ソフトボール 金メダル 監督

東京オリンピックの延期を受け、ソフトボール日本代表の宇津木麗華監督は25日、「世界中の人たちが苦しんでいる中でやって、金メダルを取っても喜べない。これが一番良い形だと思う」と心境を語りま … 【女子ソフトボール】宇津木監督を独占インタビュー 「UFJでいきます!」 (東スポWeb) 11月25日 11:00. そして、監督として臨み、自身4回目のオリンピックとなった北京では見事悲願の金メダル。日本中が歓喜しました。 日本中が歓喜しました。 2年前、長野で 斉藤監督と一緒にソフトボール教室を手伝い、トークショー をさせていただいたことがあります。 宇津木妙子 1997年12月~2004年9月; 井川英福 2004年10月~2006年12月; 斎藤春香 2006年12月~2011年2月; 宇津木麗華 2011年2月~2015年12月; 福田五志 2015年12月~現在; 脚注 宇津木 麗華(うつぎ れいか、1963年6月1日 - )は、中国・北京出身のソフトボール選手・指導者。中国名は任彦麗(ニン エンリ)。ビックカメラ女子ソフトボール高崎監督。身長170cm。右投げ左打ち。北京市長辛店第三中学校、群馬女子短期大学卒。日本にやってくる前はソフトボール中国代表として活躍した。, 3番目の末っ子として誕生した。幼少期は文化大革命の混乱期だったが、きまじめな軍人の父から厳しい教育を受けた。スポーツ好きの一面を持っていた父の影響もあり、小学校から中学校にかけてのころは陸上競技のやり投に没頭していたが、14歳の時にソフトボールを始めた[1]。ソフトボールに転向して1年後、のちに家族同然の間柄となる宇津木妙子(以下、妙子)と出会った[1]。, 妙子との交流は続き、25歳になった1988年、妙子を頼って来日。妙子が総監督を務めていたビックカメラの前身・日立高崎に入団し、1年で日本リーグ2部から1部に上がる原動力となった[1]。1994年、ソフトボールの日本リーグで三冠王達成。, 32歳だった1995年には日本に帰化し、妙子から日本名の宇津木姓をもらった。元軍人の父には反日感情が少なからずあり、最初は娘の決断に反対していたが、妙子の説得により父からの承諾を取りつけた[1]。, 2000年、主将として出場したシドニーオリンピックでは3試合連続本塁打の活躍でチームを銀メダルに導いた[1]。, 2004年のアテネ五輪ソフトボール日本代表でも「宇津木ジャパン」の主砲として活躍。投手には22歳の上野由岐子、外野には20歳の山田恵里がいる中で、41歳の宇津木は存在感を放ち、チームは銅メダルを獲得した。オリンピック後に現役を引退し、日立&ルネサス高崎の監督に就任した[1]。, 特にアテネオリンピックでは宇津木妙子のマネージメント的役割も兼務していた。現役引退後は監督として、宇津木妙子と共に後進の育成に努める[1]。, 2011年、日本代表監督(ソフトボール協会では「ヘッドコーチ」の肩書)に就任。翌2012年の世界選手権で42年ぶりの優勝をもたらす[1]。, 2014年、韓国・仁川(インチョン)で行われた第17回アジア競技大会のソフトボール全日本代表監督を務める。, 上野由岐子のことは九州女子高校(現・福岡大学付属若葉高校)時代より目をかけており、宇津木は後に週刊誌のインタビューで「アテネで金メダルを逃した原因を考えると、やはりピッチャーでした。もっとしっかりしたピッチャーがいれば私たちはより大きな自信を持って戦えたんじゃないかと感じたんです。そのためにも上野を世界一のピッチャーに育てて、自分の母国・中国で開かれる北京五輪を託すしかない。そう考えて、私は上野をアメリカに連れていきました」と答えている。その上野がその後、北京を最後にソフトボールが五輪種目からはずれたうえケガも重なり、燃え尽き症候群のような状態に陥った際には上野をなだめ、励まし、勇気づけながら、ソフトボールへの思いを取り戻させようと試みた。2010年世界選手権(ベネズエラ)を回避したいと上野が申し入れてきたときも「それならいいよ。すべて私が背負うから。逆に行きたくても行かせないよ。あなたは世界一なんだから、嫌なことを背負うために自分が横にいるから」と受け入れ、さまざまな批判の矢面にも立った。「自分の気持ちを尊重してもらいながら、うまく引っ張ってもらえました。麗華監督じゃなかったら、自分もここまで頑張り続けられなかった」と、上野自身も宇津木の存在感の大きさを改めて痛感したという[1]。, 結果を出すためには投げる・打つ・守る・走るといった技術面を磨き上げるのはもちろんのこと、人としての力を高めなければならないが、とりわけ宇津木は「人間力」を重視し、その必要性をミーティングでも口が酸っぱくなるほど選手たちに言い続けている。「ソフトボールはひとりじゃできないしチーム全体で戦えない。そのために各自が謙虚になって努力することをすすんでやらないといけない。常に周りを見て、目配り、気配りしながら、何をすべきかを考えられる人間力の高い選手がそろわないと本当に勝てるチームにはならない。私も麗華にもそういう信念があります。今の選手たちを見ると、技術は高いけど、自ら行動を起こしたり、チームを引っ張ろうとする力が弱い。麗華はすべてにおいて自分からアクションを起こして学ぼうとする意欲があった。そういう力を選手につけさせるのは、簡単なことではないと思います」と妙子は選手を操る難しさを口にする[1]。, 妙子は後年のインタビューで「2012年世界選手権決勝のアメリカ戦も、最後にスクイズで勝ったんですけど、麗華は2ストライク・3ボールという追い込まれた状況でバントをさせるという大博打をやってのけた。根っからの勝負師なんです。バントやヒットエンドランなど常日ごろから選手にいろんなことをやらせてますし、ホームランだけじゃ勝てないこともよくわかっている。現役時代の彼女も何でもできる怖いものなしの選手だった。自分自身の経験を存分に生かしているんだと思います。一方で緻密さも持ち合わせている。それも選手時代から変わりません。作戦ノートには選手の一挙手一投足や相手の特徴などがこと細かく書いてある。試合前には毎回のように私にオーダーを送ってきますけど、“大丈夫だよ”と前向きに返してます。私に太鼓判を押されるとどこか安心するんでしょう。そんな一面もありますけど、あらゆる面で努力を惜しまない指導者だと感じます」と評価している[1]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=宇津木麗華&oldid=80355593, 麗華と妙子の母は本当の親子のように仲が良く、麗華の得意料理である餃子を一緒に作ったり、定期的に連絡をとったりと、心温まる交流が長く続いた。その母が2001年に死去した時も、直前に電話で話したのは妙子ではなく、麗華だったという, 妙子は2017年のインタビューで、来日したばかりの麗華に関して「その後、シニアに上がってきて、日中両国の試合があるたびにコミュニケーションをとりましたけど、彼女は本当に一生懸命、日本語を覚えようとしていた。手紙も送ってくれました。私のほうもロクに話ができないのに国際電話をかけて、月20万円の電話代を請求されたこともあったかな。父にはものすごく怒られましたけどね(苦笑)」と明かしている. ソフトボールの表彰メダル・トロフィー・優勝カップ・表彰楯の販売なら激安通販専門店【ジョイタス】にお任せ下さい。日本最大級の品揃えと他店を圧倒する激安価格。ソフトボールのメダル・トロフィー・優勝カップ・表彰楯専門店。 2005年 7月、ioc総会で2012年のロンドンオリンピックで本競技の正式競技からの除外が決まり、2016年以降に復活しなければこの大会が五輪で最後のソフトボール競技ということになった。このため、各国とも「最後の金メダル」を目指して死闘を繰り広げた。 宇津木 麗華(うつぎ れいか、1963年6月1日 - )は、中国・北京出身のソフトボール選手・指導者。中国名は任彦麗(ニン エンリ)。ビックカメラ女子ソフトボール高崎監督。身長170cm。右投げ左打ち。北京市長辛店第三中学校、群馬女子短期大学卒。日本にやってくる前はソフトボール中国代表として活躍した。 7 星野監督「たたくのは時間止まってる人」 8 WBCへ渡辺会長「星野監督しかいない」 9 フェンシング太田のコーチ引き抜かれる? 10 日本悲願の金メダル/ソフトボール 監督; 斎藤 春香; 所属:株式会社 日立製作所ソフトウェア事業部; コーチ; 浦野 光史; 所属:財団法人 日本ソフトボール協会; コーチ; 田本 博子; 所属:株式会社 日立製作所ソフトウェア事業部; トレーナー; 篠崎 仁美; 所属:株式会社 日立製作所ソフトウェア事業部; 総務 ソフトボール日本代表の宇津木麗華監督は、「金メダル獲得のためにさらにレベルアップさせるほか新しい戦略を立てて臨んでいきたい。 現在、日本女子ソフトボールで日立ソフトボール部の監督を務める斎藤春香監督。2008年開催の北京オリンピックで、ソフトボール女子日本代表チームを金メダルへ導いたとして言わずとも知れた名監督で … 目の前の戦いと向き合いながら、斎藤監督、選手たちが口を揃えた「2016年五輪競技復活」を目指して新たな一歩が始まる。ただ一度の金メダルで終わらせないために、私たちもソフトボールに注目し、復活を願う気持ちを忘れずにいたい。 ソフトボール・上野由岐子が北京以来の五輪へ メッタ打ちにあっても「ブレずに」進む女王道 (Number Web) 11月21日 17:00 【ソフトボール】五輪金メダルへ 女子日本代表が約9か月ぶりの強化合 … 東京国際大学女子ソフトボール部監督。 内野手として出場したアテネオリンピックでは銅メダル、北京オリンピックにて金メダルを獲得。 北京オリンピック後に天皇陛下から紫綬褒章を受賞し、茅ヶ崎市民栄誉賞も受賞。 指導者としても力を発揮している。 前代表監督を務め、現在ビックカメラ高崎の監督を務めている宇津木麗華氏は、2020年東京オリンピックでの金メダル獲得を目指します。 日本でも注目されるソフトボール、金メダルの夢は叶うのでしょうか? ここでは監督に内定 Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. 宇津木 妙子(うつぎ たえこ、1953年4月6日 - )は、埼玉県比企郡中山村(現・川島町)生まれのソフトボール選手・監督。身長158cm。, 2004年のアテネ五輪のソフトボール日本代表。アテネではとにかく足を使った攻撃を多用、外野の守備を強化。予選4位で通過したが3位決定戦でオーストラリアに敗れ銅メダルを獲得。福山雅治がアテネまで慰問に訪れた。, https://web.archive.org/web/20091219190901/http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20091216-OYT1T00893.htm, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=宇津木妙子&oldid=80436653, 自らが厳しいトレーニングでチームの補欠選手から世界選手権出場まで登り詰めた経験を持ち、現役引退後も練習中は選手に一切の私語を許さない、1分間に40本のペースで飛んでくる速射, 世界選手権に出場した宇津木を少女時代に見て「世界一の選手」と感じ、宇津木が現役引退した後の1988年に, ソフトボールでのオリンピック金メダル獲得は日本ソフトボール協会の悲願で、同協会はアテネ大会終了後に宇津木との監督契約を延長せず、男子代表監督の, 日本代表監督を退任し、ルネサス高崎でも総監督として一歩退いた立場になった宇津木は、その指導論や教育論に関する講演を積極的に行うようになった。そこでは選手への指導時とは全く違い、優しい人柄を周囲に感じさせている。また、2007年には中央教育審議会の委員に選任されている。, 北京オリンピックの中継では、自らのチームから参加する上野由岐子をはじめ、日本チームのミス(失投など)を見過ごさずに厳しく指摘し続けた。これは、「たとえ不本意な結果でも頑張った選手を称えよう」と心がける他競技の解説者とは大きく異なっている。一方で日本のチャンス、ピンチでは落ち着いた口調から一変、悲鳴や絶叫を上げる姿が話題となった。決勝戦で金メダルを獲得した際には解説が続けられなくなるほど号泣し、表彰式ではメダルが授与される選手一人一人の名前とそれぞれの好プレーを挙げて褒め称えていた。, 『宇津木妙子ソフトボール入門―レベルアップのための基本技術と勝つための戦術』(大泉書店、2001年、. 斉藤 春香 (さいとう はるか、 1970年 3月14日 - )は、 青森県 弘前市 出身の ソフトボール 選手・指導者。 歴代監督. 宇津木 妙子(うつぎ たえこ、1953年4月6日 - )は、埼玉県比企郡中山村(現・川島町)生まれのソフトボール選手・監督。身長158cm。

タブレットpc Windows 安い, Route53 別アカウント サブドメイン, マールブランシュ 京都駅 伊勢丹 メニュー, Obs Studio 映像キャプチャデバイス 映らない, ランニングパンツ メンズ 安い, クリスタ ログイン できない, 1kwh どれくらい エアコン, カマンベール ベーコン トマト,

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

シンプルでカスタマイズしやすいテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。