲騎兵ボトムズ 青の騎士ベルゼルガ物語) の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。 こんにちは、アルコンです。今回はスーパーミニプラ ライナーボーイのレビューです。マックスライナー(新幹線)、マックスシャトル(スペースシャトル)、ライナーボーイ(ロボ)と3形態あります。 全体 ゴーゴーファイブを支援する、新幹線型メカです。 ヘビー級のBTSやシャドウフレアの方が大きいですね。, しかし、この腕の内部画像をご覧ください。 ベルゼルガBTS、シャドウフレアは 2018年オラザク選手権一次通過. スーパーミニプラ 青の騎士ベルゼルガ物語 vol.1(3個入) より、 デス・メッセンジャー です。 “ death messenjer ” デス・メッセンジャーは、 レッドショルダーに所属していた. 可動の安定感はスーパーミニプラの方が上です。, 真ん中に映っている、 膝関節の2パーツは使いません。 玩具・ゲーム・アニメ業界を渡り歩き、ある程度満足し今は全く関係ない職に就いてます。そんな自分が思ったことをツラツラと書き連ねていくだけの備忘録。テーマは「キャラクター」となります。, バンダイ「スーパーミニプラ 青の騎士 ベルセルガ物語」①デスメッセンジャー(スコタコ)編 | おたくへうげゆうきの備忘録, さて、今回のスーパーミニプラ「青の騎士 ベルセルガ物語(以下 青の騎士)」シリーズレビューについては「最初どちらを取り上げるか?」について結構 悩みました。, と言うのも、本来なら「青の騎士」主役機の「ベルセルガDTS」から始めるのが筋なのですが、やはり「ボトムズ」本編の主役機にして原点とも言える「スコープドッグ(以下スコタコ)」を押さえておかないと、うまく記事をまとめる事が出来なかったからです。, と言う事で、まずはやはり「ボトムズ」界きっての永遠のスタンダードナンバー。スーパーミニプラ「青の騎士」第一弾より、所謂「青の騎士」版スコタコからレビューしていきたいと思います(, ATM-09-STCBS「デスメッセンジャー(以下 デスメン)」。パイロットは、本編主人公キリコも関連深い精鋭部隊「レッドショルダー」に所属していたと嘯く「ラドルフ・ディスコーマ」。, デュアル・マガジン版(以下 DM)では金のため、朝日ソノラマ版(以下 小説)では「黒き炎」の露払として、主人公ケインの前に立ちはだかります。, 製作方法は当初の予定通り、基本的に「スーパーミニプラ」ならではのカロリーを掛けない「パチ組・ガンプラマーカー」によるお気楽極楽対応。, ただしバイザー部はグレー、腹部&左6連ランチャー&ザックガードフレームはザクダークグリーンで塗装。文庫版のみ掲載されている左脇ガンポットをでっち上げて装着し、原作表記&ミニプラでは右な赤肩を敢えて左肩に装着(※)。, カメラ部は、基部をシャインシルバーで反射塗装し、ウェーブ「H-EYES」嵌め込み&小サイズ部はラピーシールで代用。, ご覧の通り、大概のポージングが行える安定の可動範囲。差替パーツにより着座ポーズも強度を気にする事無く行わせる事が可能です。, 本ブログ恒例の「並べて見た」は、1980年代中盤のロボット物において、全高設定3.8m辺りで「密閉型コックピット最小」を競いあっていた面々。, 左から「忍者戦士 飛影」(1985)の飛影、「メガゾーン23」(1985)のガーランド(写真はプロト)、そして「ボトムズ」のスコタコ(デスメン)となります。, せっかくの機会ですので、今回は同スケールにて各々①②を体現したモデルを用意してみました。, まず①「アニメ&設定フォルム追及派」分。メカデザイナー「大河原 邦男」氏によって描かれた設定画を再現しようとした事から、当時「設定版」「大河原版」等と呼ばれておりました。, SAKシリーズと同じ「タカラ」から1/48完成品モデルとして発売されていた「アクティックギア(以下 AG)」シリーズ版スコタコ(2005)です。, 標準的なHGの約倍という値段設定ながら、この小スケールにほぼ全てのギミックを内包し、長年に渡りラインナップを充実させてきたオーパーツ的名作シリーズとなっています。, ちなみに大河原氏の地元「稲毛市」の地域起こしの一環として、最近になって実物大スコタコ立像が設置されましたが、これが「大河原版」の最新解釈と思われます。, 次は②「SAKキット作り込み追及派」分。SAKシリーズは当時最も気軽に入手出来たスタンダードモデルだったため、「SAK版」「プラモ版」等と呼ばれていました。, この「SAK版」と言えば、1/24か1/35と相場が決まっていますが…実はボトムズ本編放映中盤頃、別スケールにてSAKシリーズが展開されていた事があるのです。, それがこの「1/48版SAK」スコタコ(1983)。本来ならばメインスポンサーたるタカラから、アクティックギアやスーパーミニプラ前に同スケールによる展開が予定されていたのです。, が、ドッグ系2種の発売後パタリと音沙汰が無くなります。そこで放映当時後半の広告を見てみると、とっくにラインナップから跡形も無く消し去られている有様。, 無論その後再販された形跡も無く、1/48は幻のSAKシリーズに…つまり現状目にする「SAK1/48」は、初回ロットかせいぜい2・3回生産分の物のみ。その後、金型は永遠に封印されてしまった物と思われます…。, まあそうは言ってもせっかくの機会なので、今回に併せてチャッチャと造っちゃいました。, ご覧の通り頭部が平らで大きい通称「デカ頭」で全体的に横拡がりでゴツい。一言で言えば「ゴリラ体型」という「SAK版」の特徴が、小スケール故より際立つ形でデフォルメ造形されています。, しかしこの「1/48版SAK」。若いロットであろう事を差し引いても当時物としては異様に「合い」が良く、「タミヤかハセガワの新製品か?!」て位に流し込み接着剤だけでピタッと嵌まります(軽いペーパー当てでパーティング消えちゃいそう)。, 全身緑のサンサ編Verにしたくなる程に成形色も良く、精細なモールド・フィギュア・水転写デカールと、とにかく組んでて気持ち良いのです…「スケールモデル」としては。, ただ「キャラクターモデル」として見ると、当時同じ値段(¥300)の「1/144ガンダム(※)」と比べてボリューム感が約2/3・しかも半固定モデルと、かなり厳しい内容。, ※…箱サイズもほぼ同じな事から、この橙色パッケージも模型店の同じ棚にあった事を覚えています。, こりゃあ同じお小遣いなら、1/60かボトムズガム二個買っちゃうよなあ…と、シリーズ中止の経緯に思いを馳せざるを得ませんでした。, 気を取り直し、三体を「並べて見た」のがこちら。左から右の順に「青の騎士版(ミニプラ版)」・「設定版(AG版)」・「プラモ版(SAK版)」となります。, ちなみに「アクティックギア」「SAK」は共に設定数値&縮尺に誠工な約9cm。「ミニプラ」はプロポーション重視の昨今の流れを受けてか、若干高めの約9.5cmに造形されています。, なお公平に「並べて見た」するために、アクティックギアも1/48SAKも「スーパーミニプラ」同様カロリーを掛けない「パチ組・ガンプラマーカー」によるお気楽極楽対応としています。, 同スケールだけあって、三種共に手首&武器の交換可。「アクティックギア」のパイロットもやや小さいですが「ミニプラ」に載せる事が出来ます。ただバックパックは専用設計のため、「ミニプラ」だけは互換性がありません。, 「SAK」に関しては、やはり同スケールの「キリコ」フィギュアが付く事が、唯一無二の最大の特長だと思います。, …さて、今回のスーパーミニプラ「青の騎士(ボトムズ)」シリーズでは、個人的かつ身の回りの友人たちが当時から気にしていた「疑問」に対し、本ブログお馴染みの「並べて見た」を用い立体検証して行こうと思っています。, 既に30年以上の時を経て、各メーカーから優秀なモデルが続々と発売されている現在。拘る者も既に亡く、もう2度とは振り返られないであろう、そのテーマ。, 言わば、極めて個人的な「後出しジャンケン」。長年の疑問に対する細やかな「リベンジ」を自身に向けて果たそうと言う訳です。, この「並べて見た」による「リベンジ検証」。誰が得する訳でもありませんが、(比較的)安価に多数のATを組立てる事なぞ余り無いので、この機会に思いの丈を存分にブチまけておこうと思います…備忘録だから仕方ないね。, 故に本ブログ内記事は特定団体・個人を攻撃するモノでも意思もございません。予めご了承の上、世迷言のホラ話として御一笑頂ければこれ幸い…って事で、第一のお題がこちら。, 「青の騎士」展開当時、模型誌や模型発表会、そしてワンフェス会場において「幡池"風"スコープドッグ(以下 幡池風スコタコ)」と言う言葉が良く使われておりました。その特徴曰く、, 何故「幡池"版"」と言い切らず「幡池"風"」と言う曖昧な物言いなの?と言うのもありますが、何より以下三つの疑問点が頭をよぎっていたからです。, 疑問①:そもそも「幡池氏」自らが描く「スコタコ」の数が少ないのに、そうと言い切るのは難しいのでは?, 確かにDM版・小説版共に挿絵その物は幡池氏が描いています。ですがそのほとんどは改造後のドッグ系、かつ「俯瞰」や「煽り」により「正確なバランスが解り辛い」物なのです。, また「青の騎士」のみならず「ボトムズ」全般に視野を拡げてもそれは同様。確かに各誌のアートディレクションを担当されていますが、「伸童社」がらみの別の描き手による物がその大半を占めていたからです。, また描者名が併記・もしくは省略されているため、明らかに幡池氏だろうと当たりをつけても確証にまで至らない点も、この問題により拍車をかけています。, 実は今回の「謎」はこの一言に集約されます。その説明のために、まずは「設定版」スコタコの頭部形状をご覧下さい。, この「半球」を再現するため、当時のモデラー達は「ピンポン玉を半分にして使用」「ガチャガチャのカプセルを加工」「東急ハンズで買った球体でヒートプレス」等、涙ぐましい努力を重ねておりました。, 追記すると、この頭頂部の「半球で小頭」「平たいデカ頭」な特徴こそ、「設定版」と「SAK版」の大きな違いなのです。, これらを踏まえ、改めて「幡池風スコタコの特徴」をみると「頭頂部が平たい」=「SAK版」の特徴が書かれています。, ですが①で提示した数少ない幡池画稿、引いては表記が無く確証に至らない画稿全てを見直して見ても「半球型」の「設定版」…大河原氏をリスペクトした描き方が為されています。, そして最も疑問に思った事がこれでした。確かにシャドウフレアは、どちらかと言えばバララント側に属する機体にも関わらず、不思議とドッグ系列の特徴を有しています(この疑問も後程検証していきます)。, でも一緒にしてしまっては、嫌が応にも「シャドウフレア」に結論が引きずられてしまいます。そして、最も有名であろう朝日ソノラマ文庫二巻表紙絵の「シャドウフレア」は「頭頂部が平たい」のです。, 尤もこの疑問に対しての答えは、幡池氏自ら描き起こした書籍裏表紙に示されました。1987年2月に刊行された月刊HJ 2月号別冊「青の騎士 ベルセルガ物語」(以降 HJ別冊①)がそれです。, これを見ると「スコープドッグ(半球型)」「シャドウフレア(平たい頭頂部)」と、明らかに別解釈で描き分けられている事が分かります。, では「幡池風スコタコの特徴」とされた4項目は間違いだった?とか言いたい訳ではありません。実はこの4項目には、当時のモデラーにとっての大義が込められているのです。, それを確認するため、再度「1/48版SAK」スコタコを引っ張り出して来ました。先も話した通り半固定モデルなので、思いきって簡単な改修を施してみます。, これは通常1/24や1/35のSAK版スコタコで行われる改修を(下手で申し訳ないのですが)目立つ部分だけ手っ取り早く試してみた物となります。具体的に並べると、, SAK版の特徴「ゴリラ体型」を基とし「マッシブ体型」へと変化させる、所謂「定番工作」です。, 改修前/改修後を一目で分かりやすく左右で並べてみました。その上で再度「幡池風スコタコの特徴」4項目を上げてみます。, …いかがでしょう?つまり当時言われていた「幡池風スコープドッグ」とは、実際は当時最も入手し易くほぼ唯一無二の立体モデル「SAK定番改修後のスコープドッグ」の意だったのではないでしょうか。, そして(おこがましいと思いつつ)改めて「幡池"版"スコープドッグの特徴」を上げてみると、こうなります。, 元々「頭部」以外、胸部以下の特徴について異論はありませんでした。つまり本来の「幡池版スコープドッグ」の特徴とは、, 左から右の順に「青の騎士版(ミニプラ版)」・「設定版(アクティックギア版)」・「プラモ版改(SAK版改)」となります。, 「青の騎士版(ミニプラ版)」を改めて見直して見ると(腕の太さが足らない、足首以下がやや高い等の細かな違いはありますが)、かなり忠実に「幡池版スコープドッグ」を再現している事が分かります(※)。, ※…全くその気は無かったのですが、「青の騎士版(ミニプラ版)」と改修した「プラモ版改(SAK版改)」の身長・身体バランスが頭以外ほぼ同じとなりました。メーカー発売時期など何もかもバラバラ、更に只の素人が手を入れてるため全く当てになりませんが、一事例として軽く見流して下さい。, ところで「青の騎士」初の公式立体物ながら、いきなり「決定版」として発売された「MAX FACTORY」&「ウェーブ」のソフビガレージキットシリーズ。その特徴は「ボトムズ本編ATより大きくマッシブ」と言うモノでした。, 実は今回の「スーパーミニプラ」版より一足先に、その特徴をも踏まえた現代的解釈によるスコタコが発売されています。, それが「ボークス」よりインジェクションキットとして発売されている「1/35」のデスメン(2019)。, 「ウェーブ」と共に日本ガレキ創成期を担ってきた老舗な事と、「造形村」による確かな造形力も相まって、まさに現代の「幡池版スコープドッグ」決定打と言えるモノとなっています。, …さて、極めて独りよがりな「長年の疑問」に一応の決着を付けてみた訳ですが、こうなると当然「別の疑問」が出てきます。即ち、, プロアマチュアの差別無く、「モデラー」が何かしらの「作品」を完成させるためには、大小関わらず明確な「テーマ」が必要です。, 「一刻も早く形にして触って眺めたい」と言う最も根源的な創作意欲ですら、否「でこそ」十分な「テーマ」足り得ます。で無ければ「完成」にすら至らないからです。, なればこそ今回の「謎」を解くカギは、どうも先に軽く触れた、「幡池"版"」では無く「幡池"風"」と「敢えて」曖昧な物言いとした点にこそありそうです。, と言うのも、「テーマ」とは即ち「明確なイメージ/ビジョン」「言葉/言霊」とも言い換える事が出来、どちらも「明瞭簡潔/シンプル」である事が求められます。その方が「迷い無く」創作進行する事が出来るからです。, そしてこれは、少ないページ数で「読者」に伝達しなければならない「模型情報誌」のモデラー兼ライター、つまり「プロ」ならば尚の事。, 「幡池"風"スコタコ」という曖昧な物言いをするくらいなら、例えば「青の騎士"版"スコタコ」とか「SAK(定番改造)"版"スコタコ」とか何で明確に言い切らなかったんだろ?, …と、前の自分は確かに思っておりました。が、時代の移り変わりと共に世間も、そして自身も、嗜好や傾向が変わって行くのを実際に見てきた今となっては、何となく「こういう事なのかなあ…」と思う事も出てきます(※)。, ※…言うなれば「そうは言うがな?お前」と、昭和のガキ(自分)に令和のオヤジ(自分)が説教する感覚…うわ、どっちも嫌だ。何だコレ。, と言うのも「青の騎士」に関しては、企画進行に携わった「伸童社」に所縁の深いイラストレーターが数多く関わっているからです。, 当時「伸童社」由縁により「ボトムズ」「青の騎士」書籍に関連したイラストレーター各氏の主担当とフォルム傾向をざっくりと纏めてみました。, ご覧の通り(タッチはともかく)フォルムの統一性は無く、「青の騎士"版"スコタコ」と言う「共通言語」は存在出来ない事になります。, 当時この中でも草彅 氏・上田 氏両名の物量は極めて圧倒的だったのですが、その共通特徴が全身「マッシブ」型…つまり「SAK定番改修後」の印象を色濃く反映した「傾向」にあるモノなのです。, ▼仮説①:「伸童社」の基本方針として、「SAK版」の好印象付・浸透する目的があったのでは?, 次に「SAK(定番改造)版スコタコ」と言う物言い。これは「当時」を知る者として、またオヤジとなった今の視点で併せて見ると、微妙な物言いだよなあ…と推察します(当時のファン同士では普通に使っていましたが)。, 少ない頁数で「読者」に伝達しなければならない「模型情報誌」としては、「製作テーマのブレ」は最小限に回避せざるを得ません。, が、それはある程度「個性」が認められ、更にファン自身が「成熟」した「今」だからこその考え方。「未熟」な, 明らかに、そして用意周到に当時の「伸童社」とガッツリ手を組んだであろうそのモデルは、いきなり「究極」の完成度を以て当時のモデラー達の度胆を抜きました。, そこで白羽の矢が立ったのが、「青の騎士」において(一部)メカデザインはおろかキャラクターデザイン&メインビジュアル三役をこなす新進気鋭のマルチクリエイター「, ▼仮説②:模型情報誌による「SAK版」の好印象付・浸透する目的のため、「幡池"風"」という言葉が生まれたのでは?, 今回の「スーパーミニプラ」は「豊富な余剰パーツ」と、それを「自由に付け替え出来る事」が隠れた「売り」ですが、機体本体の組換に関してはかなりの制限があります。, 「青の騎士」には設定上、二種類の「ATM-09-ST スコープドッグ」が存在しています。一つは「大量生産品(消耗品)」としてお馴染みのごく一般的なスコタコ。そしてもう1つは、2344年に試作されたとされる「改修案」がそれです。, 使用したのは今回のデスメン上半身と、第三弾「カラミティドッグ」(グリーンver. ダンボール戦機プラモデルLBX烈伝コンテスト2014最優秀賞 足首周りのデザイン、バックパックと武装くらいです。 Copyright© 次に脚に降着パーツを付けます。, ミッド級のデスメッセンジャーと この突起を切るだけで伸縮機構が再現できます!, 説明書に書いてはいないので 共通パーツは少ない方で別物となってます。 顔のレンズも一つ別パーツになってますね。 バックパック(ミッションパック?

コートダジュール おすすめ 村, 乳鉢 すり鉢 違い, じゃがいも 油揚げ コロッケ, 保育園 幼稚園 小学校, Cities Skylines 横断歩道 消す Mod, Mac ゴールデンアワーズ 塗り方, 腕時計 ステンレス 傷消し, 鯖 オイル漬け おつまみ,

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

シンプルでカスタマイズしやすいテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。