アドマイヤ マーズ 賞金

アウィルアウェイ:実績は1400mまでで前走のスプリンターズSでは10番人気ながら3着と鋭く追い込んできたのだが、初のマイルがG1というのは普通に考えると厳しく、差し難い今の阪神の馬場も向いていない。 対して本命を打ったラヴズオンリーユー。ラッキーライラックを奪われた形で奮起するかと思われたM.デムーロ騎手ですが、余分に外々まわって最後たれるという何の工夫も無い残念騎乗でした。 穴で:ライトオンキュー, ダービーは、馬券的にはメインである3連単がダメで稼げませんでしたが、見ごたえのあるいいレースだったと思います。断然人気とはいえ、勝ったコントレイルへの「相当な不利など無ければ、この相手にまず負けない、サリオスは善戦するも逆転はない」というところまでは良かった当コラム内容。が、しかし3着ヴェルトライゼンデが10番人気(執筆時点5番人気想定)なら、買っておけば良かったなあという結果に。ヴェルトライゼンデは、皐月賞コラムの際に「スミヨン騎手が、『道悪は良くない』とコメントしていた」ということに触れましたが、今回その通り、良馬場で巻き返してきました。やはり、スミヨン騎手レベルになると言っていることはきっと正しいのでしょうね。皐月賞の走りががっかりで、巻き返しよりは人気で消して妙味かと思ったのですが……。3番人気8着のワーケアや、4番人気11着のサトノフラッグの評価を下げられていただけに、惜しい結果となってしまいました。まあこればかりは仕方がないですかね、コロナで辛い日々が続きますが、5月はWIN5の分も含めて月間過去最高くらいに稼げたので、切り替えて安田記念で頑張ります(WIN5は、3週連続「4」止まりで、もうちょとやれたのではと正直思っていますが)。 有力:グランアレグリア、サリオス、インディチャンプ 7番人気想定 ライトオンキュー:シャマーダル×レイヴンズパスという配合のダーレーの馬で、じわじわと力をつけてきた。昨年11月の京阪杯勝ちの後は長く休んだが、夏の札幌でオープン特別で楽勝、G3キーンランドC2着と好走してここへ。頭は無いがヒモはあって良いレベルに力をつけてきていて、穴として狙いたい馬。 アドマイヤマーズ正攻法の競馬で3着 川田「この馬本来の走りができたと思います」 (サンケイスポーツ) 2020-11-22 19:50:01 アドマイヤマーズ3着 川田は相手称える「強い2頭がいた」 叩き2走目ということでさらに状態は上がると思います。 9番人気想定 ペルシアンナイト:夏の札幌記念では久々に2着と馬券に絡んだし、その時にはラッキーライラックに先着したのだが、富士Sで4着だったように全盛期の力はない。 もっとも、過去のレースを綿密に振り返ると、今回の逃げは決して特別なことをしたわけではない。基本的にこれまで通り、スタートからギアを入れずにフワッと出して行くレースをしただけだ。ただ今回はさらに距離が延びた上に、他馬がまったく行く気を見せなかったので、結果的に「1番手」に収まってしまった。これはある意味横山典騎手の得意パターンでもあり、あそこから気分良く逃げてそのまま…ということも多々あった。ただ誤算は恐らく1コーナーだろう。もう少しフワッと入れれば良かったが、そこで掛かってエキサイトしてしまった。こうなるともう手が付けられない。直線早々にガス欠したのは、前半の折り合いが上手く行かなかったことに尽きる。 ○TARO プロフィール 近5年内 (2-2-0-1/5) 来年は、距離を伸ばすとも言われていますが、個人的にはスプリンターとマイルで 全く疲れを残さないレースだったと思います。 〜武蔵野Sは毎年荒れるドル箱レース ボンゼルヴィーソ 大チャンス . <傾 向> 共に出現しているだけに、今年は期待薄!? 総賞金: 28,868万円: 収得賞金 ... アドマイヤマーズ:492kg +10kg 前走ぐらいに絞れそうでOK インディチャンプ:484kg +4kg 前走より絞れそうでOK! グランアレグリア:504kg 前走と同じ 輸送で絞れる … 【マイルCS】登録馬 グランアレグリア、アドマイヤマーズなど17頭 [News] 2020/11/08(日) 17:30 11月22日(日)、阪神競馬場で行われる第37回マイルチャンピオンシップ(3歳以上GI・芝1600m)の登録馬は以下の通り。 月曜日 : お休み ハイブリッド指数予想を止めて重賞レース“総合分析”予想へ変更 ツキもないかなと思っています。 ダイメイフジ:今年はG3の函館SS2着止まりと力が落ちてきている感あり。 10番人気以下想定 8番人気想定 クリノガウディー:2歳時には、ここで断然人気のグランアレグリアがアドマイヤマーズに寄られて3着に負けた朝日杯FSで2着と同馬に対して先着。今年3月の高松宮記念でも、15番人気ながら激走(斜行して降着)をみせたが。ここではあまり期待できず。 詳細は、ブログまで訪問して下さい。 19'NHKマイルC (G1) 近親馬. デアリングタクト(牝3、美浦) アドマイヤマーズ・4歳牡馬 父:ダイワメジャー 母:ヴィアメディチ 母父:Medicean 主な勝鞍:2019年・香港マイル 馬名の由来:冠名+火星. シヴァージ 確実な成果. 「すごく良いスタートを切って、良いポジションがとれました。スタートしてすぐ落ち着きましたし、ずっとリラックスして冷静に走れました。4コーナーまではすごく良いレースができましたね。直線で前が少し狭くなりましたが、それも競馬です。他のジョッキーも1番人気のこの馬をマークしてきて、良いタイミングで外へ行けず、我慢しなくてはいけませんでした。でも、いい瞬発力を見せてくれました。ラスト150mで広いスペースに出して、良い脚を使って、インディチャンプを交わしてくれました。彼女の強さを見せてくれました。素晴らしい馬です。まだ4歳ですし、大人になって落ち着きも出たので、乗りやすくなりました。彼女のパワーを全部使えるようになりましたから、来年も楽しみです」 勝率20%/連対率40%/複勝率40%/回収率82% 10番人気以下想定 マークがきつい中での完勝なので強いの一言。 <<さらにプラス1!>>, 今年も秋のG1シーズンがやってきました。13週のうち11週がG1という、まさにほぼ毎週G1の楽しい時期でもあります(最終週は有馬記念とホープフルSのG1 2つの週です)。やはり金額的にも大きく投じることの多いG1で好成績をおさめて、病院も、看護学校、普段の生活も何かと大変だったこの2020年、頑張ったぶん馬券的には良かったと言えるようにしていきたいと思っています。そして、このコラムでは分析や下調べにも励み、読んでいただいている皆さんに貢献をと考えています。それでは恒例の全頭診断へ。 (毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり) 3番人気想定 ダノンキングリー:昨年は皐月賞3着、ダービー2着と活躍し、秋も毎日王冠勝ち、今年も中山記念勝ち、大阪杯3着と1600~2000mあたりでは大崩れなく走っている。前走大阪杯は逃げて3着だったが、それなりにはやれそう。いつも力通りには走るタイプで、大物喰いの激走はあまりないタイプでは。 5番人気想定 アドマイヤマーズ:1番人気になるであろうグランアレグリアが連対を外した2回をいずれも勝利している、天敵とも言える存在。休み明けのスワンSでも3着に来ての参戦で、川田騎手もあり人気になりそうだが、個人的には非常に相性の悪い馬であまり買いたくない。 クレッシェンドラヴ:ステイゴールド×サドラーズウェルズの配合の割には2000m前後がベストで、2400mで特に買いたい感じはしない。 東京大賞典をオメガパフュームで勝って、こりゃ来年はミルコ・デムーロ騎手の年かも・・って思ったものでした。 その騎乗についていろいろと言われていますが、大外枠であの位置取りになった時点で仕方ないですね。 (京都2歳S) 近5年内 (1-1-2-3/7) 人気は安田記念の覇者グランアレグリア、毎日王冠からの参戦となりコントレイル以外に負けたことがないサリオス、そして昨年の春秋マイル王インディチャンプの3頭だろうか。 ここのところ、極端な騎乗が多いような気がしています。 2番人気想定 モズスーパーフレア:高松宮記念は繰り上がってではあるが1着となりG1制覇。前走北九州記念をやや太目で逃げ粘って(2着)のひと叩きを経て、狙いすましたローテでこのレースを迎える。今回の中間は、音無厩舎らしく、栗東坂路で50秒台の時計が1週前に出ている。ハナを叩かれそうなライバルも居らず、割と楽に逃げられそうで最短距離をぴったり回れる公算も。スプリントG1春秋制覇は十分ある。 恐らくレシステンシアの逃げはそれほどハイペースにはならず流れは落ち着く可能性が高い。というのも、北村友騎手は無茶をするタイプではない。できるだけ馬なりで入って、そのリズムを守るのが同騎手の流儀だ。スタートが速く加速力もあるレシステンシアだが、そこからは出たなり。他の馬が絡んでくれば譲る可能性もあるし、絡んで来なければ淡々と流れる。 1番人気想定 グランアレグリア:昨年は桜花賞、今年は高松宮記念2着、安田記念とスプリンターズS勝ちと、ディープインパクト×タピット(アメリカでも最高値レベル続く種牡馬)牝馬というだけあり高い能力を示している。前走のスプリンターズSは後方から能力が違うと言わんばかりの突き抜けを見せた。本質的には1400mで世界最強レベルなのだろうが、今の阪神なら、早めに抜け出して、残り1Fは流して勝っちゃうかも。 香港国際競走が13日に香港・シャティン競馬場で行われる。スプリント、マイル、カップの3レースは日本国内でも馬券が発売される。 日本馬は計6頭が参戦。スプリントには昨年のスプリンターズS勝ち馬タワーオブロンドンに加え、父ロードカナロアとの親子制覇が懸かるダノンスマッシュがGI初勝利を目指して出走。マイルでは、アドマイヤマーズが連覇を目指す。 メインの香港カップは、連覇が懸かるウインブライトがラストランで有終の美を飾れるかに注目。ダノンプレミアム、ノームコアはそれぞれGI2勝目を目指す。, 香港国際競走(13日、シャティン)に出走する日本馬のダノンスマッシュ(栗・安田隆、牡5)=スプリント、アドマイヤマーズ(栗・友道、牡4)=マイル、ダノンプレミアム(栗・中内田、牡5)=カップは、2日午後6時41分関西国際空港発の便で出発し、同10時51分(現地時間同9時51分)に香港国際空港に到着。3日午前0時20分(同2日午後11時20分)にシャティン競馬場へ入厩した。, JRAは25日、香港国際競走(12月13日、シャティン、GI)の招待受諾馬を発表した。カップ・芝2000メートル=ウインブライト(美・畠山、牡6)、ダノンプレミアム(栗・中内田、牡5)、ノームコア(美・萩原、牝5)。マイル・芝1600メートル=アドマイヤマーズ(栗・友道、牡4)。スプリント・芝1200メートル=(ダノンスマッシュ(栗・安田隆、牡5)、タワーオブロンドン(美・藤沢和、牡5)。, マイルCSで3着だったアドマイヤマーズ(栗・友道、牡4)は、連覇がかかる香港マイル(12月13日、GI、シャティン、芝1600メートル)に向けて調整を進める。 友道調教師は25日、「様子を見ながらですが、ダメージはなさそうですし、あす(26日)から(輸出)検疫に入ります」と話した。★アドマイヤマーズの競走成績はこちら, 5番人気のアドマイヤマーズは勝ち馬から0秒2差の3着。直線の叩き合いで後れを取ったが、国内外のマイルGI3勝の底力は発揮した。 「乗せていただいたここ3回のなかで、今回は圧倒的に具合が良かったです。とてもいい内容で、この馬本来の走りができました。それ以上に強い相手が2頭いました」と川田騎手。友道調教師は「(スワンSを)1回使って、状態も良くなっていたし、力は見せた。最後は決め手の差」と振り返った。★22日阪神11R「マイルCS」の着順&払戻金はこちら, 11月22日の阪神11Rで行われた第37回マイルチャンピオンシップ(3歳以上オープン、GI、芝1600メートル、定量、17頭立て、1着賞金=1億3000万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気グランアレグリア(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が直線で前が開かない不利を跳ね除けて勝利。GI3連勝&史上8頭目の春秋マイルGI制覇を果たした。タイムは1分32秒0(良)。 マイルGI3勝のアドマイヤマーズは、道中3~4番手から正攻法の競馬で進み、直線でもじわじわと伸びて3/4馬身+クビ差の3着に入線した。 川田将雅騎手「乗せていただいた3回の中では圧倒的に具合が良かったです。とてもいい内容でこの馬本来の走りができたと思いますが、それ以上に強い馬が2頭いたということです。精いっぱい頑張ってくれたと思います」★【マイルCS】払い戻し確定!! 全着順も掲載, 先週のマイルCSは予想通りルメール騎手と強い馬(グランアレグリア)が強い競馬を見せてくれたのと、やはりM.デムーロ騎手のサリオスがスローなのに後方で冴えない騎乗、というざっくりそんな印象の結末に。まさしく今の流れなんでしょうね。私自身は、相性の悪いアドマイヤマーズが3着に来てしまったので儲かりませんでした。 能力差をカバーするために極端な競馬になっているのかなあとも思っています。 G1・3勝馬が約2年ぶりに京都コースに帰ってくる。 格の違いを見せられるか。 セイウンコウセイ:加齢でズブくなってきても、芝マイル以上実績ゼロでの激走は期待できない。 〜マイルチャンピオンシップ展望 <注目馬> 4番人気想定 レシステンシア:桜花賞2着、NHKマイルC2着と活躍しているが、再三指摘のトップ以外は弱いこの世代だけに微妙。正直マイルでも長いのでは。 ステルヴィオ 適正微妙、工夫が必要. さて、今週末はマイルチャンピオンシップが開催される。来週はジャパンカップが控えているが、負けず劣らずの豪華メンバー。マイルG1ホース8頭が顔を揃えた。 週末は、当てる事ができたのか!? アドマイヤマーズなど近藤利一氏の所有馬は12月19日に旬子(じゅんこ)夫人の名義に代わるが、馬を愛したオーナーの夢を背負って走り続ける。 「スミヨンはマイルがベストと言っていました。海外を含めてマイルのどこかになるでしょうね」と友道調教師。 有力:モズスーパーフレア、グランアレグリア 【リニューアル週間スケジュール】 最有力:アーモンドアイ 今週始めから真冬並みの寒波襲来!? メイケイダイハード:7月の中京記念ではびっくりの18番人気Vだったが、その後2戦ともに2桁着順ときているようにここでの一発は期待薄。 月曜、G3東京スポーツ杯2歳Sでは、10番ジュンブルースカイ軸で勝負! <まとめ> (ジャパンC) サートゥルナーリアにはルメール騎手が騎乗。ルヴァンスレーヴは故障で長期離脱になり ただ、3年連続出現しているだけに、今年は期待薄!? →1マイル以上のレースを勝ち上がってきた馬が中心。ただし、中山のレースしか勝っていない馬は上位に食い込めていません。 ▼2020年10月31日(土) 京都11R 毎日放送賞 スワンステークス 穴で:ヴァンドギャルド, 先週はエリザベス女王杯が行われ、1番人気のラッキーライラックが、直線力強く抜け出し連覇を達成。大外枠を不安視されたが、それを払拭する見事な勝利だった。このまま順調に行けば次走は有馬記念に出走する可能性もある。そうなると、今週同じく有馬記念に参戦を表明したクロノジェネシス、そしてフィエールマンなどとの激突が実現することになる。今から年末の大一番を楽しみに待ちたい。 6番人気想定 ラウダシオン:春はNHKマイルCを勝ち、秋になって古馬相手にも富士Sで2着とマイル路線での実力上位を示した。ラチを頼らないとフラフラする面などもあるので、武豊騎手に戻ることは外を回すM.デムーロ騎手よりプラスなのでは。 4番人気想定 グランアレグリア:昨年の桜花賞馬で、前走の高松宮記念で2着したが、東京マイルは昨年のNHKマイルCで1番人気5着止まりだったように、あまり適性は感じない。ただ、もまれず気分よく走りさえすれば激走はあるタイプで(頭もあるが大凡走もあるタイプ)、枠や展開次第の側面も大きそう。もまれ弱いだけに、今回フルゲートとならないのは良いのでは。 過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度) LAP(前半 3F34.9秒) 【“JRA、かつ中山以外、かつ1600m以上のレース”において1着となった経験の有無別成績(2014年以降)】 その前走は、ぶっつけで秋華賞に挑んで。1馬身1/4差の快勝。 「競馬は思い通りに行かない。思い通りに行かないことを認めて、その前提で予想をする」 木曜インパクトデータを止めて重賞レース回顧(日記)へ変更 アドマイヤマーズ [牡3・栗毛] 父:ダイワメジャー 母:ヴィアメディチ: 馬主: 近藤 利一氏: 生産地: 北海道勇払郡安平町: 生産牧場: ノーザンファーム: 戦績: 7戦5勝: 獲得賞金: 273,525,000円: 主な勝鞍: 重賞3勝目 2018年 デイリー杯2歳ステークス(gⅡ) リーディング上位の騎手ですら今年、GⅠを勝ってない方もいるわけで、それだけも騎乗技術は確かな証拠だと思います。 ベステンダンク:オープン特別で長くコツコツと稼ぐ馬主孝行馬だが、G1でどうこういう馬ではない。 ●なし [1-0-2-44](3着内率6.4%) 【着別度数】単勝回収率/複勝回収率 9番人気想定 ミスターメロディ:昨年の高松宮記念はかなり巧く乗ってのラッキーパンチ的な勝利ではあったものの、芝ダート兼用の馬で、以降いろいろと稼ぎどころはあるかと思ったが……。芝でもダートでもさっぱり。東京マイル向きではなく、激走は期待薄。 16年から継続して馬券に絡んでいる為、今年は期待薄!? (京阪杯) 近藤 利一 (こんどう りいち、1942年 9月1日 - 2019年 11月17日) は、大阪府 大阪市北区にあるはつり・建築 解体工事会社「合建株式会社」元代表取締役 会長。 また中央競馬の馬主として、日本馬主協会連合会の労務・預託委員長、日本中央競馬会運営審議会委員などを歴任した。 7番人気想定 サウンドキアラ:今年前半は京都金杯、京都牝馬S、阪神牝馬Sと重賞3連勝の後にヴィクトリアマイルでも2着と好走した。ただ秋になりスワンSでは1番人気で10着と惨敗していて、好調期間の終わった牝馬は買いにくい。 インディチャンプvs新生アドマイヤマーズvs新生グランアレグリア 目茶苦茶楽しみ 13: 名無しマン 2020/04/28(火) 20:55:43.47 →東京・京都のレースを主戦場としてきた実績馬は堅実。特別登録を行った馬のうち“2019年以降、かつJRA、かつ東京・京都、かつオープンクラスのレース”において2着以内となった経験があるのは、アドマイヤマーズ・アルーシャ・サウンドキアラ・ステルヴィオ・ベステンダンク・レインボーフラッグの6頭だけです。 勝率14%/連対率28%/複勝率57%/回収率174% そもそもエージェントを変えている時点で良い馬が回ってこないので セリ取引価格. 勝率40%/連対率80%/複勝率80%/回収率164% ワールドプレミア:昨年の菊花賞馬で有馬記念でも3着と好走するも、今年はここまで使えず。ただ調教の動きは良く、長期休養明けは気にせず買ってみたい。 結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。 勝率10%/連対率20%/複勝率60%/回収率233% アドマイヤマーズの詳細情報です。競馬楽しむならdメニュースポーツ!国内g1レースや海外競馬の直前情報、レース結果など最新ニュースを無料でご覧頂けます。 ■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。 ラブカンプー:7月のCBC賞は久々の逃げ切り勝利だったが、それ以降2桁着順続きで、体力的にももうお釣りが無いのでは。 *各曜日の予想を週末の重賞レース“総合分析”予想のみに絞り込みます。 メイショウグロッケ:牝馬重賞を使っていたが、前走1200mを使ってみたところ距離短縮で鋭い末脚をみせた。ただG1でどうこういう存在ではないのでは。  2着でも納得のインディチャンプ。これ以上ない競馬を展開し、実力を見せつけました。福永騎手がレース後に話していたように、やはりこの馬はマイルまで。香港に行かず、休養して来年の短距離路線で活躍して欲しいです。 そのため騎乗停止も多かったわけですが、最近は、騎乗停止が少なくなっているように思います。 直線へ入ってからは外からかぶせられて出すところがない状態になりましたが ビアンフェ:前走は逃げない競馬でも折り合えたとのことだが、3歳馬でまだこれからの存在では。 アーモンドアイ:いよいよ引退レースとなる。春のコラムでも触れた部分だが、秋は東京コースしか使わないだろうというのは予想通り。最も向くであろう秋の天皇賞でも、ラストで詰められたように、さらに400m延びるのは正直きついのでは。能力が高すぎるだけに、どうにかしてしまうかもしれないが......。 8番人気想定 ダノンスマッシュ:NHKマイルC以来の1400m以上戦だった前走の京王杯SCを逃げて勝ってきた。ただ、更に200m延びて、逃げの上手くない三浦騎手(内枠の逃げはそれなりの数値を出ているようだが、馬の力より下の騎乗ばかりと私自身は思っている)だけに、ちょっと厳しいのでは。ここまでそれなりにチャンスのある馬にも乗ってのG1での全敗は、偶然でなく必然という状況だけに、何でこの騎手指名?という印象 スプリンターとマイルでは敵ナシという所を見せましたね。 勝負所でも好位のまま直線へ。 週末、2戦2敗…完敗。2レース共に、軸馬3着入線。本命戦だけに、当てることだけに集中すれば必然的に馬券はワイド馬券に絞れる。儲けることも大事だが、当ててナンボの世界!! ついでに応援”ポチ”もよろしくお願いします。 スカーレットカラー:前走得意の東京で、陣営がかなり色気をもってがっちり仕上げていた後だけに、調教の動きは良い。ただ、右回りのG1だけに要らないのではないか。 近5年内 (2-1-2-0/5) タイセイビジョン:早い時期から活躍してきて、昨年は函館2歳S2着、京王杯2歳S勝ち、朝日杯FS2着、アーリントンC勝ち。とここまでは良かったのだが、NHKマイルC4着、秋になっても富士S5着と段々とトップグループから離れつつあり、成長力がいまひとつの可能性(これだけ稼げばもちろん立派ではありますが)。 ●440kg以上 [4-4-4-11](3着内率52.2%) 我が懐も、寒波に襲われ始めて、このまま停滞するのか?心配です…。  一気に下降線をたどることに。 9番人気想定 エイティーンガール:重賞初制覇となった前走キーンランドCは、特殊馬場を外から追い込んできてのもので坂井騎手の好騎乗の要素が大きい。連続激走は難しいのでは。 アドマイヤマーズ 調整段階. 注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数3~4位" ケイアイノーテック:2年半前のNHKマイルC勝ち以降は低迷が続き、今年は掲示板の下のほうには来ているのだが、この相手だとやはり厳しいだろう。 あと、アグレッシブさが影を潜めている感じもします。 外の馬が先に行くまで我慢して外が空いてから外に出して追い出し開始。 いつもブログ訪問される方々、ありがとうございます。 アドマイヤマーズ ●440kg未満 [0-0-0-7](3着内率0.0%) 2番人気想定 インディチャンプ:昨年の東京新聞杯勝ち、安田記念勝ち、マイルCS勝ち、今年は読売マイラーズCで圧勝と、現役マイラーの最強クラスにはいる馬。前走マイラーズCは2馬身差の楽勝で、唯一アーモンドアイを逆転する可能性があるとすればこの馬か(とはいえ、逆転は厳しそうだが)。崩れるのは考えにくい、充実期間に入っている。 朝日杯フューチュリティステークスをアドマイヤマーズ、ホープフルステークスをサートゥルナーリアで勝ち。 宜しくお願い致します。, 先週の日曜のメインからマイルチャンピオンシップを回顧。 デアリングタクト:昔だったら3歳牝馬というだけで消して良かったくらいだが、成長・完成の早い今なら53kgはかなり有利。秋華賞から中5週あり、調整もしやすく順調。本質的にこの距離・コースも3強の中ではもっとも適性が高く、妙味があるのではないか。 <まとめ> 【前走の馬体重別成績(2016年以降)】 【“総合分析”予想 第11期途中経過】 日本競馬史上最多の芝G1 8勝を誇るアーモンドアイ、無敗の三冠馬コントレイル、無傷で牝馬三冠を制したデアリングタクトという、歴史に名を刻んだ3頭が競演するドリームマッチ。 グローリーヴェイズ:約1年前には香港ヴァーズを勝ち、今秋も京都大賞典をしっかり勝っての参戦。メジロ母系だけに、あまり高速馬場過ぎるのは嫌でもあり、今の馬場はちょうど良いのでは。 5番人気想定 ダノンプレミアム:昨秋のマイルCSではインディチャンプに1馬身半負けた。ちょっと長いであろう豪クイーンエリザベスS3着と地味な結果だったが、日本の高速マイルは向いている印象。巻き返しはあり得る存在で、ここは妙味もありそう。 →馬格のない馬は過信禁物。また、前走の上がり3ハロンタイム順位が4位以下だった馬も2016年以降[0-0-1-8](3着内率11.1%)と苦戦していました。 2019年12月8日 0回シャティン0日目 五分のスタートから道中は、好位からの競馬。 今は馬場が速いので字面は速くても隊列はやや前が有利、差し一手だと厳しいだろう。 6番人気想定 レッドアンシェル:北九州記念ではブリンカー効果があったようで、モズスーパーフレアを差し切ってみせた。あとは鞍上。何年か前ならテン乗りのM.デムーロ騎手はG1で期待できたが、近年そうでもなくなってきていて……。 7番人気想定 ノームコア:昨年のヴィクトリアマイルを勝ち、昨秋の富士Sも勝ち、今年のヴィクトリアマイルも3着と、東京マイルは最適舞台。アーモンドアイは強いにしても、好走が期待できる。 ●なし [0-0-0-44](3着内率0.0%) ヒモに:グローリーヴェイズ、ワールドプレミア、キセキ ジャパンC=東京(芝)2400=【3-2-2-3】73%/86% 決して腕が落ちたとは思っていません。ただ、極端な競馬が板につきつつあるのが気になります。 スワンSは厳しい内枠だったが、それでも最後までじわじわ伸びて一定の力は見せた。もともと叩き良化型で1F延長も歓迎、阪神に替わるのもプラスだろう。川田騎手ならそれなりに位置を取ってくれる可能性は高く、前を見ながら絶好位につけられそうだ。一角を崩すチャンスがある。 <まとめ> ブログのアドレス  https://89923493.at.webry.info/ 優勝したダノンザキッド中心に馬券は売れ、低配当になっていた。前日の「マイルCS」をすっかり忘れ…残念。 運よく人気薄が引っ掛かったように見えるかもしれないが、そうではなく、運よく人気薄が引っ掛かるレースを選んで勝負している、ということである。本コラムでも再三書いているが、改めてレース選択の重要性、波乱度の高いレースを狙うことの大事さを感じた。武蔵野Sは基本的に波乱の構造なので、来年も忘れないでおきたい。 2着に差してきたサラキアは、こちらもコラムでも高い評価を与えていた一頭ですが、北村友騎手(14日12Rでの斜行により今後騎乗停止へ)が鋭く末脚生かす競馬。 そこからはあっという間に前を捕らえました。 仮にワイド馬券(4-7 320円)1点なら…残念。 トーラスジェミニ:エイシンフラッシュはかなり例外だったと思われる瞬発力の無いキングズベスト産駒だが、重賞実績がエプソムC3着のみとほとんど無く、要らない。 斤量53㌔で出走できる3歳牝馬で、いまだ無敗という底知れない強さは大きな魅力。 カレンブーケドール:昨年はオークス、秋華賞、JCでいずれも2着と活躍。今年は京都記念2着、秋になってオールカマーも2着と、なかなか勝ち切れないのは変わらず。ただ昨年ほどの勢いは感じず、55kgを背負い、相手も強くなり、内目で前に行って粘りにくい馬場状態の今年は、消して妙味か。 JCは史上最高のメンバーと言われるほどすごいことになっており、馬券を当てたいのはもちろんですが、観るだけでもかなり楽しいと思います。時代的に、有馬記念がオールスター戦にならず、賞金も高く力を出し切りやすいコースでもあるJCがオールスター戦なのかもしれません。 前置きはそのくらいにして、ミルコ・デムーロ騎手についてですが ヨシオ:ずっとダートを使われてきて、7歳秋のここで芝を使ってきても買いたいとは思えない。 無双の強さを誇って欲しいと思っています。 【ラップ分析実戦 結果検証篇】 7 R 香港マイル(G1) 芝右1600m / 天候 : / 芝 : 良 / 過去の香港マイル. 5,616万円 (2017年 セレクトセール) 獲得賞金. グランアレグリア(1着)騎手のコメント 2歳 馬齢 京都芝1600m・外1着賞金3800万円1着:アドマイヤマーズ(牡2|父ダイワメジャー|ノーザンファーム生産)2着:メイショウショウブ(牝2|父ダイワメジャー|三嶋牧場生産)3着:ハッピーア … ウェイトゥパリス:唯一の外国馬で、血統表で、父はデインヒルやイルドブルボン、母にはカロやヌレイエフといった、日本でもおなじみの名があり、日本の芝にも適性があってもおかしくなさそう。ただ、実際問題は、日本の高速馬場は辛いのではとみる。 加えて武蔵野Sは難解なレース。昨年も波乱になったように、ダート競馬の中では差しが届きやすく、通常のダート戦で求められる先行力や立ち回りとは異なる能力を問われる。難解なレースは敬遠するのではなく、むしろ難解なレースは高配当を仕留めるチャンス。今年も波乱があるとみて手広く攻めた。 第11期(11月7日~11月29日)8日間(京王杯2歳S~京阪杯)13戦 京阪杯=阪神(芝)1200=【2-2-0-6】50%/61% <全頭診断> 勝率40%/連対率60%/複勝率100%/回収率168% ルヴァンスレーヴでチャンピオンズカップを勝ったのも皮切りに 今年は、この時期としては暖かく、競馬日和が続いていましたが、 アドマイヤマーズのひとつ上にフレッチア、ひとつ下にアロハヌイロア。 3頭はともにセレクトセールで取引されています。 ●あり [4-5-3-21](3着内率36.4%) 騎乗技術が落ちていない理由は、何だかんだで毎年、GⅠ(ビッグレース)を勝っているからです。 (KKベストセラーズ)、『回収率を上げる競馬脳の作り方』『回収率が飛躍的に上がる3つの馬券メソッド』(いずれも扶桑社新書)、『万馬券の教科書 -新時代のサバイバル穴予想術』(ガイドワークス)。, 週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。今週のターゲットは、萩ステークス・毎日放送賞スワンステークス・アルテミスステークス・福島民友カップ・カシオペアステークス・天皇賞(秋)の6レースです。 アドマイヤマーズは、同舞台の朝日杯FSを含めてマイルGI3勝を誇る。15日の日曜には坂路で4ハロン51秒5の好時計を意欲的にマークしており、休み明けのスワンS(3着)を叩いた上積みは大き … ブログのアドレス   https://89923493.at.webry.info/ それでも、個人的には同騎手らしい勇気ある素晴らしいチャレンジだったと思う。 カツジ:前走のスワンSは岩田康騎手による、追い込み馬のびっくり逃げで11番人気での勝利と嵌った形。ここは再現はないだろう。 マカヒキ:昨年のこのレースで4着とそれなりに好走したのだが、今年は大阪杯11着のみの戦績でここへ。順調さを欠いた7歳秋だけに、厳しいだろう。 さて、そんな先週だったが個人的な見せ場はまたしても土曜日、武蔵野Sだった。本命にしたのは◎エアスピネル。エルムSは条件が合わなかったが、その一戦で人気が一気に落ちていた。 〇ボンゼルヴィーソ. しかしその翌年は、アドマイヤマーズかサートゥルナーリアか選択を迫られ、アドマイヤマーズを選択すると ヒヤッとするところはありましたが、追い出してから捕らえるまでが速かったですね。 アドマイヤマーズの基本情報です。年度別及び累計の勝ち数、連対数、複勝数や勝率、連対率、複勝率の一覧データ。5代血統へ、条件別累計戦績へのリンクも設置しています。 日曜「マイルチャンピオンシップ」の軸馬アドマイヤマーズ、先行3番手追走のまま直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、3着入線。優勝グランアレグリア、2着インディチャンプで本命決着! アドマイヤマーズ欧字Admire Mars漢字頌讚火星品種サラブレッド性別牡毛色栗毛生誕2016年3月16日父ダイワメジャー母ヴィアメディチ母の父Medic. 大川慶次郎さんの予想に魅了され、中学2年の時にネット掲示板で予想スタート。2004年にブログ『TAROの競馬』スタート。2009年9月『競馬最強の法則』で連載開始。2012年より開始した有料メルマガ『回収率向上のための競馬ノート』はまぐまぐ競馬部門で読者数第1位。著書に『ラッキーゲート』 ※引き続き「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。 ただし、指数値64~62のみ。 キングハート:2年半前のG3オーシャンS勝ち以降は、オープン特別すら勝てず低迷続きで、期待できず。 木曜日 : 週末の重賞(刻を見極めるラップ篇) ただアーモンドアイとインディチャンプは強く、馬券的には3着で穴を狙う程度か。 やはりマイルだと追走が楽のようで楽々と好位に付けられました。 クルーガー:前走のダービー卿CTは、8歳ながら4番人気の支持を集め、2馬身差をつけて1着と激走を果たした。芝ダート兼用馬で、ここにきての充実で穴馬にはいいのでは。 二年前のこの時期のミルコ・デムーロ騎手は凄かった。 最後は上がり三ハロン最速の脚を使っているので片鱗は見せたと思います。 土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧 <ポイント> アウィルアウェイ:鋭い末脚をもつ短距離の追い込み馬だが、G3くらいまでなら良いが、ここでは荷が重い。 (アドマイヤマーズ・ダノンキングリーら予想オッズ) ... 競馬ナンデ想定班 (2020年4月18日 23:40) 第70回安田記念. 火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数分析篇) アドマイヤマーズ(2016年03月16日生まれ、牡馬、父ダイワメジャー、母ヴィアメディチ)5代血統表、次走報、予想に役立つ条件別データが無料でみられます! 最後に、ジャパンカップについて。現時点での私の注目馬は、デアリングタクトですね。  評価が分かれるサリオスですが、前に行けば今回の切れを失ったはずで、これが現在の実力と見るべきでしょう。今年は抜けた馬がいて陣営のレース選択も難しいですが、馬の適性、調子を第一に使って欲しいものです。, 会員登録(無料)するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。, アドマイヤマーズ - 競走馬データTOP|11月22日マイルチャンピオンS G1【3着】, マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ, 【マイルCS】アドマイヤマーズ正攻法の競馬で3着 川田「この馬本来の走りができたと思います」, 【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2020年10月28日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(225), 【プレゼント】伊吹雅也プロ監修『ウルトラ回収率 2021-2022』を抽選で3名様に!, http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321, 関係、人気ないのが不思議、前走58キロ、1400、休み明け余裕残し、適性距離でなかった、凡走しても不思議ではない、のに直線で見せ場、差のない競馬、叩き良化型、中間の動き良い、時計マーク、阪神マイルコース適性高い、絶対買い. 反省点として、馬券種の選択!? 昨年、6位55(3着)-7位54(1着) というわけで、上記3頭以外で狙いたいのはアドマイヤマーズ。  3着には完全復活をみせたアドマイヤマーズ。力を信じて前で受けた川田騎手の度胸には拍手です。故近藤オーナーの一周忌も重なった関係で、異常人気になりましたが、この馬は復活すればまだまだ上があります。マイル路線での名勝負を期待したいところです。 <全頭診断> <G1 マイルCS (タイム1分32秒0)の回顧> 3歳馬アドマイヤマーズが香港マイルで、香港最強馬ビューティージェネレーションや日本代表インディチャンプ以下を撃破し見事マイル王の称号を手にした。先日急逝した元オーナーの近藤利一氏に捧げる追悼の走り、競馬はドラマがある。 サウンドキアラ. 日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧 土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇) 過去10年内(1-1-4-4/10) ラッキーライラックは大外枠の分、少し厳しいかと思っていたのですが、さすがルメール騎手だけあって、早め先頭の隙の無い競馬でした。札幌記念での不甲斐ない負け方は騎手がイマイチだったんでしょう(笑)。 一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。 ペルシアンナイト:昨秋のマイルCSはマーフィー騎手の力で3着にねじこんできたが、以前より力が落ちており、ここでの激走は厳しいか。 京都2歳S=阪神(芝)2000=【2-2-1-1】71%/100% さて、今日の本題に入りたいと思います。今回は、ミルコ・デムーロ騎手について。 本年も押し詰まってまいりました。 5番人気想定 ミスターメロディ:芝、ダート兼用馬で、昨年の高松宮記念馬だが以降は低迷が続いていた。前走のセントウルSでは久々に3着と好走した。ただ直線の伸びはジリジリで、重馬場にでもならないと瞬発力不足は補えないかも。 そのマイルチャンピオンシップで2番人気のサリオスに騎乗して5着でした。 過去10年内(2-1-2-1/6) 木曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等 宜しくお願い致します。 <全頭診断> 今年の安田記念はフルゲート割れの14頭立てとなったが、なかなかの好メンバー。 ⇒http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321 【ラップ分析試行錯誤中】 前走の秋華賞は1着でした。 10番人気以下想定 寒波は、主として冬期、広い地域に2〜3日、またはそれ以上にわたって顕著な気温の低下をもたらすような寒気が到来すること。 香港マイルは2019年12月8日に香港・シャティン競馬場で行われる国際g1で、世界からトップマイラーが参戦する。昨年の香港マイルはビューティージェネレーションが連覇達成した。出走予定馬・オッズ・テレビ放送・馬券・日程などをチェックしてみよう。 水曜日 : 週末の重賞(血 統データ分析篇) そんなこんなで、騎手という部分にどうしてもフォーカスしてしまう一戦。個人的には、3連単マルチでちょっとだけ拾えたのですが、あれで210倍は意外でした。今秋は1番人気がきっちりと結果を出すG1続きで、素直さも大事といったところでしょうか。1着3着逆で帯封......、うーん、ルメール騎手がどの馬に乗るか、という時代なんでしょうね。 1番人気想定 グランアレグリア:安田記念で単勝1.3倍のアーモンドアイに2馬身半差をつける圧勝をしてしまったぶん、このメンバーならものすごい人気になりそう。後方から鋭く差してきた高松宮記念では、ここでもぶつかることになったモズスーパーフレアの2着好走を果たし、1200mの流れにも慣れが見込める(本質的には1400mがベストだと思うが)。ただ、ものすごく高い能力がある一方で、もまれたり寄られたりして、これまで負けがある馬。高松宮記念で、斜行により1着から4着降着となったクリノガウディーの隣を走らないよう、要注意か(笑) 有力:インディチャンプ 加えて、斤量も53キロなのも有利だと思います。 競走馬アドマイヤマーズの名鑑ページです。馬主や調教師、血統情報などの基本データから、条件別・競馬場別・距離別のレース戦績や次走情報など、スポーツナビ競馬では中央競馬の情報が満載! 注目(複勝)したのは、"日刊馬番コンピ指数6~7位" 心配事は当日のテンション。一叩きされて悪いほうに出てしまう可能性があるので 注目(複勝)したのは、"馬番コンピ指数5位" 8番人気想定 ヴァンドギャルド:春はマイラーズCで3着の後に安田記念に挑んだが10着と惨敗。秋になり富士S勝ちの後に、ここで再度G1挑戦となる。昨秋は3連勝しており、この時期がいい馬なのでは。ここでも楽しみ。 アドマイヤマーズの兄弟の実績について. そこはパドックで確認したいと思います。, 今回は実力馬の力と騎手の駆け引きを堪能できたレースでした。優勝は今週もダントツ1番人気。グランアレグリアは今回で完全に短距離、マイルでの頂点に立ったといっていいでしょう。なんとも今回のレースで凄いと思ったのが、藤沢調教師のレースの選択。今回のレース展開を見越したような前走スプリンターズSへの出走。豪快な勝ち方で、今回の人気に拍車がかかったのも確かですが、今回、騎手が何もせず好位を取れたのは、まさに前走があってのこと。あとは直線で開くのを待てばよいだけというレースに持ち込みました。直線を考えればギリギリまでブロックし仕掛けを我慢した福永騎手も見事でしたが、その一枚も二枚も上を行ったのがルメール騎手とグランアレグリアでした。藤沢先生は今後は少し距離を延ばす方針のようで、来年は天皇賞秋をターゲットにしそうです。 ワイド(7-2,6,14,16)  馬連(4-7) アルーシャ (賞金)が得られず. 本賞金: 22,590万: 0万: 総賞金: 51,598.4万: 0.0万: 付加賞: 619.5万: 獲得総賞金: 52,217.9万 日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(“総合分析”予想篇) 2017年のセレクトセール1歳馬市場に上場され、友道康夫調教師の推薦を受けた、「アドマイヤ」冠の近藤利一によって5200万円(税別)で落札された 。 基本的にはかなり順当決着傾向が強いレース&コースで、勝つのは上位人気馬である場合がほとんど。 ダイメイプリンセス:新潟直千の得意な快速牝馬も、7歳秋を迎え以前ほどのスピードは無い。新潟直千でもオープン特別3着止まりでは……。 4番人気想定 ダイアトニック:3月の阪急杯は降着となり、逆に高松宮記念では不利を受け繰り上がり3着。函館SSで1着となり1番人気で迎えた前走キーンランドCは札幌の悪天候での特殊馬場だったとはいえ15着と惨敗。安田隆厩舎にしては調教時計が出ておらず、3月の好調時ほどのデキに無いのでは。 いろいろ考えて行くとやはりこの3頭は強そうだが、果たして3頭で決まる確率はどれくらいだろうか。割に合うオッズになれば良いが、今回は上位人気勢のあとに控えている伏兵勢もそれなりに強力なので、やはりひと捻りは加えてみたいところ。 ジャパンC 東京(芝)2400㍍(3歳以上OP) シヴァージ. ヒモに:ダノンスマッシュ、レッドアンシェル ハイペースの失敗逃げのノームコアは、横山典騎手らしいといえば、らしいんでしょうね。行きたがるのをそのまま行かせてハイペース逃げで馬券圏外どころかビリから数えた方が早い惨敗と、高く評価してる人にとっては頭に来る騎乗だったかもしれません。ただ、やはり距離が長かったことと関西輸送もダメだったのではないかとみています。 ヴァンドギャルド:前走のマイラーズCはゲートは悪かったが3着まで差してはきた。ただ爆発力のあるタイプではなさそうで、ここで上位は難しいとみる。 ということである。結果としてかなり高めのソリストサンダーが突っ込んできてくれて、3連複は3万馬券、3連単は20万馬券。 日曜、G1マイルチャンピオンシップでは、7番アドマイヤマーズ軸で勝負! コントレイル:2000m前後がベストとみられるが、菊花賞よりは明らかに向く舞台。ただ、1週前の動きが悪く、ようやく上向いて間に合った感。大目標の三冠達成のために神戸新聞杯も使って秋3戦目となり、やはりお疲れ気味では。 月曜「東京スポーツ杯2歳S」の軸馬ジュンブルースカイ、中団追走のまま直線で一気に突き抜けて優勝…のはずが、伸びてはいるが3着入線まで…。優勝ダノンザキッド、2着タイトルホルダー。反省点として、馬券種の選択!? 以前の輝きを取り戻してほしいなぁと思っています。 6番人気想定 アドマイヤマーズ:私と相性の悪い馬で、グランアレグリアに寄せてのラフプレー気味の朝日杯FS勝ちにしろ、人気のグランアレグリアがヨレて降着となったNHKマイルC勝ちにしろ、昨秋の同舞台富士Sで1番人気9着だったように、全く強いと思ったことのない馬。だが、今年は香港でG1を勝ってきた。日本でイマイチながら香港で強かったエイシンプレストンのように、時計の遅い決着が向くのかもしれない。「並ぶと耳を絞ってもうひと頑張りする」とM.デムーロ騎手が言っており、勝ち馬に並ぶと頑張るのかもしれないが、今の時計の速い東京で買おうとは今回も思わないし、アーモンドアイにラフプレー気味に寄せていくのは、日本国中誰も見たくないのではないだろうか。 ただし、指数値56~54のみ。 以前はもっとインを突いたりして際どい騎乗をしていたように思っています。 結果は、ハズレ…(ノД`)・゜・。 優勝したグランアレグリア中心に馬券は売れ、低配当になっていた。理想的な買い方として、元騎手佐藤哲三氏が1点(4-8)で馬連・ワイド馬券を当てていたことから、まず当ててナンボ! ※週末の重賞の結論は、『TAROの競馬』にて一部無料公開予定。また、馬券の買い方や券種の選び方なども含めた結論は、競馬ノートにて限定配信の予定です。 キセキ:今年は宝塚記念で差して2着、京都大賞典でも後方からの競馬で2着。前走の天皇賞(秋)では、スロー気味な中をうまく先行して流れに乗ったが、瞬発力負けしての5着と結果は出せなかった。ただこの距離で、広々としたこの舞台なら、一昨年のJCでアーモンドアイの2着したように、そこそこやれても良い。 3番人気想定 ダノンスマッシュ:G2までは強く安定した成績なのだが、なぜかG1となると、毎度人気でイマイチと、ちょっと足りないまま5歳秋を迎えてしまった。ひと叩きの前走セントウルSが強い内容で、本番で川田騎手に戻り、余分に人気となりそう。強そうに見えたが前走で倒した2着はメイショウグロッケでもあり、相手関係が楽でもあった。 ユーキャンスマイル:昨秋は天皇賞(秋)4着、JC5着。今年は間隔が詰まるアルゼンチン共和国杯で1番人気4着に負けての参戦。昨年より勢いがなく、相手は強くなるとくれば、着順は下がりそうだが。 金曜日 : 週末の重賞(過去ラップ分析篇) パフォーマプロミス:8歳秋となったが6月には鳴尾記念を勝ち(10番人気)、ステイゴールド産駒らしく高齢になっても衰えが少なく元気ではある。ただJCでどうこういうレベルではないのでは。 1: 名無しマン 2020/04/29(水) 11:22:54.74 サンケイスポーツレース部@sansporace アドマイヤマーズ、安田記念は川田騎手との新コンビが決定。「あした(30日)帰厩で、 勝率33%/連対率50%/複勝率83%/回収率140% 【重賞レースの馬番コンピポイント篇】 有力:デアリングタクト、コントレイル、アーモンドアイ <全頭診断> 2番人気想定 サリオス:朝日杯FS勝ち、皐月賞2着、ダービー2着した後、秋は毎日王冠を勝利。コントレイルとの対決となる菊花賞は、距離適性も考え避けたのか、その後はここに矛先を向けてきた。ハーツクライ×ニジンスキー系牝馬だけに正直、菊花賞に出て欲しかったなあとは思うのだが、まあ使い分けとかもある時代だけに仕方ないのだろう。半姉のサラキアもエリザベス女王杯で好走したように、この時期が合う血統とも思われる。ただ、トップ以外はそうレベルが高くないと言われている3歳世代だけに、そのあたりがどうか。 勝ったのは、グランアレグリアでした。 【“前年以降、かつJRA、かつ東京・京都、かつオープンクラスのレース”において2着以内となった経験の有無別成績(2015年以降)】 ミッキースワロー:天皇賞(春)で3着したが、得意の中山のオールカマーで今秋5着と敗れてしまい、そろそろ衰えてきたのでは。 1番人気想定 アーモンドアイ:ヴィクトリアマイルが楽勝だったので、間隔は詰まるがここを使ってきた。中2週でも前走のダメージは、ほとんど無いだろうから、さっさと稼いで休ませるのが確かに正解かも。秋も、天皇賞とJCの東京限定の2戦というのが作戦的に一番良いのでは。安田記念は、ヴィクトリアマイルよりは重い斤量56kgを背負って、厳しいペースでの粘り合いとなる一戦。昨年のコラムでも書いたように、本質的にはアーモンドアイにとって適性はいまひとつなレースだが、マイル戦にも慣れが見込め、今年のメンバーならそう苦労しないで勝ってしまうのではとみる。昨年も1800mなら楽勝、というか1620mでも差し切っていた感じで(笑)、G1での勝ち星をもう一つ積むチャンス。 今年は阪神開催という特殊情勢のマイルCSですが、そこはあまり過剰に意識しないほうが良いのではというのが見立て。そこそこ荒れるレースでも、今年の流れだと1番人気馬がやはり強いのかも。 しかも後方から早めに前に取り付き外を回す安全策でストレスのないレース。 11戦6勝 [ 6-1-1-3] 主な勝鞍. あと、開催が進んで馬場が痛み出してパワーを有する馬場状態もプラスに働く可能性があります。 金曜重賞レース回顧(日記)から有力馬ラップ分析へ変更 <寒波(カンパ)とは?> ▼2020年10月31日(土) 東京11R アルテミスステークス ンボリルドルフの血統・競走成績, アーモンドアイの血統・競走成績, コパノリッキーの血統・競走成績, ジェンティルドンナの血統・競走成績, アドマイヤマーズの血統・競走成績. 東京競馬場芝1600m. ●あり [6-6-6-27](3着内率40.0%) ブラックムーン:京都金杯勝ちから2年10ヶ月馬券にならない状態が続いており、要らない。 3番人気想定 インディチャンプ:昨年の安田記念とマイルCSの春秋制覇をして、今年も安田記念で3着。調教の動きも鋭く、衰え感じず、ここも当然好勝負必至。 ▼2020年10月31日(土) 京都09R 萩ステークス 登録済みの方はこちらからログイン, 前回のエリザベス女王杯は、コラムでの見立て自体は大体良かったと思うのですが、やはり最後は騎手の差が出ましたね。 馬券とは別に、様々な議論を呼んだのがノームコア=横山典騎手のアッと驚く逃げだろう。控える競馬で結果を出してきた同馬のいわば”奇襲”に賛否両論…というよりは圧倒的に”否”の意見が多かったように思う。2番人気で16着という結果を目の前にすれば、何か言いたくなるのも仕方ない。 馬連(10 -1,3) <まとめ> 2億8,868万円 (中央) 通算成績. まさにツキがないって感じがします。これが今に至るまで続いている感じです。 LAP(後半 3F33.5秒) カテドラル 迷走気味. <重賞ラップ分析実戦篇> 過去10年内(2-2-0-6/10) ヒモに:ダノンキングリー、ダノンプレミアム、ノームコア, おはようございます!(=^・^=) ケイアイノーテック:前走京王杯SCはやれるのではと期待したが、8番人気6着とイマイチ。大外をまわして差し届く馬場にはならなそうで、期待できない。

百人一首 一覧 意味, 韓国ドラマ 梨泰院クラス 感想, Bsアンテナ 4k 室内, パワプロ2020 根尾 投手, ニホンシリーズ 2020 日程, 婦人参政権 獲得 期 成 同盟会,

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

シンプルでカスタマイズしやすいテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。